コラム

 公開日: 2015-02-26 

全部仏教の寛容さとコムニタス

京都コムニタスでは、後期受験の結果もほぼ出そろい、
授業も次年度に向けて、動き出しています。
この時期は、昨年から次年度の受験を目指す塾生、後期の合格者、新しく入塾してき塾生、
体験で入ってこられる人、と多様な立場の方々が塾に来ています。
例年、後期で合格した方は、4月に大学院に入学するまで、当塾でそのまま勉強を続けたい
と言われる方が多く、今年も数名がそのまま継続して塾に来ておられます。
これはこれでコムニタスの状態と言えます。

私はこの塾をコムニタスと名付けたのですが、この名前の意味や由来は
以前に何度か書きました。こちらを参照
ヒントになっているのは仏教です。仏教は故国インドを出て、
言語も文字も変わり、そのうち、翻訳された文献だけで伝わっていき、
果ては日本に届くのですが、原型などもはや誰もしりません。
それにもかかわらず(それ故にかもしれません)、仏教に関わる人は、
自分とは違う仏教を、「異なった仏教」と理解し、「仏教ではない」
とは理解しないのです。私はこれを仏教の最大の特徴と捉えています。
この狭い日本でも、たくさんの宗派があり、その中にも細かい派には
分かれていますが、お互いが
「お前は仏教じゃない、私が仏教だ」
とケンカすることはまずありません。仏教に対する考え方の差異は生じても
仏教であるかないかを問うことはほとんどなかったのです。
この隙間をぬったのがオウム真理教と言えますが、学者でも多くの人が
オウムと仏教と言わざるを得ないくらいに、仏教には「仏教でない条件」が
設定されていないのです。それもこれも含めて、要するに、全部仏教です。
これは、日本人が、ミャンマーやタイの仏教僧をみてもそれはそれで仏教と認識する
ことともつながります。「こんなところにも仏教があるんだ」と驚くことはあっても、
「あんなのは仏教じゃない」とは滅多に言いません。
仏教について、日常目にする程度しか知識がなかったとしても、
反応は皆だいたい同じなのです。これは非常に魅力的な現象です。
人間が作った(仏教は神が作っていません)人工物で、このような自然な反応を生み出す
ことができるのは、すごいことだと思っています。

仏教が生まれたころ、当時のインドのカーストは、社会に閉塞感をもたらしていました。
故に新しい哲学を求める機運が、とりわけ商人が多いヴァイシャと呼ばれる階級で
高まっていました。そこで生まれた哲学の一つが仏教ということになります。
仏教は、基本的には「反バラモン宗教(本当はバラモンという言い方は不正確ですが)」
という立ち位置ですので、ブッダは、当時の社会常識にとらわれない、まだ固着化していない
組織を作ろうとしたわけです。だから、自分たちで作った法律に自分たちが縛られてしまうと
いった自己矛盾にならないようにしていました。

雑な言葉で言えば、「緩い」のです。一般に戒律と言えば、厳しい印象はありますが、
厳密に戒律違反せずに生きていけるかと言われると、そうはいきませんので、
半月に一回反省会を開いて「ごめんなさい」と言えば(対象と言い方は様々ですが)、
許されるという、戒律でさえ、ゆる~い状態を維持していました。
もちろん『聖☆おにいさん』のように、ただ単にゆるいだけなら、人々の尊敬は集められず、
すぐに消えてしまったでしょうから、必ずしも緩いだけでもなかったのです。
ブッダは、
「やるべきことをするなら、厳しくしたい人はすれば良いし、したくない人はしなくて良い」
とも言っており、厳しくすることを目的化することを良しとしなかった形跡もあります。
スパルタ的に修行することで、目的を達するとは考えなかったのです。
あるいはそのようなやり方で到達した境地は本物ではないと考えたのかもしれません。
(これは想像です)

この厳しくもあり、緩くもある状態をコムニタスと私は考えており、この状態を保つことで、
人々が寛容になることが可能だと考えています。私は、常に「大人の条件」を
「世界で一番嫌いな人に助けてもらえるように生活できること」
と言っています(残念なことに、未熟者の私には、どうしてもできない輩がいますが)。
またそのために
「世界で一番嫌いな人を追い出さない」
「だからと言って自分が出て行かない」
「距離をとるなどと言わない」
という条件設定をしています。その意味で大人の寛容さを作ることを意識しています。
それがこのような合格体験記にもつながるのだと思います。
この寛容さを身につけることで、臨床心理士や看護師、医師など、他人とかかわる
仕事をする人の適性も磨いていけると考えています。




******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ