コラム

 公開日: 2015-03-03 

布施について

以前に無財の七施 というコラムを書きました。
こんなご時世だからこそ、こういった考え方は大切だと思います。
こんなご時世とは、超がつく格差社会です。
個人も、企業も、果ては大学も、皆「生き残り」を賭けて生きています。
でも「必死」です。
大学がどんどん肥大化していくのも「生き残り」のためです。
問題は生き残りの戦略です。生き残るために何をするかということが
重要なのですが、自分以外の他者を生き残れないようにする戦略が
主流をしめているように思えてなりません。
家電量販店が、一時どんどん店舗を増やして、競合し合った結果
勝者ゼロのようになってしまったように、他者を倒して、自分が生き残る
という戦略は、実は間違っていると考えられます。

現在、貯金に課税をするという案もありますが(確か戦後すぐにもあったような)、
こんなことをしても、いかに金を取られないようにするかのアイディアばかりが
出てきてしまい、結局いたちごっこで、そのうちうやむやになってしまいます。
仏教には布施(仏教だけではありませんが)という概念があります。
これは「分け与えること」であり、富裕者が、困窮者に分け与えることは
もとより、必ずしも富裕者でなくとも、金品に限らず、求められると
分け与えるという考え方がありました。
紀元前後ごろに発生した大乗仏教では、六波羅蜜の一つとして
菩薩という人(?)が行う実践徳目となりました。
波羅蜜とはコンプリートの意味ですので、「やりきる」くらいでしょうか。
布施波羅蜜と言えば、布施をやりきることと捉えて良いと思います。

大乗仏教発生の紀元前後ごろ、かの有名なガンダーラという地域で
大乗仏教は発展しました。ガンダーラは今も昔も民族混淆地域です。
混じり合うと同時に、いがみ合いもおこり、紛争がおこります。
併せて商業も貨幣経済も、新型の文化も生まれ、哲学、学術、教育も
生まれ、冨も、富裕者も生まれます。そうすると利権が生まれ、
併せてその奪い合いも生まれます。そして分裂と戦争も起きます。
しかし、それと同時に、反作用として、安寧への願いも生まれ、
それを祈る術を持った人も生まれます。

これらは当然無意味なことではなく、こういった願いや祈りがあるからこそ
人々は道を踏み外しきらずに今を生きているのだと思います。
こんな地域で仏像や菩薩像がたくさん生まれました。
その容貌は、極めて穏やかに描かれました。当時の人々の願いが
込められているのだと思います。こういった仏像を作るには費用がかかります。
技術的専門職人もいります。文献を読み解く知識をもった人もいります。
教育が必要です。おそらくギリシャの影響を受けていますので、
ギリシャ文化に詳しい人もいたはずです。
他にも無数に条件があって、奇跡とも言える現象が生まれたわけですが、
仏像などを作っても、今のように金銭的価値などあろうはずもありません。
そこには布施をして、財を分け与える考えが根付いており、こういった
専門技能をもった人を生み出すために力を尽くした人がいたはずなのです。
おそらくその人々は財をもった社会的成功者のはずです。
このコラムでも述べましたが、
ヴァイシャと呼ばれる商業を主に行っていた階級の人の名前がよく出てきます。
こういった人が、損も得もなく、利益などかえりみず、ただ純粋に願いを込めて、
それを布施として形にしたはずなのです。そして結果的に職人が育ち、それが
後世に引き継がれ、今があるのです。

こういった人がたくさん出て来ることが社会として理想だと思うのです。
競争は避けて通れません。しかし、競争して勝った人の、その後に注目するということも
あまりありません。自分だけが勝ち組になる、あるいは負け組になりたくない
その一心だけではなく、いずれにせよ、その後どうするのかが重要です。
負け組だと自分で思ったとしても布施はできます。
「できない」「できっこない」「やりたくない」「なんで自分がそんなことしないといけない」
「そんな余裕ない」「興味ない」
こんな言葉ばかり聞くよりも、黙って、求める人に条件をつけずに
何かを差し出してみることができたら、良い循環が生まれそうな気がします。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

頭が良いとはどういうことですか?

今年、最も返答に困った質問です。明確な回答は存在しません。尺度がたくさんあるからです。でもだからと言って、...

[ 思考方法 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ