コラム

 公開日: 2015-08-31 

学校はこの大切なことを教えてくれない

個人的な雑感です。

学校はこの大切なことを教えてくれないという記事を見ました。
私はこの記事に共感します。
「この大切なこと」というのは「売ること」です。
私は必修の授業の中で、毎年、自己アピールの重要性を説きます。
かなり早い段階から自己アピールを作っておくように言っています。
自己アピールの内容は、また別の機会に述べたいと思いますが、
その基本理念は、自分を売りに出すことです。大学院や編入の場合は、
自分を売りに出して、買ってもらったところに学費を払うというところが切ないですが、
そこは将来への投資と割り切ってもらって、自分を売りに出すための戦略を練ることは
非常に重要なことです。

この国では大学までの教育で、そういったことを教えてくれる機関はありません。
入試や入社試験で、ある日突然人生初のパフォーマンスを要求されるということが
少なくありません。

少し記事を引用させていただきます。

    たとえば、「日本には起業が少ない、起業に関する授業を高校のカリキュラムに入れるべきだ!」
    と言ったら、おそらく、日本では理解されないだろう。日本をカネの亡者ばかりにするつもりか!
    という反論が今にも聞こえてきそうだ。

これはむしろ研究業界にこそ適用されると思います。
もちろん、何でもお金に換算することはできませんし、それをすることをよしとするわけではありませんが、
そういったことをする人も必要なのではないかと思います。
よく、「○○の分野は金にならない」と言われます。私の仏教学などその典型の一つかもしれません。
しかし、本当にその分野に惚れ込んで、自信を持って、後継を作ろうとするならば、
「金にならないことはない」くらいは考えついてもいいのではないかと思います。
そうでなくとも文系は危機です。生き残っていくには組織の再編ではなく、
いかに自分たちの惚れ込んだ分野を社会に売り出すか、ではないかと思うのです。


     かつてのように、「つくる人」と「売る人」は分離されていない。
     現代ではすべての仕事において、あるいは生きていくことにおいて、「売ること」は必須
     のスキルである。また、「売る」ということは、誰かの役に立って、その対価をいただくための
     スキルであって、卑賤なものではない。
     だから、若いうちに、生き抜いていくために、「売る」ことを教えるのだ。

私も、「つくる人」と「売る人」は分離した方が良いと考えています。
例えば、この国に限ったことではないと思いますが、研究業績をあげた人を、なんとか部長など、
重職にしてしまう傾向があります。すぐれた研究者は、もっと研究をすべきであって、
業績をあげた人に対するご褒美は、自由であって、より大きな拘束ではないはずなのです。

ものを売るスキルは、向き不向きがあるので、全員が習得すべきとは考えていませんが、
せめて大学でそれを教えてくれると、ヘタな組織再編よりもはるかに大きな生産性が
生まれると信じています。いつも言っていることですが、大学の先生は、自分の分野を
ネガティブに伝えることだけはやめてほしいものです。
自分の人生をかけるほど惚れ込んだ分野を、熱っぽく、学生に伝えて、その上で、この
分野はこうすれば売れるというアイディアを学生に伝えてもらえると、よりよい方向性が
見えるのではないかと思います。



******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ