コラム

 公開日: 2015-09-29 

大学院に行って何の得があるのですか?

表題は、最近、この記事を読まれた方からいただいたご質問です。そうは言っても、毎年のように、数え切れないくらい受けた質問でもあります。私はこのような疑問が生じるのは、大学側に問題があると思っています。何度も言っていることなのですが、大学側は学位を出す以上、もっと積極的に学位の意味と使い方とそのメリットと将来像を描いていくべきです。L型だのG型だのと言う前に、まず今ある学位発行システムをアピールしていく必要があると思います。そして、たいていの大学の先生は大学院に行って、卒業しているわけですから、その良さやメリットは知っているはずです。有名な先生の大学院時代の生活を(できるだけポジティブに)語ってもらえれば、需要は多いと思います。大学側にしてみても、箱物の宣伝だけではなく、中身の宣伝になりますから、メリットは多いはずです。2018年問題とも言われる少子化時代、大学は大学院に生き残りをかけていく必要があるはずです。教員の自分の人生をかけて行った、その熱意と、そこで獲得したものを熱く語っていただきたいと願っています。大学教授が皆で語れば、これほど説得力のあるものはないのではないかと思うのです。安全保障関連法案に反対する教授の会も良いと思いますが、自分のお膝元の大学の大学院をり守り、発展させる会をやっていただけると良いと思っています。

最近、法科大学院や教職大学院が厳しい状況になりつつあるようです。私個人の意見としては教員免許をとるのに、教職大学院修了を要件とすべきだと考えています。今の時代、大学を出て教師になって人の人生の一幕に入るのはあまりにプレッシャーが多いのではないでしょうか?法曹も大学院を出ることに何も違和感はありません。最近、司法試験の問題が漏洩したという事件がありましたが、それは法科大学院のせいではないと思います。

大学院に行くメリットは、まず、研究能力を身につけられることです。そして、合理的思考のもと情報収集能力を身につけられます。私個人の経験で言えば、今、生活をしている能力はすべて大学院時代に身につけました。私の専門は仏教学
ですが、研究についての基礎能力は、もちろん学部で得たとは思いますが、勉強をした質も量も大学と大学院では比較になりません。また、勉強以外の経営に関する能力や、営業、教育産業事情コンサルテーション能力なども同時に身につけていきました。勉強していなかったんじゃないか?という批判があったとすれば、もっと勉強できたかもしれません。しかし、私は幅広く能力を身につけることが、結局は専門の仏教学に役立つであろうし、ヘタな資格よりも人間としての幅がある方が将来役にたつという考えもありました。
今、塾で仏教学の授業をしています。この生徒さんは臨床心理士指定大学院の学生で、仏教徒REBTと心理学の接点について学びたいと考えているのですが、私の土台は仏教学でその上にREBTが乗っているという話を先日もしたばかりです。すなわち、仏教を学んだことが全ての基礎(オペレーションシステム)になり、そこにREBTなどのアプリケーションが乗って機能するというイメージです。このオペレーションシステムは、何でも良いと思います。個人の好みです。しかし、なかなか乗せ換えることは難しいですので、慎重に選ぶ必要がありますが、たいていの場合、大学院で得られるものだと考えています。少なくとも大学院の合計5年間は私にとってはかけがえのない時間で、あれほど多くのことを学べた時間はその後の人生にはありません。その意味で大学院に行って本当によかったと思っています。

大学院に進むことに関する素朴な疑問として、「資格」と「就職」があります。資格は、MBAや臨床心理士などが大学院卒で取れる資格です。MBAは経営に関わりたい人はこれからますます必要になる資格になると思います。また、臨床心理士は心理学系の資格として最もバリューの高いものです。先日、公認心理師という国家資格が国会を通りましたが、これから重要な資格として大きく変動していきます。このような資格を目指して大学院に進むことを考える人は多くおられます。もう一つ大学院に進む目的として、就職がありますが、多くの人は就職がないと考えています。確かに大学院に行ったという事実だけで、就職が有利になるということはないと思います。しかし、自分なりに専門能力を身につけ、それを駆使できるようになっているならば、むしろ良い就職に出会っている人を多く知っています。だから、私は、大学院に進み、学歴とスキルを高めてから社会に出る方が、その人のためにも、社会のためにも良いと考えています。

大学院に行く得はたくさんあるのです。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ