コラム

 公開日: 2015-11-24 

日本の学生は本を読まない?

表題のような記事がありました。
こちら
記事はピケディ氏の推奨する本を紹介することを主としているようなのですが、題目がそのようになっており、目に留まりました。その一節
「全国大学生活協同組合連合会が2014年に行った調査では、4割以上の大学生が一日の読書時間がゼロだった」とのこと。どんな調査をしたのかが正直わかりません。仮にこれが事実だとすると、今の大学生は、4割以上が、自分が読書をしないことを堂々と主張していることになるのですが、いかがなものでしょう。もしそうなら、本を読まないこと自体よりも、それが当たり前であるかのように言えてしまうその風潮の方が気になります。本を読まない大学生自体は、私が学生の時もいくらでもいました。卒論の時に4年間の大学生活で初めて本を読んだと言い切った同期も数名いました。しかし、印象としては、それは少数派であったと思います。ただ、大学の先生は、ほぼ全員、推奨する書籍を紹介しますし、参考文献も挙げています。私も、大学の授業で毎回プリントを配布しますが、ここに必ず写真つきで参考文献を紹介しますし、そこには入れられないけれど、良書であれば、現物を講義中に見せます。必ず年間30冊以上の本を紹介するようにしています。これはいつの時代も変わっていないはずです。そうすると、時代が変わったのか、大学生の質が変わったのか、読書の在り方が変わったのか、何かが変わったはずですが、判然としないという印象です。しかし、どこの国であろうと、大学生の半分近くが本を読まないということを公言できてしまうのは、決して喜ばしい話ではないはずです。

しかし、京都コムニタスの塾生を見た場合、本を読まないと言い切る学生は滅多なことではいません。歴史上、ゼロではなかったというレベルです。だから、誰がそう言ったかは、私も覚えているくらいです。それでもその人は、塾にいる間にかなりの論文を読んで、今は臨床心理士として活躍しています。だから、読む人は読むし、読まない人は全く読まないという、ここも格差社会になっているのではないかと推察します。実際、大学の授業でもアンケートを取ると、私が参考文献を毎回紹介することに関して、わざわざ肯定的に書いてくれる人も少なからずいますし、紹介されたものは全部読んだから、もっと紹介してほしいと、個別に聞きにくる学生もいるのです。一方で、一冊も関心を持たれない場合の方が確率としては高く、こう考えると、L型やG型大学を必ずしも否定できなくなるのかなぁと、少し残念な気持ちにもなるのですが、変わらず、私はこれには賛同しません。
京都コムニタスの塾生で見た場合、そもそも本を読む人が多いですので、常にだれかに何かの本を貸しています。私自身は、子どものときから本を読むのは好きでしたので、かなりの数を読んでは来ました。また、大学院生時代、研究室の中枢の仕事をして(させられて)おり、図書館に入れる本の発注をしていました。過去100年近く積み重ねのある図書館にない本を探すのはなかなか難しく、新刊だけではもったいないので、海外の本を問い合わせたりしつつ、本自体の勉強をしました。当時は職人と言える司書もおられ、忙しい中、何時間も仏教書について熱く語り合ったこともあります。
その意味で、院生になると、片っ端から本を読んだ学部時代と違って、質を考えたり、その本の歴史や著者について考えたり、貴重書に触れたりと、本に関する知識はいまだに私の財産になっています。電子書籍の時代ではありますが、電子であろうが、紙であろうが、本に関連する知識は同じことです。これを増やすには、大学院に行くのが最も合理的な方法だと、私自身の経験則ですが、そう思っています。それだけでも大学院に行く価値は十分にあります。



*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

看護の小論文で問われやすい問題
イメージ

京都コムニタスは社会人の看護学校受験を手がけていますが、よく小論文が出題されます。看護系小論文の出題パター...

[ 社会人の看護学校受験 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ