コラム

 公開日: 2015-12-06 

京都コムニタスの約束事⑤全てのルールは生徒の利益のためにあります

当塾の経営方針として、スタッフと常に申し合わせていることは「すべては生徒の利益のために」です。これを実践していく中で、まずは環境設定を重視します。要するに生徒にとって利益性の高い環境です。その際の基本方針は、「できないを言わない」「スタッフ側の都合は二の次」です。もちろん、無茶な要求を何でものむわけではありません。これは私たちの行動方針です。一度入塾してもらった生徒には、不利益を与えないことを徹底し、私たちスタッフがとる行動は全て生徒の利益に向いているということです。

だいたい組織が腐敗したり、寿命がきたりすると、やりもしないうちからすぐに「できない」を言うようになります。「できない。だから」と理由づけして新しいルールを作ると、その組織は崩れ始めます。今の国という名前の役所がその典型です。この「できない」を言わないようにするには、変なルール、つまり自分たちを守るためだけのルールをつくらないことです。自分たちを守るルールをつくってしまうと、結局は自分で自分の首をしめてしまいます。 ルールは、一度作ると簡単には消せません。よって、できるだけ少なくすることが理想ですが、組織が大きくなりすぎると、どうしてもルールが増えがちです。よって、組織を大きくしないことも重要です。私が言う少人数は、授業の参加人数のことだけではなく、塾組織全体の人数の少なさも含みます。塾に属する人全員をもれなく丁寧に見ることのできる環境は、以上のような考えに基づいて設定しています。

このルール設定の基本方針を憲法のように見立てて、すべてのルールはこれに抵触しないようにできてきます。当然ながら授業の質にも反映します。塾として、授業の品質は良くて当たり前です。だから、受講相談に来られた方には体験受講をおすすめします。体験受講は、三科目一回ずつ受けていただけます。もちろん無料です。その上で、受験までに与えられた期間で自分がどのような訓練をすれば良いかについて考えるきっかけにしていただけたらと考えています。また、三回受けてもらう間に京都コムニタスの環境もしっかり見ていただくことができます。私が担当するのは英語と必修ですが、特に必修は一回ずつの授業の品質を重視します。時期に応じて、昨年や一昨年のノートを見つつ、内容はある程度決めていますが、同じ内容の授業は二度としないのが基本です。私たちが手掛ける受験は、ルールを変更する学校が毎年のように出ます。また、社会の有り様によって、大学や大学院にも様々な影響が出ます。よって、常に最新の動向を生徒に届けるという役割もこの必修の授業にはあります。その他、REBT を運用しながら、不安処理の方法、討論の練習なども行います。不安を持たせないだけではなく、解消方向に導くことを重視しているということです。これは他の予備校ではできない授業だと自負しつつ、少しずつ進化させながら今に至っています。

必修の授業は、生活の中で根付きます。その意味で京都コムニタス内の環境を設定も重要です。当塾では、授業がなくても生徒は毎日のように来るのが通常です。大学院も同様です。授業を受けに大学院に行くというよりも、自分のやるべき仕事をこなすために大学院に行くのが普通です。その意味で当塾では、できるだけ生徒に長時間塾内にいてもらえるように施設環境を整えています。まずは、インターネットを生徒が自由に使えます。しかし、大学院に行くならば当然、論文は自由に手に入れられる能力は必要です。今の時代、論文はかなりの量をインターネットで探せます。そのためインターネットの解放は、過去問保有数よりもはるかに生徒の利益になります。もちろんリスクはあるのですが、そこはセキュリティをしっかりしておくことでカバーできています。次に教室兼自習室もいくつかのタイプを用意しています。私はすべての部屋の形を違うものにすることが教室設置のこだわりとしてあります。昔は畳の部屋があったのですが、今は残念ながらありません。当塾は、来塾するとまずはマイスリッパに履き替えていただきます。マイカップも持ってきてもらい、紅茶、コーヒーも常に自由に飲んでいただける環境になっています。

「全ては生徒の利益のために」
これが当塾のスタッフ間の合い言葉です。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

インフルエンザ

12月に入りました(入っちゃいました)。当塾の講師がインフルエンザに罹り、出勤ができなくなっています。インフ...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ