コラム

 公開日: 2016-01-08 

大学院を目指す人のための心構えと勉強方法

今回は、「大学院を目指す人」を対象としますので、かなり枠が大きい話です。やや漠然としているかもしれません。しかし、いつも言われることですが、「何のために大学院に行くのかがわからない」。こう思っている人はまだまだたくさんおられると思います。今回は大学院に行くことそのもののメリットというよりは、大学院に行くことをすでに意識しておられる方に向けたものです。
タイトルには勉強方法と書いたものの、実は我々が考える勉強方法と、予備校を探している方々が考える勉強方法が少し異なるケースが多いと思います。しかし、大学院は大学の延長ではありません。全く別組織です。まずこの点を踏まえておきましょう。だから大学院に入るとわかることではあるのですが、全く学部とは違った光景が目に入ります。そのため、大学受験の予備校が宣伝する勉強方法における「効率」と、大学院受験における「効率」とはかなり異なると思います。また、勉強方法も違えば、身につけておくべきスキルも大きく異なります。やっかいなのは「労を少なく」して、「ピンポイント」で入試にだけ合格すればいいということを「効率がよい」と考えている場合です。多くの人は、それはどこか間違っているということはわかっているはずなのですが、どこがどう間違っているかはなかなか指摘されません。端的に言えば、まずこの考えを持っているならば早々に捨てましょう。これは大学院に限らないことかもしれませんが、あらゆる局面で失敗を呼び込む薬です。大学1年生に入る入試であれば、大学入学後に取り返すことも、自分で新たな道を開拓していくことも、全く違う道に進むことも、様々なことが可能性として目の前に広がることは事実ですから、その意味での効率もあり得るかもしれません。しかし、大学院入試や編入は、在学期間が基本的に2年しかない上、専門が確立されていることが前提です。ですから、効率があるとすれば、入学後の2年間の生活で、いかによい成果があげられるのかということが念頭になければなりません。入るためだけに、最低限度の勉強しかしていないと入ってからが悲劇なのです。何をしたらいいのか全くわからないまま、1年が過ぎ、気がついたら修論に追われて、はい修了・・・といった人たちを私自身が院生の時から数多く見てきました。やはり、そういう人はその先の進路もうまくいったとは思えません。その意味で、勉強方法は入学後2年間を意識したものでなくてはならないということです。それから成果をいつも意識した勉強でなければなりません。勉強を始める時期は、早い方がいいのは間違いありませんが、いつからでも構いません。ただ、意識づけは最低でも1年前くらいには作っておきたいところです。私たちは塾や予備校を名乗る以上、そうでない意識の人であっても合格に導くことが仕事ではありますが、本来は、常に入ってからどうするのかということについてのイメージ作りがスタートラインです。その意味で、まず大学の教員が当たり前と思っている能力を身につけなければなりません。具体的には一つ優先順位の高いものを例としてあげれば、それは論文収集能力です。情報収集能力と言ってもよいでしょう。できるならば海外の文献も集めることができて、しかもそれを消化することができることも必要です。そのあたりの能力に関してはどこまでできても終わりなどないので、できればできるほどよいのです。逆にできなければできないほどまずいのです。もちろん、こんな能力を身につけるために、「効率」などありません。最低限の労力で情報を入手しようとする人間を大学教員は決して認めません。大学教員は間違いなく専門分野の情報屋であって、時には素人目線では「何でこんなもの持ってるんだ?」と思えるものを持っていたり、収集していたりすることはよくあることだと思います。また一方で、身の安全が保証されない国に命がけで入り、情報収集をする人もいます。そのような先生方からの目からみて、「このような情報ならおもしろい」と思ってもらえることが重要なのです。要するに、自分しか持っていない情報を手に入れる努力をしましょう。何かを得ようとするのに労を惜しんでしまう思考こそ、まず払拭すべきものなのです。我々のような業者も、その点を徹底して考えた上で指導をしていく必要があると思います。



*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

インフルエンザ

12月に入りました(入っちゃいました)。当塾の講師がインフルエンザに罹り、出勤ができなくなっています。インフ...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ