コラム

 公開日: 2016-01-14 

何を見つけたのかではなく、何を見出すか

思わずゾクゾクする考古学フォトギャラリーという記事にあった言葉を表題にさせていただきました。これは私が師匠からいつも言われていたことでもあります。私が「こんな記述ありました~」と屈託なく持って行くと、「だからそれが物語ることは何なのかを言え」といつも言われていました。でも、それがなかなかできず、かなり苦労した覚えがあります。
「資料に物語らせる」このコラムでも何度も言ってきたことではありますが、学問をしていく中での基本中の基本だと私は考えています。嘘をついて他人を誹謗中傷する博士を名乗る人と、研究者の違いはここにあると言っても過言ではありません。前者は、「資料を自分の都合の良いようにしか読ま(め)ない」「自分の足で資料を探さない」「都合の良い資料をパッチワークをして、自分の都合の良い論を組み立てることを研究だと勘違いしている」こういった特徴があります。これが研究者として最もダメなパターンです。もちろん、当塾で学ぶ方には、こうはならないように指導しているつもりです。
今回お伝えしたいことは、ダメな研究者のことではなく、最初の「ゾクゾクする」の部分です。研究の世界に入り込むと、「やめられない」と思う瞬間があります。私もそれを体感してしまいました。「全身に鳥肌がたつ」「心臓がドキドキする」こんな経験をしてしまいました。仏教の資料を見ていて、そんな感動をするなどとは、この分野に入るまで考えたことがなかったのです。よく考えたら、そういった感動がありそうだから、●●の分野に進むというのが適切なのかもしれませんが、別に順序はどうでもいいのだと思います。まずは出会いと感動と、その後に来る「衝撃」「ドキドキ感」がまず大切なのだと思います。これは人生を変えるというのか、左右するというのか、方向付けるというのか、人によって言い方は異なると思いますが、人生に影響することは確かだと思います。
ただし、単に感動してドキドキするだけなら、それはそれで素晴らしいことではありますが、やろうと思えば誰でもできます。素人とプロの違いはその先にあります。プロは、何かを見つけて感動するだけではなく、その見つけたものが何を語っているのかを見いだすことが仕事です。この技術が価値を生み、さらなる生産を生む土台になり、その上にさらなる発見と情報が乗って、巨大な堆積になっていくのが学問です。引用記事にある中でも「アイスマン」に私はかなり惹かれています。別にミイラ好きなのではありませんが(楼蘭のミイラにも興味があるので、もしかすると・・ですが)、このアイスマンが物語ることに多いに興味があります。研究者は、言い方は悪いですが、5000年以上前の遺体によってたかって切り刻んで、やりたい放題しているわけで、冷静に見たら倫理的に問題がありそうなのですが、研究者の性と言いますか、貴重な資料と思えるものが出てくると、調べずにおれないのです。その気持ちはあまりにもよくわかります。時にそれが倫理的なものを超えてしまうことに注意は必要だとは思うのですが、人類がまだ知らない新たな情報がある可能性をもつものに出会うと、それを解明する方向に自然と動くのが研究者なのです。
アイスマンについては、ヨーロッパ人のルーツ解明の一つの根拠になる可能性まで期待されていますが、当時の食事、衣服、病気、遺伝子配列、言語などなど、様々な観点から調査がされています。まさに丸裸状態にされるわけですが、その気になれば、一人のミイラから、実にたくさんの情報が得られるのです。大学院を目指す方は、是非このドキドキを起点としたその先の世界を見ようとする意識を高めておいていただきたいと思っています。



*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

合格体験記

受験を志したきっかけ  私は、ここ数年間がん専門病院におい...

U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ