コラム

 公開日: 2016-01-22 

大学院受験や編入受験をする場合、大学受験の経験を一度リセットしましょう

いつも言っていることではあるのですが、私たちが手がける受験と、大学受験は、そもそも競技が違います。しかし、大学受験の時に頑張った人ほど、その時の勉強方法が最も正しいと思いがちです。もちろん、全て間違っているとは言いません。また一方で、大学受験をしていない、あるいは指定校推薦だった、あるいは付属校から上がってきたなどの理由で、大学受験をあまり経験していないという認識になり、それがコンプレックスになっている人も少なからずいます。いずれにしても、人によって大学受験勉強の成果は異なりますので、一度リセットしてみることも大切です。大学受験の弊害と言えるものをいくつかあげてみると、
①「辞書の絶対視」
②「辞書を1つしか使わない」
③「受験参考書を欲しがる」
④「最小労働力を求める」
⑤「労働力がかかるものを無駄と決めつける」
⑥「自分の能力を査定できない」
⑦「過去問にこだわりすぎる」
⑧「少ない科目で受験したがる」

大学受験の勉強は重要です。ただ、人生において最上価値に位置づけねばならないかというとそうではありません。この仕事をしていると、よく大学に入ってからバーンアウトする(した)という話を聞きますが、これはまさに本末転倒の典型と言えます。大学に入ってからが大切であることは、誰でも理解できることです。大学にバーンアウトするために入る人は通常はいないはずですし、大学もそういった人を求めているわけではないでしょうし、当然、企業も同様に考えていると思います。最近、私の知り合いで、企業の人事を任されている人も「最近になってやっと、「大学時代勉強しなかった武勇伝」を語る人がいなくなった」と皮肉っぽく笑っていました。バブル期を経験したビジネスマンだの商社マンを自認する人にはかなりこういった人がいたと思います。大学に行かずに麻雀ばかりしてただの、なんたらバーに毎日行っていただのといった話は、私も数知れず聞いてきました。でも、今のご時世、それは自慢話にはならなくなっていますし、あまり楽しい話ではなくなっています。ちょうどその境目の世代が私たちの世代かなという印象です。この私たちの世代くらいまでが、「大学入学絶対主義」を信奉していたと思います。
「とにかく入ってしまえ」
「どこでもいいから入ってしまえばこっちのもの」
「入ったら、あとは簡単」
「入ったら、あとはたくさん遊んで、社会経験しなさい」
ひどかったら、学校の先生でも堂々とこんなことを言っていました。
私は、大学に入ったら目一杯勉強するように、大学受験までを扱っている時代も伝えてきました。その精神は今も変わっていません。大学は勉強するところで、大学院は研究するところという位置づけです。その意味で、大学受験の勉強がそのまま大学院受験に適用されるかというと競技が異なるので、そのままは適用され得ないということです。大学受験がスピードスケートで、大学院受験や編入受験がフィギュアスケートと考えるとピッタリといった印象です。こちらのコラムも参照ください。そのため、大学受験の延長線上で、大学院受験を考えてしまうと、フィギュアスケートの試合に出るのに、タイムばかりはかっているのと同じことになりますし、スピードスケートのユニフォームで、三回転の練習をしていたならば、コントのネタで使えそうでさえあります。同じスケートで、氷の上での競技という共通点はあるものの、競技の質は全く異なるということは明らかです。しかし、大学受験というのは、どうも人生の中でかなり大きなウエイトを占める人が多いようです。おそらく、不合格への恐怖感、多大な緊張感やプレッシャーがいまだに引きずられていて、大学に合格した時の解放感があまりにも快適であった場合、二度とあの緊張感を味わいたくないという人が多くなるのだと考えられます。その緊張感が不必要かというと、必ずしもそうだとは考えていません。ただ、不合格であっても、入ってから、勉強を続けていれば、いくらでもチャンスはあるよ、ということを高校時代にもっと教えておいて欲しいなという希望もあります。よく「●●大学なんて無理です。私は大学受験で××大学も落ちたのに・・・・」これが一番よくないのです。やろうと思えば、どこだって目指せます。チャンスは間違いなくあります。目指すにあたって、まず必要なのは、英単語力ではなく、志と熱意のホット系と、戦略と分析力、それを冷静に遂行する力のクール系二つです。「頭は冷ややか、心は熱く」が基本です。
確かに大学受験の勉強は人生において大切なものであることは間違いありません。ただ、弊害もたくさんあります。今、この日本では、多くの制度疲労がおきており、とりわけ教育は、何を変えればよいか、どうすればよいか誰も明確な回答ができない状態が続いています。だったらあまり変な「改革」をしない方がいいのですが、迷走に迷走を重ねています。
上記八項目の大学受験の弊害について、大学受験での常識が、大学院受験では非常識になることはたくさんあるという認識はあまり持たれていません。
例えば
①「辞書の絶対視」②「辞書を1つしか使わない」
これは、実は大半の人が当てはまります。辞書が絶対正しいという考え方です。じゃあ、なぜ複数の辞書があるのか、というところに思考が及ばなくなっています。これは高校の教育で「英語は辞書を引けば引くほど賢くなる」と教えられてきた人に顕著に出ます。もちろん、母国語以外の言語を学ぶにあたって、辞書は必須です。当塾でもたまに、英語の辞書を引いたことがないという強者もいますが、それはそれで困ります。辞書は必須ではありますが、絶対ではありません。間違うこともあれば、医者の診断のように、見たままを言葉にしただけの用語もたくさんあります。当たり障りのない説明に終始しているものもあれば、著者だけの説が記載されているものもあります。辞書はあくまで意見の一つであって、複数の辞書を引くことで、複数の意見を聞いて、その上で理解をしていくということが必要ということになります。これは大学院以上になると、常識の範囲ということになるのですが、大学でそういったことを習っている人もいれば、習ったことがないという人もいます。できるだけたくさんの辞書を引いて、たくさんの意見を聞く姿勢を早く身につけることを心がけましょう。

また、大学院受験や編入受験における大学受験の弊害として、「受験参考書を欲しがる」ということが挙げられます。大学院受験について、受験参考書は、「なくはない」という程度で、あまり、それをあてにしない方が適切です。自分で基本だと思える本を選定する目も面接では問われています。しかし、大学受験は参考書が山のようにあり、「これだけしていれば大丈夫神話」が備え付けられているものもあります。中には「カリスマ予備校講師」が書いたものだから安心といった、美味しんぼもびっくりの風評が乗っているものもあります。教材販売も商業ですから、当然「誇張」があり、根拠は薄弱なものが多く「●●氏推奨」とか「△△氏絶賛!」とかいった「だからどうした?」みたいなキャッチフレーズがついているものもあります。大学受験の参考書については、逐一否定しませんし、長い年月積み重ねられてきていますので、一定のクオリティもあると思います。しかし、大学受験や編入受験については、そういった教材はほぼないと言えると思います。それにも関わらず、参考書を求める心理は、大学受験勉強がつらく苦しいものであった人に多いと言えます。つらく苦しいと、「最小労働力を求める」傾向は強まってしまいます。そして、「労働力がかかるものを無駄と決めつける」方向に思考を歪めてしまいます。そして勉強する科目数を減らすことを「絞る」とさらに歪めて、それに適応する科目数を要求する学校を探します。そして「候補」を選んで、受験をするのです。これでは、行きたい学校に行けるはずもなく、受験をする前から、「行きたい学校」という選択肢を捨ててしまい、場合によっては「行きたくない学校」の中からしか選択できないというなんとも悲惨な受験になってしまうことも少なくありません。この意味で、私は常に必修の授業の中で、結構しつこく「行きたい学校を受験しましょう」「入って2年間良い生活をすることができるイメージのわく学校を選びましょう」「どうしてもその学校でなければならないと言える理由を作りましょう」「受験科目で選んだり、あきらめたりするのはやめましょう」こんなことを言っています。冷静に考えると当たり前のことのようにも思うのですが、生徒の方々には、とても響く人もいますし、「この人何を言ってるの?」という顔で見られることもあります。大学受験の拘束力恐るべしです。大学受験の経験は、大学に入ったら一度早めにリセットしましょう。そして一から新しい自分を構築してみましょう。



****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ