コラム

 公開日: 2016-01-24 

修行は必要ですか?必要だとするとどのくらい必要ですか?

最近受けた質問です。結論から言うと、私の考えでは、学問分野において、修行は一定年数必要です。私たちのいる研究の世界では、研究者として、一線にいると思われるのはだいたい50代になってからです。40代は若手、30代は小僧といった印象があります。もちろん、例外はいくらでもあります。それでも若くてセンスのある人間がすぐに台頭する世界ではありません。以前、ホリエモンという人はすし職人をさして「集中力とセンスがあれば数ヶ月でも一流になれると思う」と言ったそうですが、私はすし職人のことは知りませんので、何とも言えませんが、ホリエモンという人もすし職人ではなかったと思うので、なぜ数か月で一流になれると思ったのか、全く理解ができませんでした。質問者もこのホリエモンという人の発言に沿ったものでしたので、聞いてみると、「寿司アカデミー」というものがあるそうで、それに行くことが前提のようです。よほど素晴らしいアカデミーなのかもしれません。ホリエモン氏もそこで「修行」されたのかもしれません。

私の考えでは、どんなにセンスのある人でも、どんなに素晴らしいアカデミーでも、数か月に一流でなるのは、まずないのでは、と思います。少なくとも学問の世界とスポーツの世界ではまずあり得ません。テニスの錦織選手は、子どものころにアメリカに渡ったそうです。そこには親の決断(結果論で言えば英断)もあったでしょうし、子どもながら、錦織選手の強い意志もあったでしょうし、目標もあり、金銭、運も全部必要です。その上で、アメリカのプロ養成所に入り(入れてもらわないと話になりません)、そこで厳しいトレーニングを数年積み・・・一流の定義にもよるのでしょうが、集中力とセンスだけで一流にはなれません。先人の苦労をよく見て、その努力を上回り、場合によっては踏み台にしないといけない時もあります。最も仲の良かった友人と闘って、勝たねばならない時もあります。
箱根駅伝の選手が、すぐにオリンピック選手になれるかというとまず無理です。初代山の神が、30歳を超えて、やっと世界選手権の代表になれましたが、残念ながら大けがで走ることができませんでした。短距離はよりセンスが問われる種目ですが、高校の時の一流選手が、そのまま一流になるかというとそんなことはありません。桐生選手は史上初とも言えるくらいの例外ですし、彼とて、数か月であれほどの選手になったわけではないでしょう。高校でしっかり指導を受けて、大学でも良い環境で修行を積んでいますが、それでも高校のベスト記録をまだ更新しているわけではありません(すれば日本記録ですが)。

学者の世界もなかなかにシビアで、誰でも知っていることですが、そう簡単に大学の教授になれるわけではありません。これは今の時代だけではなく、昔からそうです。どこからを一流の学者というのかは尺度がたくさんありますので、一概には言えませんが、むしろ、スポーツ選手が引退するような年齢からが学者人生の始まりです。それまでは、学者というよりも学生という扱いを受けます。修士課程、博士課程で合計最短5年かかりますし、それを出ただけで、一流になど当然なれていませんし、誰もそうはみなしません。ましてや、「学者アカデミー」なんて便利なものもありません。

ホリエモン氏がどのような考え方の持ち主かは知りませんし、ご本人が何の世界で一流(を名乗っている?)なのかも知りません。寿司職人ではなかったと思いますが。いずれにしてもセンスと集中力だけでは、短期間に一流になるのは無理です。一回や二回の成功はできたとしても、一流とは言えません。一流とは、周囲が認めてはじめて一流でしょうが、それには歴史も必要です。多くの無名の人の思いや志を受け止める度量も必要です。単純に子どものころからの積み重ねも必要です。周囲の協力も必要です。周りから認められる人格も必要です。運も実力のうちです。タイミングも必要です。一流はいろいろなものを兼ね備えているのです。その意味で修行が不要だという考えに至ることはまずあり得ません。
また修行は修行で、日本の伝統的な修行に目を向けると、修験道などが思い浮かびますが、彼らの命がけの修行が何たるかに触れると、やはり修行をおろそかにすることなどできないと思えるのです。



*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

看護の小論文で問われやすい問題
イメージ

京都コムニタスは社会人の看護学校受験を手がけていますが、よく小論文が出題されます。看護系小論文の出題パター...

[ 社会人の看護学校受験 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ