コラム

 公開日: 2016-03-08 

エビデンスって何ですか?

表題は、今年の臨床心理士指定大学院入試の面接で実際に聞かれた問いです。今はEvidence-basedの時代ですので、何でもエビデンスがあった方がいいという考え方は確かにあるかと思います。しかし、エビデンスとはそもそも医療研究の用語です。私の知る限りにおいてですが、1991年くらいにEBM(Evidence-based-medicine:エビデンスに基づいた医療)という言葉ができて、それ以来、各方面でエビデンスという言葉が使われるようになったと記憶します。私は看護系予備校で小論文の講師を長くしていましたので、その際にこのEBMはかなり頻度で使用しました。エビデンスとは、基本的には統計と実験から得られた普遍的データとでも言うとちょうど当てはまるかと思います。もちろん、マウス実験で得られたものと、臨床試験で得られたものは質が異なりますので、エビデンスと一口に言っても多様であることは間違いありません。医療でも個人に対する医療行為でもエビデンスが重視されますし、現在では公衆衛生でも疫学調査に基づいたエビデンスが日々更新されています。簡単な例で言えば、タバコを吸うと肺がんになりやすいというのは、都市伝説ではなくて、疫学に基づいた調査によって、数字的なエビデンスが明確になっています。当然、今はもっと詳細な研究が進められていますが、それは様々なエビデンスを基礎(base)に上乗せされたものということになります。

今回、このコラムを書こうと思った理由は、以前「教育とは何か」という漠然とした問いが今問われています というコラムを書いた時に、「で、結局、あなたはエビデンスに基づいた教育に賛成なのですか、反対なのですか?」と問われたことがきっかけです。あの時点で、私は、将来そんな時代が来るだろう、くらいに考えているだけで、現時点で、まだリアリティのある話ではないと思っていたというのが正直なところです。賛成か反対かという問いに対する回答は用意していませんでした。
教育とは本質的には、国家という漠然とした「公共」が、子どもを将来の「国民」として、義務を持った親とともに育てるものといったところでしょうか。いつから教育が競争になって、いつから大学が就職予備校になって、いつからサラリーマンを養成することが教育になったのか。私は全部正確な情報を持っていません。エビデンスを取る研究をするのは結構ですが、その目的が重要であろうと思います。学力を中心に考えた場合、対象は小中高生となりますが、何のための学力かを問うた場合、大学受験力なのか、人間力なのか、何かしらのスキルなのか、それとも海外の学生との世界共通学力なのか・・疑問符だらけです。明確なのは、他者との比較になることです。しかし、例えばゲームをしている群としない群にわけて、統計的に比較調査をする場合、ゲームをしない群の方がテストの点数が高くなる・・で終了する話ではないと思います。教育は終わりなきストーリーであるはずです。だからこそ切り取り口が大事だと思いますが、妥当性をどう担保するかは難しい問題です。例えば有名私立と地域の公立の学校をそのまま比較対象にすることが妥当かと言われると、違うと思います。またこんな調査がなされて、結果が出てしまい、それがタバコと肺がんの関係のように一般化すると、教育格差をさらに助長する材料になってしまうようにも思います。そのため、いわゆる偏差値で輪切りにして、それに基づいたエビデンスを取るという方法が果たして説得力があるのかと言われると、私は無理筋ではないかと思います。
他にも思うところはたくさんあるのですが、結論としては、反対とまでは言いませんが、説得力のあるエビデンスを出していくのはかなり難しいのではないかと思います。例えば臨床心理学の研究でも、現在、対象者の大半は大学生です。小中高生を対象にするのはかなり難しい状況です。学校が滅多なことでは了解してくれません。もし統計的に説得力のある調査をしようとするならば国家プロジェクトになるでしょう。仮にそれで何らかのエビデンスが取れたとしてもどう使うのかの用途が明確でなければ、そのうち調査自体に意味がないとして、できなくなってしまうでしょう。疫学などは、国民の健康に直結するものですので、その調査の意義は誰でも理解できます。しかし教育となると果たしていかがなものでしょうか。すでにどなたかがしているのだと思いますが、まずは壮大な研究デザインをすることが重要だと思います。できれば大学生の教育について、エビデンスを取れるようなデザインがあると、これからの時代、有用になることが予想されます。



*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

臨床心理士合格の報

昨日、臨床心理士資格試験の合格の報が届いた人が多かったようですが、数年前の生徒さん数名から合格の報をいただ...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

頭が良いとはどういうことですか?

今年、最も返答に困った質問です。明確な回答は存在しません。尺度がたくさんあるからです。でもだからと言って、...

[ 思考方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ