コラム

 公開日: 2016-03-15 

そもそも面接対策とは何か?

京都コムニタスは来年度の入試に向けて動き始めました。前期は早ければ6月に奈良女子大の入試が例年行われ、8月には、鳴門教育大や兵庫教育大の入試があり、意外に時間がありません。いつも強調していることですが、当塾では、書類作りにかなりの力を注いでいます。しかし、書類作りは時間と労力を相当に要しますので、学科の勉強時間が奪われてしまい、苦戦しているという話を受講相談の際によく伺います。 このような書類作成は面接対策にもなりますので、やはりしっかりと時間を使って練り上げねばなりません。面接は、意外に多くの人が軽視しています。しかし、英語がなくとも、面接がない入試を探すのはかなり困難です。また面接は「なんとなく」「なんとかなる」と考えて、ほとんど対策を打っていかない人も多くいます。もちろん、それはあまりにも無謀です。私は京都コムニタス開塾以来、多くの先生方や事務方と話をさせていただきましたが、その経験上、実は、面接が原因で不合格になっている人が最も多いと言えます。この事実は意外に知られていません。また、臨床心理士指定大学院の場合であれば、面接は臨床心理士としての適性を見られることは確実で、明らかに不適格であるならば、学科の点数がよくても不合格になることがあります。奈良女子大学は、学校説明会でも「実習に送れる人を採りたい」と言いますので、それは面接で見ることを意味しています。また別の学校でも、以前、学科の点数が一位で面接で不合格になったという人を知っています。それだけ面接対策は重要だということです。
ではそもそも面接対策とは何か?という問いに対するある程度の回答を持っておく必要があります。これは多岐の項目からなるトータルコーディネートといえます。まずしておきたいことは「適正な自己分析」です。自分という抽象的なものを言語化して、相手に伝えねばならないわけですが、そのためには自分が何者であるかを、自分の中で常に明確化しておく必要があります。適正な自己分析を考える際にさらに重要になるのは、自分を形成している間接要因や条件を分析することです。仏教は自己変革を推奨する教えですが、自分を変えるには、自分の苦しみを作っている要素を細かく観察するところから始めます。よく観察すると、実は私たちは突然今の姿になったのではなく、また最初から今の状態になると決まっていたわけではないという当然のことに気づき始めます。そうすると、自分は刻一刻と変化しているということに気づき始めます。そうすると、自分は絶対物ではないということにも気づきます。そうなると、自分は相対的なものであり、今自分を形成しているのは要因の集合体であることに気づき始めます。私たちは無数の原因と結果の集合体であって、仮に今が苦しいとすれば、その苦しみを作っているのは無数の原因があって、その一つひとつが苦しみという結果に向かって共鳴しあっていることになります。問題はその原因で、REBTで言えば、イラショナルビリーフということになりますが、重要なことは、イラショナルビリーフさえ引き出して形にできるならば、形を変えて、イラショナルでなくしてしまえば結果も変わるということです。
特に重要な要因は、直接原因というよりも、むしろ間接要因の方です。この間接要因を仏教では「縁」と言いますが、人間を形成する直接要因は、例えばタンパク質やカルシウムなどの物質だと言えます。全員に平等にありますが
「私たちはタンパク質とカルシウムの塊である」
と言えば、事実でしょうが、何か違います。もっと敏感になって縁の部分を観察すると、必然的に心の方に目が向きます。自分の今の心の状態を作っている要因に目を向ける必要性が生じます。仏教はこれを2000年以上続けてきました。このような自己観察を繰り返し、その上で「適正な自己評価」をすることができるようになると、面接対策はそれだけで半分以上できたと言えるでしょう。

次の段階として、カミングアウトの禁止が挙げられます。
「私実は昔●●でした」
「私○○ができません」
「テスト実はできませんでした」
このような話は聞かれない限りは一切不要ですし、聞かれたとしても、そのまま答える必要はありませんし、聞かれることはほとんどありません。ある意味、大人として、年期の入った見解と言葉とウイットネスもほしいところです。たいていの場合において、カミングアウト傾向の人は話すネタがなくなった時に、それが出てきます。適正な自己評価ができるようになってくると、「できること」を考えるようになってきます。カミングアウト傾向の人は「できないこと」を言おうとして、相手の理解や共感を求めようとします。しかし、少なくとも面接の場ではそれは不適切です。面接は、受験する側がアピールをする場であって、面接官に甘える場ではありません。また話を聞いてもらう場でもありません。また、面接官に甘えにかかる人は、相手の話をよく聞けない傾向にある人が多いです。臨床心理士指定大学院に限ったことではありませんが、人の話の聞けない人は間違いなく嫌われます。面接はコミュニケーションの場です。情報を面接官に伝達するわけですが、このときに伝達したいことは自分の利益になる情報だけになります。わざわざ自分の不利益になる情報を伝える必要はありませんし、実は面接官もほとんど興味ありません。面接官がした質問を正しく聞いて、正しく答えるならば、カミングアウトをする必要はないのです。

以前、大阪経済大学の古宮昇先生の講演でもありましたが、面接は、ある部分で学科よりも重視されます。つまり、学科で合格点をとっても面接で落とされることが多いということです。私が知る中でもいくつかの学校は、面接を重視せず、学科の点数でほぼすべてが決まるという学校もあります。案外、旧帝大のような学校にいくつかそういった所があります。しかし、他の多くの学校は、面接にむしろ重きをおいています。臨床心理士指定大学院で言えば、例えば兵庫教育大学は300点、帝塚山大学は200点といった高得点を設定しています。このような学校は、面接で決まるといっても過言ではありません。(学科を勉強しなくてもよいという意味ではありません)

面接はまず人間を見ます。面接の究極点は、「面接をするまでもなく欲しい人になること」ですが、そう簡単ではありません。しかし、これを意識しておくことは大切なことと言えます。人間を見るというのは、要は、一緒に仕事をしたいかどうか、あるいは一緒に机を並べたいかどうかを見られるということです。看護系では「教えたいと思う人を採る」と仰った先生もおられます。
これは決して相手に媚びるということではありません。(たまにそういう人を「いい人」と認識する先生もいますが・・・)その上で、一緒に仕事をしたい人への道を探るという手順になります。私は必修の授業でこれをリスクの回避と呼んでいます。それではどんな人が一緒に仕事をしたくないと思われるでしょうか?古宮先生の言葉を解釈した場合、「自分の問題を解決できていない人」が一つ挙げられると思います。自分の問題を解決できるようになるにはまず、自分の感情に気づき、言葉にしていくことが必要です。そして、不安になったり、腹がたったりといった感情を明確化するとともに、その感情を他人のせいにしないことです。
「あの人が私を不安にさせた」
などと言う人もけっこういますが、本来はそんなことはあり得ません。そのような感情は自分が震源地であることを正確に知れば、見方を変えれば、形を変えることも可能ということになります。そうなれば、自己の問題を直面化した後に解決できるということになります。他人のせいにする人は、何をしても失敗する人です。そうならないように自分作りをすることが面接対策の根本と言えます。



*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

頭が良いとはどういうことですか?

今年、最も返答に困った質問です。明確な回答は存在しません。尺度がたくさんあるからです。でもだからと言って、...

[ 思考方法 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ