コラム

 公開日: 2016-03-22 

僧侶界も格差社会

以前僧侶のインターネット宅配について記事を書きましたが、この記事によると、その流れは止まるどころか、進んでさえいるように思えます。ここで明らかになっているのは、僧侶も格差社会になっているということのようです。専業では食べていけないという話は、私自身もよく聞きますが、「格差」という観点は実はあまり持っていませんでした。おそらく、その界隈では、格差について訴える人が少ないからだと思います。あるいは、怖くて訴えられない可能性もあります。また、どこに訴えたらいいのかわからないという面もあると思います。

それにしても、この記事は生々しく、「現実」を突きつけていることは確かです。仏教界は真剣に議論しないといけないと思います。私が常に問題と感じることは、おそらく、二千年前からの課題だと思うのですが、仏教学会という学問専門集団と、実際の僧侶と、その周辺の一般人、および一般社会の距離が遠すぎるのです。仏教学会は、専門化が進みすぎて、一般人が学会発表の題目を見ても、暗号にしか見えないかも知れません。大したことではないことを大げさに言うこともやりやすく、一般人を驚かせるには威力抜群の題目もたくさんあります。仮に「ディーガニカーヤ、第七番、マハーパリニッバ-ナスッタンタにおける九次第定について」と思いつきですが、それっぽい題名をつけてみました。多分、業界人以外は、想像もつかないと思います。そして、一般人に一言で説明するのもなかなか難しいと思います。おそらく業界人はこれをみても「ふ~ん」くらいの題目です。しかし、学会活動をしていない僧侶ももちろんたくさんいるのですが、そういった僧侶が、これを見てどう感じるかが、一つ重要ポイントです。学会が一般人とかけ離れた議論をするのは、別にどこの学会でも同じことです。仏教学会の場合、そこに属さない僧侶の立ち位置が見えにくいのです。二千年くらい前から、似たような問題はあったようで、インドの僧侶の中でも、「森林住」や「僧坊(房)住」とよばれる人がいたようです。前者は、学問をするというよりは、身体を使った仏教活動をして、布教にも熱心な人が多かったようです。屋根の下に暮らすことをよしとしなかったらしく、日々自分をストイックに追い込んだ生活をしていた者も多かったようです。後者は屋根の下で、学問として、ブッダの教えを追求した理論家たちです。日々、経典、聖典研究に一生を費やして、著作活動に励んだようです。今に残る作品をたくさん残した論師もたくさんいます。
では、今のアマゾンを通して宅配される僧侶はというと、一体どれに属するのでしょうか?現代の学者として、マニアックな仏教学を追求するでもなく、かつての森林住のようにストイックになるでもなく、僧坊住のように自分の研究に生涯をかけるでもない。宅配される僧侶も、それを批判するお偉方も、格差という前に、自分の僧侶としての立ち位置を明確にすべできなのではないかと思うのです。現代の学会も、森林住も僧坊住も、現代でも存在します。しかし、「どれでもない」僧侶も多いのです。どれでもないのもいいとして、新しい境地、立ち位置を作ればいいと思います。鎌倉仏教の祖師たちは、この新しい立ち位置を確立した人たちばかりです。時代背景の説明をするとおもしろすぎて一年くらいかかりますので、省略しますが、この祖師たちが作ったと言っても、800年近くたっているわけで、新たな境地があってもいい時代に来ていると思います。「どれでもない」から脱却すべき時かと思います。




*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

頭が良いとはどういうことですか?

今年、最も返答に困った質問です。明確な回答は存在しません。尺度がたくさんあるからです。でもだからと言って、...

[ 思考方法 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ