コラム

 公開日: 2016-05-13 

「どうしよう」を「どうする?」に変えましょう

当塾の必修の授業でREBTを取り入れていることはよく言っているのですが、その効果の一つとしてあげられるのが、思考が、「どうしよう」から「どうする」に変えられることです。言い回しが重要なのではなくて、大切なことは「不安を根拠にしないこと」です。「不安だから」ということを行動規範にすると、「○○になったら(おこったら、出会ったら・・・)どうしよう」となってしまいます。せっかく単語を勉強しても、不安に負けると、「この単語が出なかったらどうしよう」となってしまいます。問題は、「どうしよう」思考の人はそれ以上何もしようなくなってしまうことです。おそらく思考停止と呼ばれる現象の多くは、この状態ではないかと思います。そうなるとフリーズしてしまい、どうすることもできなくなってしまいます。不安を処理しておくと、どうしようが「どうする」に変わります。
大切なことはどうするかであって、我々は日々この判断に迫られています。リーダーが不安に負けてしまうと、組織が機能しなくなるのはこのような理由と言えます。もっとやっかいなのは、「漠然とした不安」に負けることです。これは「何かあったらどうしよう」を呼び起こしてしまいます。たとえば、水の買い占めなどは、これに属します。これは「転ばぬ先の杖」ではなく、単なる煩悩で、それによって迷惑する人のことに思いがめぐらなくなり、利己的になってしまいます。リーダーがこのような人物だったら、その組織は悲劇に向かってまっしぐらでしょう。「どうしよう」を克服して「どうする」思考ができるようになって初めて「問題解決」ができるようになります。研究をするにしても同様です。問題解決能力があって初めてリスクと向き合えますし、リスクをとるか、回避するかも判断ができるのです。その能力がない人間がお役所仕事をすると、「組織にとって良いこと」をしようとせずに「自分にとって責任のかからないこと」を優先してしまうのです。だから、すぐに「できない」と言います。事実は「やりたくない」「やる意思がない」なのですが、面倒がほんのわずかでも見えると、すぐに「できない」を連呼する癖がついてしまいます。
「どうしよう」ではなくて「どうする」という言葉は、当塾を出た人には結構浸透しているようです。私はREBTを学ぶ以前から、「不安」という感情を何とかして排除できないものかと考えていましたが(まず無理ですが)、最近は「処理する」方向に考えをシフトしています。不安自体をなくすことは困難ですので、不安になってから、その後の考え方を変えるということです。つい私たちは「どうしよう」と考えがちですが、頭の中に使える情報が増えてくると、徐々に「どうしよう」から脱却できるようになってきます。それなら、どうしようが浮かんだ時から、ちょっと間を置いて思い直して「どうする?」と自分に問いかけることによって打ち手を考えるようになります。要するに「どうする」とは、打ち手を出すことです。もちろん、自分に与えられた状況によっては、どんな手を打ってもどうにもならないことも多々あります。しかし、だからと言って、何もせずに手をこまねくのも違います。
不安を処理すると、「現実にそった妥当な判断」が見えて来ます。「とりあえず大きめ」という判断を回避することができます。それには今の自分の能力を正確に知って、受容しておかねばならないのですが、一人ひとりが意識して、不安を処理できれば、様々な問題の解決につながるはずです。公認心理師もできることですし、そろそろ国家的問題として、不安処理に着手してもいいのではないかと思います。そうすると、役人や政治家やメディアが率先して不安を煽るのもなくなってくると思います。



***************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

合格体験記

受験を志したきっかけ  私は、ここ数年間がん専門病院におい...

U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

インフルエンザ

12月に入りました(入っちゃいました)。当塾の講師がインフルエンザに罹り、出勤ができなくなっています。インフ...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ