コラム

 公開日: 2016-05-23 

ネガティブな自動思考をやめてみる

自動思考とは、思考のクセのようなものです。これにはポジティブとネガティブがありますが、ポジティブならいいというわけではありません。しかし、ネガティブでいいことはほとんどないと言えます。私の用語で「アクロバティック思考」と言っていますが、私から見て、「なぜそれがそうなる?」と問いたくなるような思考の持ち主は少なからずいます。もちろん、「自分が正しいのに」、と比較して言っているわけではありません。

ネガティブな自動思考の人は、イラショナルビリーフが多く、「みんな・・・絶対・・・私(彼、彼女)のことを・・・」「(これまで)なに一つ・・・(良いことが)ない」「全く(全部、ずっと)・・・」といった言葉が、その次の句を自動的に呼んできます。もちろん、すべてが悪いわけではありませんが、内容によっては、「わざわざ苦しみたいのか?」と疑問に思わざるを得ないような方向でものを考えてしまうことになってしまいます。
例えば、一人に嫌われたとすると、「全員私のことを嫌っている」→「これまでも、いつもそうだった」→「こういう時は(場所は)、何も良いことがない」→だから「あの人の周辺(住んでいるところ、出入りしているところ)や友人関係者には近づかないでおこう」・・・こういった思考は、かなり厄介です。自分でもどこかおかしいと気づけばいいのですが、こういった思考に追い込まれる人は、なかなか気づけないという面もありますし、どこかで、不幸な自分を描いていることで不安解消をしていると思い込んでいるケースも少なくありません。
このような思考だけでも厄介なのですが、このような事実とかけ離れた思い込みに加えて、他人のせいにするというクセがついているとさらに厄介です。
例:「私の会社の経営状況が悪い」→「このままだと危機に陥る」→「原因を分析しないといけない」→「調査した結果、A(他人)の仕業であることが判明した」→「Aは嘘の合格実績を掲載している」→「業界の健全化を図らねばならない」→「だから自分のホームページに誹謗中傷を書いてやろう」
こんな冗談みたいな人は実際に存在します。以上は、実は経営の悪さ以外は、そもそもどこにも存在しないことです。また話がいつのまにか「業界の健全化」という誇大な目的にすり替わっています。しかし、思い込みが強い人の自動思考は、思考というよりも妄想に理屈らしき言葉を貼り付けた大変質の悪いビリーフになっています。当然ながら、こういった人は反省をしませんので、同じ事を何度も繰り返します。また他人の話を一切聞きませんので、裁判に負けると、今度は裁判官のせいにする始末です。もう支離滅裂の無茶苦茶・・・

このような人にならないようにするためには、まず自分の自動思考と向き合うことです。いつの間にか、自分の自動思考を「常識」と思い込んでいることがあるはずです。英語の学習などは典型です。日本人の英語学習の常識は、世界の非常識です。逆さまにして言語を読むなんて方法を公教育で教えている国はまずないでしょう。でも私たちはそれが当たり前になっていますし、英語というと自動的にバックして読むことに疑いを持ちません。そしてわからない、できないと次は単語力の少なさのせいにします。これは間違っていないのですが、単語を増やしたからといって読めるようになるかというと、そうではないという事実を無視します。だからこのあたりで、英語をあきらめてしまう人が増えてしまうのです。そうすると、今度は、「英語くらいアメリカに行ったら3歳の子どもでも話す」とまた極端な方向にスライドしてしまいます。

こういった自動思考に抱きつかれると、その分野での成長は難しくなるでしょう。そこで、向き合った自動思考に今度は疑いを挟み込みます。「本当にそれでいいか?」と。「本当に正しいか」「本当にそれが正しいなら、その根拠は?」「その根拠を出したら、どのくらいの人が納得するか?」と。自動思考に負けてしまっている人は、必ず言います。「他の人にとって間違っていても、私には正しい」と。こうなると、手を差し伸べてくれる人でさえ、引っ込めてしまうかもしれませんので要注意です。悪循環の人は、「じゃあ、もういい」とばかりに、他者との接触を断ち、すべては「他人が悪い」に落とし込んでしまいます。

ポイントは、自動思考への気づきと、間違いへの気づきと、間違いを正すことです。間違いは誰にでもあるのですから、気づけばどんどん正せばいいのです。
私はこれを必修で「エラーチェック」というトピックで話しています。これについては、
受験勉強のスタートはエラーチェックからです
思考のエラーチェックをしなければならない理由
以上をご参照ください。



***************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

合格体験記

受験を志したきっかけ  私は、ここ数年間がん専門病院におい...

U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

頭が良いとはどういうことですか?

今年、最も返答に困った質問です。明確な回答は存在しません。尺度がたくさんあるからです。でもだからと言って、...

[ 思考方法 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ