コラム

 公開日: 2016-08-29 

今こそ辞書をどんどん引きましょう

辞書を引く時に重要な考え方があります。昔、私が英語の専門学校に行っていた時のことです。単語がわからず、辞書をバサバサめくっていると(当時は電子辞書なんてありません)、ネイティブの先生が「フラッタリング」と言って、鼻で笑って去って行きました。私は、ほめられていないことはわかったのですが、正確な言葉の意味がわかりませんでした。要するにフラッタリングとは鳥が羽をバサバサやるのと同じように、無軌道に辞書を引くことで、ダメ学習の見本のようなものです。辞書を引く時にフラッタリングにならないようにするにはどうすればよいのかというと、「意味がわからないから」ではなく、 「意味を知ったら何がわかるか」を考えてどこまでわかるかの目安をつけて、「知りたい単語」を探すのです。意味がわからないからという理由だけでひくと、単語の意味でも一番最初の意味しか見ないということが多くあります。しかし、単語の意味配列は様々な方法があり、一概に言えません。よって、全く知らない単語であれば、できるだけ、品詞と用例はくまなく見る必要があります。とにかく、「この意味が知りたい」知ったら「この英文が○○くらいわかる」これくらい見積もってから辞書を引き、目一杯読むということです。
今、塾内では、辞書の引き方について話をする機会が増えています。特に、受験直前にどんな勉強をするべきかについて質問をよく受けるのですが、私は、特に社会人で、この受験ではじめて心理学を学び始めた人には、辞書を徹底してひくように伝えています。辞書をひき続けられるということは、興味が維持できるということでもあります。
最近は、受験に英語の辞書を持ち込めるところも増えてきています。それだけでも、英語力について単語力だけが求められているわけではないことは明らかです。だからこそ、辞書をうまく使うことは、入試本番でも重要なスキルとなります。自分なりの辞書を引くスタイルをあらためて身についておいて損をすることはありません。私が高校生の時、英語は
「とにかく辞書をひけ、辞書を引いた数だけ賢くなる」
と習いました。もちろんこれはうそです。辞書を引いた数だけ賢くなることはありえません。もちろん引かねば賢くはなりません。ではどうすればいいのでしょうか?まず、辞書が引けるようになることが一番重要です。「辞書が引ける」とは、
「わからない単語を見つけて日本語の意味を調べること」
だけではありません。まず「品詞」がわかることです。例えば英語の場合、thatには嫌でも出会います。しかし、その出会ったthatが指示代名詞なのか接続詞なのか、関係代名詞なのかがわからないなら辞書を引いても届かないでしょう。また用例を見ても、thatにしか見えないでしょう。また、得てしてthatのような単語は、わざわざ辞書で引かないものです。本番では絶対に引きたくありません。これは「何となくわかる気がする」からです。だから本番までには、辞書を引かずとも使えるようにしておきたい単語の一つとしてカウントされます。
例えばdeciduous trees, trees that is ・・・とあったとします。deciduous tree(落葉樹)が何のことかわからない場合、そこで辞書を引いてしまうのではなく、もう少し我慢をして、先を読むと、補語として、どんな木であるかを説明している可能性を
考えます。そこにoakなんていう単語があれば、少なくともdeciduous treeはoakであることが予測されます。そこまで予測する訓練をしておいた上で、辞書を引いた方が、文構造も読みますし、難しい単語の後ろには説明書きを入れてくれるという特徴もつかめますし、意味もインパクトに残りやすいという利点があります。このような訓練をすることがおすすめになります。
さらに辞書とは文法的なことを引くものではなく、日本語の意味だけ引くものだという思い込みがあると、品詞もわからないまま、あるいは気にもせず辞書を引こうとする現象が生じてしまうのです。しかし、よく考えてみると、正しい辞書の引き方を習った人はほとんどいないようです。英語以外の他の言語を学ぶと、割合辞書の引き方は習うものですが、英語は特に辞書の引き方が身に付いていない人が多いように思います。大学入試を意識するのであるならば、できれば、中学くらいで、辞書を引くという行為を徹底させて、高校では、極力使わない方法を教える方が良いと、個人的には考えています。
また、英語の辞書は「急いで引く」という思い込みがある人が多いことも気になります。どう考えても「正確に引く」ことが優先されると思うのですが、「とにかく辞書をひけ・・・」が邪魔をしているのかもしれません。また、我々の世代くらいまでは辞書といえば紙の分厚い辞書でした。電子辞書はほとんど普及して折らず、持っていても使うのはなんとなく、ずるいことをしているというような雰囲気がありました(そう思うのは私だけでしょうか)。でも入試においてもいまだにほとんどの大学が、紙の辞書しか使えないところを見ると、電子辞書に対してあまり肯定的でない見方があるように思えます。しかし、私は基本的には電子辞書推進派です。便利なものがあるならどんどん使うべきと考える方です。要は道具は使い方が大切です。辞書の文言を念入りに読むならば、紙よりも電子辞書の方が効率が良いのは誰の目にも明らかです。また最近のものは発音もしてくれます。場合によってはテストもできます。是非ともそのような電子辞書をフル活用できるようになることが必要だと思います。


**************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

インフルエンザ

12月に入りました(入っちゃいました)。当塾の講師がインフルエンザに罹り、出勤ができなくなっています。インフ...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ