コラム

 公開日: 2016-09-23 

面倒見のいい大学と大学生の学力

大学生の学力低下が指摘されて久しいですが、大学全入の時代に入り、さらに少子化が進むことから、まず大学受験予備校に強烈な向かい風が吹いています。代々木ゼミナールの京都校も小田急グループのホテルになるそうです。もちろん、最終受け入れ先の大学にも一部を除いて定員割れがおこり、飽和状態になっています。

しかし、大学進学率は高まっているかというと、実はそうでもなく、2009年に50パーセントを超えてからは横ばい状態です。そうなると、あまり有名でない大学は、受験者と入学者を確保していかないといけないわけですので、名目上の推薦入試やAO入試を安直に増やして、高校生の青田買いをしようとします。それによっていわゆる受験勉強をしなくなるので、結果的に大学生の学力が下がったというメカニズムです。
このメカニズムを見るに、明らかなのは、悪いのは高校生ではないということです。悪いのは大人です。正確には、高校の進路指導、大学の入試関係者が勉強をする必要のない構造を作ったからです。経営的観点から見るならば、無理からぬことですので、逐一否定するつもりはありませんが、大学生の学力低下を学生の責任と断ずるのは否定します。あたかも学生が勉強しなくなったからとだけ主張するのは、私には論理のすり替えにしか見えません。

大学入試に関して、旧制度はもう崩壊しています。新しい制度をうまく作った大学が生き残ることができます。名前だけでは残れません。有名大学でも経営危機の大学はいくらでもあります。少し前にあった家電量販店の大量建設は、ライバル店をつぶすためのチキンレースでした。そのレースに勝ったところが、今、勝ち組かというと、決して違います。大学も、生き残りをかけて、水ぶくれを選択したところは危険です。そのうちブランドが低下したとき、その水が決壊すると大変なことがおこるでしょう。要は中味です。大学がどんな学生を作るかを明確にして、どんな教育をするのかということを打ち出して、学生がどんな変化をし、どのように伸びて、どんな社会で活躍するのかというロードマップを示すことがまず必要なことです。就職させるのか、大学院進学をさせるのか、それによって、教育の中味は異なるはずですが、そこも明確にする必要があります。英語以外の新しい語学を身につけさせるならば、どうやって、何のために身につけさせるのかということも示す必要があります。大学で一定の成績をあげた人には、何らかの特典があってもいいと思います。大学自体に就職ができる企業を作るのも重要な策です。地方創世とうたう政治家はたくさんいるようですが、地方の大学が人気が出れば、まだまだ大学の可能性は十分にあります。700を超えると多すぎるという声もありますが、私は必ずしもそうは思いません。誠実に教育を行うならば、どんな大学でも生きていくための特色を出せると思います。これからの時代、一番勉強すべき場所は高校ではなく、大学です。大学生になってから、驚くほど勉強をする環境を作ることがこれからの大学の仕事です。

日本は(どこの国でもでしょうが)ランキングが好きです。面倒見がいい大学ランキングが今年も出されています。
こちら
1位は11年連続金沢工業大学です。いくつかの尺度から、ポイントの高かった大学をランクインさせているので、ある程度見るべき点はあると思います。しかし、案外、この金沢工業大学を見習おうという声は聞きません。別に、偏差値上位校がこの大学を見習っても、何も問題はないかと思うのですが、あまりそうはなっていないようです。面倒見という言葉はあまり好きではありませんので、私は基本的に使いませんが、面倒見の良い大学は(事実であれば)良い大学と言えると思います。学力が低いなら、あるいは低いとわかっていて採ったのなら、大学が責任を持って能力を高めていけばいいのです。いわゆる大学改革は、かれこれ20年くらい行われてきており、例えば半期で単位を出すセメスター制や、学生による教員の評価など古き悪しき時代の側面はかなり改革されてきているのだと思います。しかし、規模が大きくなりすぎることによって、肝心の学生を「お客様」以外で見る目線がなくなり、教員も学生に関心を持つきっかけが少なくなっています。大学において古き良き時代があったのかどうかは、もはや誰もわかりません。大学ほど、「最新」に振り回される組織もなかなかないからです。だから、大学が「古き良き」にこだわる必要もなく、常に新しいあり方を考えていく方が適切です。今求められていることとして、私の印象では、大学生は少なからず勉強したい人がいると考えています。私が大学で見ているある留学生は、「自分のやりたいことを大学でやれない」「大学に訴えたら、「留学生」はこれこれのカリキュラムしかとれません、と言われた」「英語が勉強したいと言えば、このコースは日本語しかとれません」と、言います。一言で言えば、融通が利かないのです。大組織になればなるほど、融通が利かなくなると言いますが、そうではなくて、「融通を利かせるのがめんどくさくなる」のです。私はそういった人間は、大きな組織を作るべきではないし、大きな組織に入るべきでもないと考えます。私は京都コムニタスでは、この「融通」を大切にしています。融通は仏教では、「異なったものが溶け合って障りがないこと」くらいの意味です。いつも言っているのですが、私は個別対応を重視しています。大学院進学ともなると、目指す学校も、目的も、志も、学力も、経験してきた人生も、不安の度合いも・・などなど、全て異なります。これを塾の都合の良いシステムもどきを作って、そこに学生を適応させることほど愚かしいことはないと考えています。しかし、個別対応にこだわると、「不公平」が生じます。これをいかに「溶け込ませる」かが腕の見せ所です。大学もこの融通を大切にできる人間を集めて、それを基準に大好きな「改革」をすれば、良い方向に向くと考えています。ただし、教員や事務方の労力は多大になりますので、ブラック企業と言われることは覚悟しないといけませんが。教員、学生、事務方、これらをうまく溶け合わせることが経営トップの腕の見せ所ですが、おそらく最も劣化しているのはここなのでしょう。


**************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

看護の小論文で問われやすい問題
イメージ

京都コムニタスは社会人の看護学校受験を手がけていますが、よく小論文が出題されます。看護系小論文の出題パター...

[ 社会人の看護学校受験 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ