コラム

 公開日: 2017-04-04 

安全と安心の違い

築地問題のせいか、よく聞かれます。あまりにも聞かれるので、ネット検索をかけてみると、出るわ出るわ。あまりにもいろいろな意見があり、非常に難しい問題だということがわかります。そうなると、一般に使われている用語から考えてみる必要があり、まずは「基準」が必要です。そうすると、違いが少し明確になります。すなわち「安全」には基準があります。一方、「安心」には明確な基準はありません。だとすると、安全は客観的な指標が必要で、安心は主観的なものであることが言えます。それ故か、安全と科学は関係します。一方、安心と科学は必ずしも関係するわけではありません。本来、安全も安心もどちらも必要なはずですが、この違いは大きいと思います。

安全基準が、科学的見地から決まってくるとすると、これは個人レベルの話ではなく、公共が決めるものになってきます。そうすると、最後は確率の問題になります。そこには必ず「例外」が存在することになるし、安全基準から漏れてしまう人が出てしまいます。とは言え、誰かがどこかで線引きをしないといけないことも事実です。自動車やバイクは誰でも乗りますが、安全基準に即して作られています。だからその意味で安全です。もちろん、いくら技術が進歩しても、完全な安全などはあり得ません。だから必ず交通事故で亡くなる人が出てしまいます。その際、「安全基準を超えた運転」がなされたことになり、それが「無謀」であったり、「危険」であったりするわけです。あるいは「例外的」な安全基準に抵触することが起こるわけです(急にタイヤがロックするとか本来あり得ないことなど)。その意味ではある程度、公共による線引きは必要です。重要なことは、この線の基準が改められるに従って、高くなることです。つまり安全基準のハードルは「徐々に高くしていく」ことが大切です。この逆を行くのは非常に危ういケースが多いということでもあります。
 一方で、自動車とバイクでは「安心」は大きく異なります。私も含め、多くのバイク乗りは、バイクを乗ることは、周囲を安心させないことを知っています。周囲は車に乗っている方が安心だと思っていることも知っています。でも何かに理由をつけて(便利、早い、楽しいなどなど)、バイクに乗ります。それだけでも安心は「価値観」の問題であることに気づきます。飛行機も同様のことが言えます。おそらく安全で言えば飛行機が最も安全です。事故を起こす確率は、車に比べて圧倒的に低いはずです。ただ一たび事故が起こるとあまりにも悲惨ですので、衝撃が大きいのです。だから、どうしても安心できない人がいるのも無理からぬことですし、そのような人は飛行機に乗ることを極力回避するはずです。

また、安全基準は、人為的に変化させることができますし、それも必要です。福島の放射能安全基準のスライドは、これはハードルを下げていったため、悪しき変更事例と思われます。一方、現東京都知事は、以前の知事が作った高すぎるハードルの安全基準をうまく使って、以前の知事をたたくことに利用しました。本来、現東京都知事がやるべきことは、いずれ豊洲に移転するわけですから(移転しないとは一度も言っていません)、高すぎる安全基準を満たす方法を考えるか、基準を下げるか(悪しきと言われようとも)、いずれかのはずです。それによって、どちらがより多くの安心を得られるかを考えなければならなかったはずです。高齢者を引きずり出して、さらし者にすることではなかったはずです。その時間で、いろいろなことができたはずです。間違いのないことはいずれ移転するということだけですので、だとすれば、「移転した後の安全と安心」を考えるのが時の為政者の仕事のはずです。これをねじって、「移転ありき」という言葉にすり替えるところが、「抜群のセンス」なのでしょうか。
翻って、「安心」は安全と違って、いろいろな安心があります。豊洲移転を例にとれば、安全は基準の問題であるならば、カテゴリーは限られます。また、不可能であるにせよ、「万人の安全」を想定します。今問題になっているのは、「使うことのない地下水」です(飲まなければいいだけだと思うのですが。得体のしれない地下水なんて、京都でも飲んでいないはずですがね)。一方で安心はそれだけにとどまりません。安心するのは、為政者の側ではなく、豊洲と築地を使う多くの人々です。その思惑は多種多様であり、全員を安心させることはほとんど不可能です。安全は、その基準が決まるまでの科学的プロセスが重要ですが、安心は、人々が結果で主観的に判断します。そこには利害関係も当然関係します。豊洲にせよ、築地にせよ、市場ですから、そこで働く人がまず安心できなければ、商売は成立しません。売る側がいなければ話になりません。しかし、彼らの意見、すなわち、安心基準とでも言うべきものは、バラバラです。商売をする人は、利益の安定は安心につながります。その際、安全よりも安心の方が大事だと考える人は少なくないでしょう。これが良くないことを生むことも多くの人は知っています。しかし、何をもって利益の安定とするかは、人によって考え方が違うからです。また一方で消費者の安心も人によって異なります。また大変流動的かつ不安定なものです。またさらに必ずしも合理的なものではなく、ダブルスタンダードなど珍しくありません。ほぼ感情の問題とも言えます。よくこの問題について「納得のいく説明がない」と指摘されます。その通りだと思うのですが、冷静に考えると、商売の売り手と買い手、さらに言えば、公共市場ですので、築地や豊洲に必ずしも関係しない納税者も含み、さらに言えば、メディアによって劇場化されたことによって、東京と関係のない「世間様」まで絡んでしまっています(なんの関係もない私までも口にしているわけですから)。このような言ってしまえば、全国民に対する説明は不可能ですし、そもそも必要かどうかも不明です。このあたりが問題を混迷化させているのだと思います。
自分の政治的利益のために、安全と安心の違いをうまく利用して、メディアをはじめ、多くの人を扇動し、不安を煽り、何とか委員会という結果的にも意味が全くなかった劇場を作った人は、公金損益の観点からみても、大きな罪を犯しています。今、築地、豊洲に絡む人々は、地下水の問題と関係なく、安心できる人はほとんどいないと推察されます。すなわち現東京都知事のような人が、安全を利用して、安心を脅かす人だと私は考えています。

今回は感情論的なトピックは除外しましたが、本来、この問題は感情的側面に注目することが重要であるため、また稿を改めます。

******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

入試の日には何を持って行けばいいですか?

受験が近くなってくると、この質問を受けることはとても多いです。回答としては、必要最小限の荷物だけです。最近...

[ 臨床心理士指定大学院に行くための勉強方法 ]

自己推薦書の書き方

医学部を受験するには、「自己推薦書」を出さないといけない場合があります。金沢医科大学などはこれと推薦書で書...

[ 志望理由書の書き方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ