コラム

 公開日: 2017-04-14 

研究計画作成で苦労すること

4月も半ばになりました。そろそろ9月までの入試に向けて、研究計画を組み立てていく時期になってきました。研究計画をたてる際に、まず私が最初に言うことは、「料理のレシピ≒研究計画」ということです。研究計画とレシピは構造的に大変似ています。この点についてはこれまでも何度も述べてきました。
こちら
しかし、レシピと同じであることがわかったからと言って、書けるわけではありません。実際は、そこからが始まりになります。その際、実際に苦労することをいくつかあげます。まずは、先行研究探しとその読解です。先行研究を押さえておくことは、研究計画作成にあたって必須になります。しかし、中には英語の文献しかないものもあって、論文自体を探すのも、見つけてから読むのも大変な手間がかかることもあります。京都コムニタスでは、教員が一緒に読んだりすることもよくあるのですが、いずれにしても、入手から考えても相応の時間がかかります。ですから、かなり早い準備が必要です。

ある程度、論文等で情報が入ってきたら、次に苦労するのは、大枠のテーマ設定です。何となくテーマを選ぶ場合と、全くテーマが浮かんでこないという場合があります。テーマ設定のアイディアが全くうかんでこないという人は、自分の経験をテーマに選びがちですが、これは必ずしも悪いわけではありませんが、注意が必要です。特に、自分自身を研究したいというパターンは避けましょう。また、意外に多いのが、興味があまり持てない分野を選ぶ人です。つまり、大学院合格のためには、大学の先生に合わせることが近道だと(勝手に)想像して、本来研究したかったことを外してしまうのです。もちろん、これは良くありません。大切なことは「行きたい学校に行って、やりたいことをする」です。やはり自分が何をしたいのかということを、明確にした上で、テーマを絞りこむのが理想です。そのためには、私はよくテーマ選びで困っている人に外せないキーワードを20個程度出してくださいと指示します。その傾向をみると、だいたい何がしたいかが見えてきます。自分が何がしたいかが見えないことが一番大変ですので、まずそれを知るためのキーワード設定と考えてください。そのうちに外せるキーワードもでてきますので、徐々に「どうしても」外せないキーワードを設定していきます。そうしてキーワードを絞り込んでいくことで自分のこだわりがみえてきます。それが定まれば、論文を探すことも容易になってきますし、論文が探せれば、疑問も出てきますので、良い循環が生まれます。しかし、キーワードを設定するには、やはりそれなりの情報かあるいは何らかの経験が必要になってきますので、結局のところ関心幅が必要ということになります。当塾では、とりあえず、キーワードを並べてもらって、私がいろいろ質問しますので、それに答えていってもらえれば、徐々に煮詰まってきます。その上で、また論文を探し、読んで、さらに煮詰めるという作業を繰り返していくことで純度を高めます。

研究計画書を大学院の先生が見たときに、必ずといってよいほど、思われることがあります。それは「何がしたいのか」ということです。この「何がしたいのか」というフレーズは永遠のテーマです。しかし、これを読み取ってもらわなければ、研究計画は合格とは言えません。少なくとも自分なりに何がしたいのかを伝えられない状態から脱しておきたいところです。この何がしたいのかという問いに答えることは実は結構難しいことです。しかし、大学院の教員は言えて当たり前と考えています。つまりこの部分を研究計画の分かれ目の一つと考えているということです。この「○○がしたい」と言えるものを作るには、疑問詞を明確にするとうまくいきます。「なぜ」と問うと、理由を問うことになります。「いつ」「誰」「どうやって」などなど、うまく疑問詞を駆使して、問うてみたい疑問を設定し、その疑問に答えてみたい。そして答えを裏付けるための証拠になる情報を集めたい。これがいわゆる「してみたいこと」です。これは苦労しますが、早めに作っておきたいところです。そして情報量を多くしてから、質のよい疑問を設定することが重要です。現時点では多くの生徒が疑問を出すことに四苦八苦しています。でもこれを乗り越えれば、あとは結構スムーズに進みますので、産みの苦しみといったところです。



******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

私は大学院進学の意志を大学入学時から持ち続けていたが、具...

Fさん
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

公認心理師養成における各大学の対応についての調査

京都コムニタスでは、公認心理師養成における各大学の対応について調査をしています。まだまだ、調査結果がそろう...

[ 公認心理師 ]

教養が自分を守ってくれる

教養はとても漠然とした言葉で、つかみ所のないものです。だから、大方の意見としては、「あった方がいいもの」くら...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ