コラム

 公開日: 2017-07-22 

志望理由書を書く時の最終ポイント

志望理由書を書くときの枠については以前こちらのコラムに書きました。是非、参照ください。今の時期になると、もう出願も始まってきましたので、いよいよ、実際に書くことになります。7月中に提出をしないといけない学校も少なからずあり、すでに私も朝までかかって見ることもよくあります。書類作成は、受験本番を告げる合図です。先だって祇園祭がありましたが、それで言うなら宵山といったところでしょうか。本番ではありませんが、ある意味、メインイベントといった風合いです。
志望理由書作成前段階として、私がいつも言っている基本理念は、前のコラムに書いたことを再度示しますと、

志望理由で一番重要なポイントは、その学校、学科、資格でなければならない理由です。理由には明確な根拠が必要です。根拠は客観的であるほど良いでしょう。要するに誰がどうみても、
「ああ、この人はうちの大学以外には行かないな」
「なるほど、これならうちの大学しかないな」
と思ってもらえるように書くということです。また、苦手な人は枠を先に作るという方法もあります。一例を挙げると、
①軽い自己紹介(実績、経験を含む)
②①における問題意識
③②における取り組みの中での○○学校との出会い(先生も含む)
④○○学校に関心を深めたところで、オープンキャンパス参加(先生の講演会なども含む)
⑤オープンキャンパス等で魅力に映ったところ(学校によります)
⑥もう一つ独自に魅力に思えるところ(ここが腕の見せ所:自分の能力を活かせる系がオーソドックス)
⑦将来の展望(○○学校だからこそ描けるもの)
⑧以上からどうしても○○学校でなければならない

ここまでが前の引用になりますが、要するに、どんなことを書いたとしても、読み手が「そりゃ、うちの大学しかないな」と思ってもらえればいいのです。ただし、いざ書くとなると、欲をもう少し出したい面もあり、プラスアルファとして、「この人は、なかなか優秀かも」と思ってもらいたいところです。この2点がそろっていれば、かなりのアドバンテージになります。優秀とおぼしき人が、確実にその大学に入りたいと言っているということになりますから。そこを踏まえて、いざ書くときが来たら、もう少しチェックしておきたいところがあります。

①総合字数と書式があればよく見る。
今私が手がけているだけでも、同じ人が、800と1200、特に制限なしとがあります。これもよく見ておく必要があります。まず例えば「800字以内」となると、オーバーしてはいけません。「800字程度」となると、少しオーバーしても構いませんが、逆に少ないのはおすすめできません。次に制限がない場合ですが、これはなかなか困ります。これもパターンがいくつかありますが、指定の用紙があり、行の線が入ったものと、無地(枠あり)のものと、マス目のものとがあります。最近、マス目は減りました。たいていの場合、行線のものか、無地です。この場合、字数で考えるのが良いかと思います。字数は、A4一枚分を適量とし、だいたい1200字(40文字×30行)から1600字(40×40行)を限界とします。それ以上になると、読み手が疲れます。本当は、1行40字は多くて、人間の目の幅だと、少し追いにくいようです。正確には左右に追ってしまいます。要するに首が左右に動いてしまいます。一番見やすいのは33文字程度かなと思います(実際使うことはほぼありませんが)。また、用紙してがない場合は、A4で出すのが基本です。余白の規定等がなければ、できるだけ左右の余白を広くとり、文字間隔を詰めます。また行間は広い方が読みやすいので、できるだけ広げます。そう考えると、40×30行の1200字が適量だと見ています。
②アピールポイントを書く
例えば、留学をした経験があれば是非書きたいところです。TOEICなどのスコアも自慢できると思うくらい取れていれば、書いても構いません。ボランティア経験などをうまく組み込むことも可能です。誰が見ても、優秀と思ってもらえるポイントがあるならば、うまく入れることが重要です。
ただし、これは、入れ方を間違うと、逆効果になることもありますので、よく考えてから入れる必要があります。相手に読んでもらえる内容と書式にすることがポイントです。



******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会
21回大会ホームページ

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

合格体験記

受験を志したきっかけ  私は、ここ数年間がん専門病院におい...

U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

書籍紹介-『2018年の論点100』
イメージ

この本が出ると、年末になった感が押し寄せてきます。今年は例年より寒いような気がするのですが、その分冬が早...

[ 各種情報 ]

50代ですが、臨床心理士指定大学院に行くべきでしょうか、心理系学部に入り直すべきでしょうか?

今最も多くいただいているお問い合わせです。結論を先に言えば、学部で心理学を学びたいという希望がない限りは、...

[ 臨床心理士指定大学院に行くための勉強方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ