コラム

 公開日: 2011-07-27  最終更新日: 2014-02-10

京都コムニタス設立のきっかけ 10

キャラバンであちらこちらまわりながら教える生活は、約半年続きました。
まだ、最初の頃は使命感が強かったせいか、特に気にならなかったのですが、
徐々に場所がないことの不便さを強く感じるようになりました。場所がないと、
コピー一つ取るのも手間がかかりますし、何より、安定して教えられません。
また、やはり、人がたくさんいるなかで勉強するのは、環境的によくありません。
落ち着いて勉強できる環境を設定することがどうしても必要だと考えました。
そこで、ついに場所をかまえることを考えました。

本当はここでも紆余曲折あるのですが、そこは余計なドラマですので全部省略します。
ただ言えることはとてつもなく悪いやつと、とてつもなく無能なやつの間に挟まれ、
非常に無駄な時間を過ごしたことだけ記しておきます。

それはさておき、場所を今の京都コムニタスの場所に決めました。理由は、立地が京都駅に
近いこと。大家さんが目の届くところにいること。家賃が安いこと(苦笑)。
もう一つ重要だったのは、大通りに面しているのですが、入り口から入って、すぐに階段が
あり、少し奥に入ってから塾に着くという構造です。通りに面して、入っていきなり教室
というのは避けたかったのです。やはり生徒にとって非日常空間でないといけません。
大学はたいてい大きな校門の中にあります。このような守られた空間が重要なのです。
この時思わぬところから私を助けてくれる人が現れました。
この方です。
http://www.tokyo-medical.jp/pro.php

その方が、京都コムニタスをこの場所に出すために、金銭面に加えて様々な面で
助けてくださいました。
受けた恩は石に刻めと言いますが、とても大きな恩を受けました。
このような助けがあり、いよいよ京都コムニタスをスタートすることができました。
ただし、スタートしただけでは、何もなりませんので、次回からはスタートから
形になってくるまでのドラマについて語ってみたいと思います。

京都コムニタスの場所が決まり、いよいよ開設準備にとりかかりました。
今の京都コムニタスは2つフロアを使っていますが、当初は一つだけでした。
当たり前ですが、物が何もありませんでした。スタートは自分のいすだけでした。
といっても、リサイクルショップで5千円くらいで買ったものですが。
それでも今も塾内においています。初心を忘れないようにとの願いを込めているつもりです。
それから事務用、授業用の机やいす、本棚、コピー機、ホワイトボードなどをそろえ、
少しずつ形を整えていきました。現在は教室は4つあるのですが、当時は一つでした。
そして、最も大事な生徒の確保ですが、当時キャラバンで教えていた生徒が数名来てくれました。
これは本当にありがたかったです。紆余曲折あり、迷惑をかけたにも関わらず、
ここまでついてきてくれたのです。現在の講師も数名います。いくら教員がいても生徒が
いなければ塾も学校も成立しません。そして、噂をききつけて、また数名が入ってくれ・・
といった具合に少しずつですが、塾の形をなしてきました。そうは言っても、宣伝部門、
事務部門は後から作っていきました。私は基本的に外を走り回ってきた人間でしたので、
外政は自信があったのですが、正直なところ内政にはあまり自信がありませんでした。
これもOBの人たちが、事務に入ってくれるようになり、少しずつ作り上げていくことが
できました。

京都コムニタスの良い点でもあり、弱点でもあるのは、教室にせよ、事務機能にせよ、
最初からすべてがマニュアルが設定されていたわけではなく、必要に応じて、
徐々に変化してきたことです。教室も先述したように一つから、合計四つに増やしました。
その分、悪く言えば統一性がなく、様々な形状の教室になっています。私のこだわりは畳の部屋
です。これはどうしても作りたかったので、少々無理を言って、業者に頼みました。
もう一つこだわりは少人数制ですので、教室を8名収容くらいを限度に間仕切りをしました。
よく言えばバラエティに富んでいます。

事務方も良く言えば、臨機応変の対応をしてきました。できる限り個人対応が私の方針です。
また、できる限りルールを増やさないということも守ってきました。組織のルール設定は
基本的に問題が起こった時に、それに対処するために設定します。そのルールは組織を守る
ためのルールであって、あまり顧客や生徒には利益はありません。私は生徒も含めて
京都コムニタスの組織と見ます。したがって、生徒の利益にならないルール作りは
少々の問題が起こったくらいでは設定してきませんでした。ただ、事務方は大変だったと
思いますが。やはり、個別対応というのは、難しい面が多々あります。一つ間違えると
不公平になります。また全員に対応する時間自体がないこともあります。その場合は
身を削らねばならないこともあります。
しかし、やがては慣れるもので、今ではかなりこなれた個別対応ができていると自負します。

次回最終回です。




******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

合格体験記

受験を志したきっかけ  私は、ここ数年間がん専門病院におい...

U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

インフルエンザ

12月に入りました(入っちゃいました)。当塾の講師がインフルエンザに罹り、出勤ができなくなっています。インフ...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ