コラム

 公開日: 2011-08-17  最終更新日: 2014-02-10

不思議なことを不思議に思う。

不思議という言葉は字面では「思議しない」と書くので
よくわからないことを言葉にしてしまうと、本質を外す
ことを言います。しかし、実際運用されている意味合いは
「疑問に思う」くらいでしょうか。

京都では8月16日は五山送り火です。今年は被災地の
木を薪に使用するか否かで大きく報道され、様々な批判
(結局誰が誰を批判しているのかがさっぱりわかりませんが)
がなされたあと、結局放射性物質が検出されたことで
使用が中止されたことは記憶に新しいところです。
それでも賛否両論は半々だという報道を見ました。
これはある程度仕方ないと思います。我々は放射性物質について
無知なはずです。情報がないのですから、賛否が真っ二つでしょうし、
議論しても視点が多すぎてかみ合わないと思います。
私が学生のころには教科書から放射性物質については
削除されていたそうです。それだけ情報がないのです。

私が「不思議」に思うことは、雑誌記事などでもまことしやかに
「喫煙による発がんリスクよりもはるかに低い放射線被曝
のリスクの方をより心配してしまうのも私たち人間の特徴だ」
(中央公論9月号p.17)
なんてことを「経済学者」が言っていることです。
この経済学者は放射性物質のリスクを査定できるのしょうか?
なぜ喫煙よりもリスクが低いと言い切れるのでしょうか?
身をもって実験したのでしょうか?
それとも誰かの受け売りだけで適当にこんなことを発言したのでしょうか?
だとしたら経済どころか「学者」ではないようにも思いますが。
こういう輩が余計に風評被害を助長してしまうのだと思います。

別にこの経済学者だけに限ったことではなく、「専門外」からの
このような「安全宣言」がやたら多いことが不思議なのです。専門家は
国会でも「危険」を訴えて法整備をするように強く言っているのにも
関わらずです。もちろんいたずらに危険をあおるのも間違っています。
私たちは「わからない」はずなのですから。
原発事故が起きるまで「セシウム」「ミリシーベルト」なんて
誰が知っていたでしょうか?私も生まれて初めてでは
ないにせよ、記憶の片隅にもなく、ほぼ初めて聞く言葉でした。
私はこの「門外漢の安全宣言」が不思議でなりません。
放射性物質の名前さえ今も逐一知らない人が多いでしょうし、
人体で治験できるはずもないのですから、それがどの程度危険なのか、
少なくとも素人が知っているはずがないと思うのですが。
また原発事故で今この瞬間、どの放射性物質がどのくらいの量
撒き散らされているのか、知っている人はどのくらいいるのでしょう?
政府が知っているのかどうかさえも不明です。
中国で電車事故の証拠を隠蔽しようとしたと、日本の報道機関は
鬼の首をとったかのように言いますが、とてもじゃないけど、
他人のことをとやかく言える状況ではないでしょう。
まずは自らの行動や発言を正すべきです。
そんな状況であるにも関わらず、門外漢どもの無責任発言は不思議でなりません。
思議するに値しないようにも思いますが。

仮に門外漢が安全宣言するなら、少なくとも事故現場で数ヶ月暮らし、放射性物質の
検出されたものを食べ、数年後にどうなっているかをレポートして、
初めて聞く耳を持ってもらえる情報になると思います。
もちろんそれでも信用度は低いでしょうし、時間がかかりすぎて役にたちませんが。
それならボランティアに行った方が被災地の役にたつと思います。

無知な者が専門家気取りで分かりもしないことを根拠もなく言い切るのは
やめて欲しいと思います。そんなに言いたければ、自らの身体で実験をし続けて
数年後に言って欲しいものです。ただ、そんなことより、一日も早い根拠ある安全宣言を
被災地域の人々は願っているはずです。正しい情報開示と正確な知識、判断基準を
入手できる制度がすぐに必要なのです。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

合格体験記

受験を志したきっかけ  私は、ここ数年間がん専門病院におい...

U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ