コラム

 公開日: 2011-10-26  最終更新日: 2014-02-12

京都コムニタスでの英語指導方法3

接続詞を掴むという作業は、本来日本語に通ずるものですので、
本当は日本人はそれほど苦手ではないはずなのですが、
例えばwhenを接続詞と認識するのは、あまり得意でない人が
多いようです。whenと見ると、「とき」と条件反射する人が
多いのですが、もちろん不適切です。日本語で考えるならは
when S+Vと来ますので、SがVする時、すると、すれば
くらいの日本語にしておくのが適切だろうと思います。
条件節云々、接続詞ではなく、関係副詞のwhenの使い方など
他にも覚えたいことはあるのですが、まずは接続詞のwhenを
正確に認識することが優先されると思います。

この接続詞が認識できたとして、次に意識する必要があるのは
「目的語」です。私は、これまでの英語教員としての経験から
この目的語認識が、日本人で英語が苦手という人の最大の
難関になっていると考えています。意外にそういうことを指摘する
本は少ないのですが、私がみたところ、ほとんどの人が目的語を
正確に認識できていないと思います。

実はたいていの人はS+Vというセットは認識できます。
しかし、V+Oとなると、途端にセット感覚がなくなります。
言い方を変えるとVとOを切り離してしまうのです。

I play tennis.

という文があります。「私はテニスをする」と訳すことは問題ないでしょう。
そして、IとplayがS+Vの文をつくる関係であることは多くの人は問題なく
わかります。ところがplay tennisもセットですよ、と言われると
理解ができなくなるのです。この現象が目的語を認識しにくくするのです。
そういう人は、目的語といわれると「~を」「~に」と訳すもの
という「なんとなく認識」しかない場合が多いと思います。
この目的語のセット感覚を身につけることが急務になります。

V+Oのセットが理解できたら、目的語理解をもう一つ。
目的語は他動詞か前置詞とセットになります。
よく文法書などでは「他動詞型」とか「前置詞型」などと呼ばれます。
練習する時は、動詞をみて、「自動詞」か「他動詞」かを区別するところから
始めます。(今は句動詞とよばれるものはおいておきます)
自動詞はそれ自体で成立します。主語があれば文が成立します。
例えば、I run はそれで成り立ちます。目的語は不要です。
一般的にこれを第一文型と言います。
他動詞は少し事情が異なって、それだけでは成立しません。
目的語と一緒でなければ成立しないのです。
前置詞も同じです。inやofだけで成立していないのです。
in the parkなどとなって、やっと成立しているのです。
この感覚は日本語にはあまりありません。あえて言えば
助詞です。「は」「が」だけでは何のことかわからないのと
感覚的には似ています。でも文法的には少し異なります。

こうして、目的語を目的語と理解できるようになることは
非常に重要です。目的語が理解できて、初めて「補語」が
理解できるからです。
私の経験によれば、第五文型、つまりS+V+O+Cを瞬時に
それと指摘できる人はほとんどいません。
おそらく10人に1人もいないと思います。この現象は、もちろん
補語を掴む練習をほとんどしてきていないということと、
中学英語であまり補語が強調されないことも原因としてあると思います。

しかし補語は、心ある英語教員であるならば、誰しもが重要なものと言うと
思います。私はとりあえず入試における文法の完成は補語が
確実に理解できるようになることと言っています。
補語について、私は重要視しています。
補語には二種類あり、一つは主格補語、
もう一つは目的格補語です。主格補語は、
「主語とはつまり~である」ということです。
目的格補語は、「目的語とはつまり~である」
ということです。主格補語については、実は
多くの人が見極められます。主語が全くわからない
という人は少ないため、あまり補語という概念が
わからなくとも、大きな間違いをしません。
しかし、目的格補語については、目的語の補足語ですので、
目的語が正確に理解できていないと、補語もわからない
仕組みになっています。例えば
of Botox, a poison
と出たとします。これはBotoxがofの目的語であり、
a poison がその補語になります。だから
「ボツリヌス菌、つまり毒」ということになります。
これを後ろからかけて「毒であるボツリヌス菌」とも
訳せますが、補語の理屈が理解できていないまま
そのように訳す癖がついていると、必ず限界がきます。
可能な限り、後ろからかけずに前から目的語と補語の関係を
理解することが必要です。

以上で京都コムニタスにおける英語指導の半分である文法編を
終わります。次は内容理解について少し述べていきたいと思います。




******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

合格体験記

受験を志したきっかけ  私は、ここ数年間がん専門病院におい...

U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

インフルエンザ

12月に入りました(入っちゃいました)。当塾の講師がインフルエンザに罹り、出勤ができなくなっています。インフ...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ