コラム

 公開日: 2012-02-23  最終更新日: 2014-02-20

非行が抱える発達の課題-振り返り

2月19日の講演会の振り返りをしたいと思います。
この問題は非常に難しい問題で、言葉の使い方にもかなり気を配らないと、
余計に真意が伝わらないことがあります。石附先生はそのような問題を
わかりやすく丁寧に講演してくださいました。できるだけ、それを損ねないように
要旨をお伝えしたいと思います。

まず、最初に注意点が提起されました。それは簡単に「発達障害」という
言葉を使わないことです。障害という言葉は、我々の目線から見た言葉であって、
それを使う我々は、その言葉が一人歩きしないように気をつける必要があるのです。
ただし、やはり、発達障害とされる人々は、この社会で生きていく上で生きにくさを
感じていることは確かです。そして、この現代社会の複雑なシステムはどんな人間にも
生活しにくい方向に向かっていると思われます。そして「現代を生きる少年の心性」
として「自己評価が低い」「自信喪失」「自己価値観の低下」があるということでした。
そして日本人は「私は自分に大体満足している」yes回答 
アメリカ53,5%、中国24,3% 日本9,4%
「私は他の人に劣らず価値ある人間である」yes回答 
アメリカ51,8% 中国49,3% 日本9,4%

という数字が示されました。これは極端に低いと思います。
そして現代社会の子どもは能力至上主義で大器晩成が通じず、多くの子どもは競争から洩れ、
自己中心的な状況に逃げ込むという傾向の指摘もありました。ただ、決して競争について
否定されたわけではなく、様々な競争があって然るべきなのにも関わらず、競争と言えば
学力の競争に特化しているところに問題があるということでした。
これは私が思うに親の考え方に依る部分が大きいでしょう。私が京都コムニタスを
立ち上げたきっかけは、
「勉強するのははいつからでも遅くない」
「「良い」大学に行きたければいつからでも行ける」
という考えもありました。しかし、親の多くは、
「18歳で良い大学に入らねばならない」という強い思い込みはまだ根強くあるようです。
私もたまに問い合わせでそのような質問を受けることはありますが、この世代の
子どもさんを抱える親の方には私の考えはなかなか受け入れてもらえない場合が
多いと思います。しかし、いわゆる一流大学に18歳で現役合格したとしても優れているのは
その時までのことで、合格は決してその後を担保してくれるものではないのです。
結局大学生活で何をするかが大事なわけで、入って出ることが大事な時代ではないのです。
そろそろ考え方を変える必要があると思います。

ここまでは、現代社会に生きる子どもの問題でした。
そして、講演はここから非行の問題に移ります。非行臨床は石附先生のご専門とされる分野です。
非行という言葉は二十歳未満に適用されます。最近の非行の特徴として、
「突発型の増加」「脱集団化傾向」「「絆」の喪失」「群れない」「組織できない」
このようなことが指摘されました。そして、
「結果としての凶悪化」「経験不足」「自己制御力や想像力、シュミレーションする力の低下」
につながっていくということでした。
確かに言われてみればその通りで、私たちが子どもの時に比べて、善悪問わず「組織」が
減ったと思います。私がいた中学には本当か嘘か知りませんでしたが自称「番長」がいました。
一応組織らしきものがあったらしいということは記憶しています。
しかし、いずれにしても子どものうちから何らかの組織に属し、徐々に社会生活を学び、
その過程でけんかもすれば、良いことも悪いこともし、連帯責任をおうことも覚えていくのが
通常でした。しかし、今はそのようなプロセスを経ずに成人になることが増えてしまっている
ということでした。これは明らかに大人に問題があるのでしょう。押さえすぎると、
結局結果として加減や善悪判断が身につかず、本人の気付かざるところで非行になってしまう
という環境ができてしまっている可能性があります。
それでは、その意味での非行が生じる環境下で、発達障害のある子どもはどのように育っていく
のかという問題があります。それより先に我々が発達障害についてどのように捉えるべきであるか、
その点についての指摘がなされました。

発達障害とは、精神遅滞をはじめ学習障害、注意欠陥多動性障害を含む大きな概念であると
定義されました。人は誰でもなんらかの偏りがあるもので、この偏りが多様なあり方を
可能にします。しかし、
「こだわりや刺激への敏感な反応は発達障害とされ、社会の制度に収まらないあり方が認められない」
という指摘がなされ、社会の有り様も重要だとの指摘がありました。その上で
「発達障害は人が自分のなかにある部分に有する生来的な「発達の偏り」である」
と再度規定されました。
そして問題は
①発達障害という病気があるように捉えること
②発達障害に関する援助者が「関係性」と「発達」の理解不足。
支援によって自分のなかにある発達の傾向や偏りをうまく織り交ぜて
「自分」をつくることが生きることである。長期的な視点が必要。
③発達障害と診断されて障害のみに目を向けること。
生き難さを抱える人々の傷つきや痛み、悲しみ、孤独感、絶望という気持ちへ
の細やかな心遣いが心理的援助の原点
と、指摘され、「発達障害が非行犯罪と必ずむすびつくわけではない」と述べられました。

結局、発達障害と犯罪を短絡的に結びつけてしまうのは、社会や、そこに属する
我々の偏りに他ならないのかもしれません。この講演を聞かせていただいて、
つくづく感じたのは、発達障害であろうとなかろうと、人との出会いは、人生の中で
非常に大きなウエイトを占めるということです。
仮に同じ医師から同じ発達障害という診断を受けたとしても、出会う人によって、
その部分を「特徴」と捉えられて肯定されるか「欠点」と捉えられて否定されるかで、
その人の人生が変わる可能性が高いと思いました。他者次第という言い方は
語弊があるかもしれませんが、私たちがその他者になる場合はよく考えた上での
関わりが必要なのだと思います。

発達障害と一口に言っても実は非常に多くの種類があります。それらの一つずつを
丁寧に説明いただきました。このような発達障害者に対して支援をしようとする法律が
発達障害者支援法(2004年4月施行)です。これは、「知的障害者支援法を補うもの、
対象は自閉症のうち知的障害を伴わないもの、アスペルガー症候群、学習障害、
注意欠陥多動性障害などこれまでに基本的に障害者福祉の枠組みからはずれていたもの。
知的障害者については「知的障害者福祉法」などの法律がすでに制定されているから
除外されている、精神遅滞と発達障害との関係にはこの経緯を理解する必要がある」。
以上のような解説がありました。
その上で、発達障害と非行の関係について、慎重な説明をつけていただきました。
そして最後に、子どもの自尊感情を妥当に育てていくことが発達支援の重大な
目標であり二次障害を予防することにつながる。
という重要な指摘をいただきました。
質問タイムの時には、東日本大震災の被災地での臨床心理士の活動について
お話いただきました。今、国家資格問題が動き出していますが、
今回お話いただいた発達障害に対する支援に対するニーズは非常に多いそうです。
やはり変化に対しての適応が困難な子どもが多いのは否めないのですが、これから
復興をするにあたり、それはそれでまた大きな変化になります。発達障害に限らず、
子どもにとって負担が増えることは確かです。このような場において、臨床心理士の
専門性が改めて求められているのです。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム "

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

12月の勉強方法

昨日も書きましたが、12月に入りました(入っちゃいました)。もう師走で、今月も、あっという間に終わり、2017年...

[ 勉強方法 ]

インフルエンザ

12月に入りました(入っちゃいました)。当塾の講師がインフルエンザに罹り、出勤ができなくなっています。インフ...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ