コラム

 公開日: 2013-02-22 

教師が生徒の能力を引き出すコツ1

私は教師という仕事を20年近くしています。
自慢にはなりませんが、公教育以外では
様々な形態の教育に携わったつもりです。
今は当塾と大学で教育活動をしていますが、
その他にも様々足を運んでいます。
常にどこかで誰かに何かを教えているような気がします。

公教育に関わらなかったのは、ろくでもないからです。
誰がとか、何がとか言えるレベルではなく、何もかも
どうしょうもないからです。未来も将来もないからです。
この公教育の普通科とやらは、どうやら大学に進学する
ことのようですので、大学教育には強い関心があります。
個人的にはまだまだ未来があると思っています。

そんなこんなで、大学入試までの教育とは一切縁を切って
京都コムニタスを立ち上げたのですが、私が教師として
最初から今に至るまで最も重要と考えてきたことは
生徒の今ある能力を全部引き出すことです。
このマイベストプロ京都の取材を受けた時も、そのように
答えています。イメージは古いですが、ドラゴンボールの
ナメック星人の最長老です。
(分からない人もいるでしょうか?マンガです)
その人?は潜在能力を手かざしだけで引き出せるという
能力を持っていました。さすがに私はそれはできませんが、
「能力を引き出す」という意思を持って、生徒に接するのと
「授業をする」という意思を持って生徒に接するのとでは
大きな差が生じます。

自慢になるかどうかわかりませんが、私自身昔から、
「授業がわかりやすい」とよく言ってもらってきました。
それで自信をつけてきた部分もあります。しかし、単に人気商売の
講師業をしている時はそれでよかったのですが、本当に生徒の
役にたっているかというと、かなり疑問があります。

大手予備校でマイクを使って授業をしている時は、ほとんど
タレントと同じです。見栄えの良いスーツを着て、髪の毛も
毎月散髪に行き、常に自分ばかり見ていたように思います。
もちろん目線は明らかに逆です。自分など見ても本当は生徒には
意味をなしません。この業界のやっかいなところは、
「結局最後は自分次第」
という言葉を予備校側が使うことです。だから(当時の)予備校としては
人気さえあればどんな講師でも良かったのです。人気さえあればクレームが
つきにくいからです。人気さえあれば、少々のヘマがあっても、
生徒の側が持ち上げてくれるのです。変な話ですが、私はその意味で
人気はあった方だと思います。だから時給1万円もらっていたこともあります。
一方で人気がなければすぐにクビになるのもこの業界の特徴です。
私とて切られたことがないわけではありません。
(そう解釈をしているということです。)
だから余計に講師はタレント化してしまうのです。
実際スタイリストがついている有名女性講師もいましたし。
しかし、これは教育ではありません。
歌手が歌うのと同じです。エンターティメントのような体に
なってしまうのです。当たり前のことですが、教師は教師としての
仕事をしなければなりません。しかし、当時の予備校講師たちと
話しても教師としての仕事について、明確に言える人に出会ったことは
ありませんでした。予備校講師の多くは、実は「腰掛け」です。
有名大学を出ている人が多いですので、将来研究者になりたいだとか
就職するまでのつなぎだとかといった意識の人が大半でした。
もちろん、私にもそういう意識があったことは否定しません。
だから、タレントとしての演目授業は熱心にするのですが、
自分なりの教育がどのようなものかについて哲学を持っていないため
生徒に関心を持っている人がほとんどいませんでした。
名前を覚えると情がわくので、一切覚えないと豪語する者もいました。

私はこのような経験から、教師としての仕事を一つ定めました。
それが、生徒の能力を引き出すということです。ではどうやって
引きだそうとするのか。この点については次回。


大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
http://www.kyoto-com.net/
info@kyoto-com
公式ブログ
http://s.ameblo.jp/kyotocommunitas/
看護学校進学部
http://s.ameblo.jp/communitas-nurse/
大学院&大学ネット
http://www.keikotomanabu.net/college/000177 5298/0001775298.html
龍谷ミュージアム
http://museum.ryukoku.ac.jp/index.php

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

「何が言いたいかわからない」「何がしたいかわからない」からの脱却

私たちが手がける入試にかかわると、必ず直面する問題がこれです。言いたいことを言う場合は、それが伝わらなけれ...

[ 勉強方法 ]

合格速報ー臨床心理士指定大学院 兵庫教育大学大学院 夜間クラス

臨床心理士指定大学院、兵庫教育大学大学院夜間クラスで合格者が出ました。夜間クラスは、主に社会人が受験します...

[ 塾生 合格者 卒業生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ