コラム

 公開日: 2013-10-23 

形骸化の危険性

つい先だって怒り任せの愚かな行動などというコラムを
書いたばかりで申し訳ないのですが、
怒り心頭に発するとはこのことだという出来事がありました。
REBTの講義などもありましたので、何とか
処理して今に至っています。

大学での講義のことですが、最近の大学では、テストの採点に
疑義申し立てができます。私はこれ自体は良いことだと
思っています。教員にもミスがあるでしょうし、
学生が、仮に必死に取り組んだのであるならば、
リスクがあってもチャレンジすることは、決して間違っていません。
しかし、私に出された疑義とは、要約すれば
「私はインターネットで調べたから、回答に間違いはない。
故に80点以上あるはずだから、75点を採点しなおせ」
ということです。呆れてものが言えないとは
このことですが、まぁ、最近はそんなことくらいで
驚いていては教員などできません。
当然、採点を覆すことはなく、3000字程度で、
自分の採点が妥当であることと、インターネットを
根拠に申立書を書くなどあってはならないということを
諭す内容を書き、提出しました。

本件で私が驚いたのは、生徒に対してではなく、
事務がこの申立書を「受理」したことです。
(怒りがこみ上げたのは、その時の事務方の対応です)
その旨を事務方に聞くと、
「どんな書類であっても全部受理します」との返答。
「それは受理とは言わんでしょう。ということは
事務方はインターネットを見たから点数を上げろという
主張を容認するということですか?」
「・・・・・・その件につきましては時間をください」
「では、100人くらいが徒党を組んで、インターネットを
根拠にチャレンジしてきても、全部受理するのですか?」
「その件も時間をください」

言いたいことは他にも山ほどあるのですが、本件をあまり
表沙汰にはして欲しくなさそうなので、一部だけにしておきます。
しかし、このやりとりだけを見ても、事務仕事が形骸化している
ことがわかります。
「受理」の言葉の意味を全く理解していない人間が
受理なんてしてしまうと、とんでもない事態を招きかねません。
受理印だけつけば受理したことになると考えているならば
インターネットを根拠に点数を上げろという学生と
頭の中味は同じでしょう。「常識の問題」です。

事務というのは、本来、ネガティブ思考が強く、常に最悪の事態を
想定して仕事をするものです。だから、本件で言うならば、
受理してしまった場合、最悪どうなるかという想定が必要なのです。
それにもかかわらず、「全部受理する」とは、もはや事務ではありません。
また、当然、公平を期して仕事をするのも事務の役割です。
さらに前例を作るのも事務の仕事です。良きにつけ悪しきにつけ
事務は前例主義です。それは否定しません。しかし、悪しき前例を
平気で作ってしまう事務の体制は、もはや、崩壊前夜と言えるでしょう。
それでなくとも組織が腐敗していくと、その中にいる人間は
自分たちのことしか見えなくなり、自分たちを守るための
ルールを作り、そして自爆するのが世の常です。
少しでも形骸化を防ぐ努力をして当たり前のはずです。

しかし、事務は組織の中でも最も重要なポジションでもあります。
だから私は京都コムニタスの事務方には、形だけの仕事をしないように
常に伝えています。上っ面の仕事しかしなくなると、柔軟性がなくなり
中味のない、仕事のための仕事になってしまいます。
だから私は、事務方には常に自分たちの負担を減らすためのルールを
作ってはならないと言っています。ルールを作る時には、100%
生徒のためになると確信がある時だけとしています。そうでないなら
わざわざルールを作らなくとも、個々で対応すれば良いという
考えに基づいています。
組織が大きくなるとそうもいかないのでしょうが、
あまりに形骸化しすぎて、無責任な事務が大学を運営すると
ろくなことにならないのは明白です。誰かが警鐘をならさないと
いけないはずですが、もはや手遅れな気もします。


大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部
リクルート大学院&大学ネット
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

京都コムニタス [ホームページ]

塾講師 井上博文

京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL:075-662-5033

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
合格者の声

私がコムニタスに入塾したのは大学3回生の10月でした。大学では法学部に所属しており、心理学に転向することに不安しか抱いていませんでした。塾を選ぶ時は自転車で通え...

臨床心理士指定大学院取材

臨床心理士指定大学院取材-京都光華女子大大学院取材者:京都コムニタス塾長2011年5月12日に京都光華女子大学大学院の臨床心理士指定大学院にインタビューをさせて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
大学院・大学編入受験専門塾「京都コムニタス」塾長 井上 博文(いのうえ ひろふみ)さん

大学院・大学編入受験合格後を見据えた指導が評判。大人が勉強できる塾です(1/3)

 JR京都駅から歩いてすぐのところに、大学院・大学編入受験を専門とする塾「京都コムニタス」はあります。塾長の井上博文さんは「大人になってから勉強を始めても決して遅くはありません。むしろ、大人になってからの方が中身の濃い勉強ができるはずです」...

井上博文プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

確かな観察眼で生徒の能力を余すところなく引き出せる

会社名 : 京都コムニタス
住所 : 京都府京都市南区東九条西山王町11 白川ビルⅡ402 [地図]
TEL : 075-662-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

京都教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 教育臨床心理学コース 合格

私は10年間社会人を経験しました。数年前から臨床心理士にな...

Kさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コムニタスという名称について

最近よく「コムニタス」とはどんな意味ですか?と質問をしていただきます。私としてはちょっとうれしい質問です...

[ 京都コムニタス設立の理念 ]

京都コムニタスの特長

最近、他職種の人や、新規の問合せを頂いた方々から質問され、あらためて京都コムニタスの特長や利点を考えてみま...

[ 京都コムニタスとはどんな塾か? ]

京都コムニタスの利点ー京都駅前立地
イメージ

ものすごくベタな表題ですが、最近よく質問を受けますので、お答えしたいと思います。今回は塾の中身ではなく、...

[ 大学院受験、大学編入受験予備校の選び方 ]

うまくいく人とうまくいかない人

今、必修の授業では、志望理由書や研究計画の解説に加えて、自己アピールとセルフヘルプについて話しています。時...

[ 思考方法 ]

看護の小論文で問われやすい問題
イメージ

京都コムニタスは社会人の看護学校受験を手がけていますが、よく小論文が出題されます。看護系小論文の出題パター...

[ 社会人の看護学校受験 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ