プロTOP:三上隆プロのご紹介

円満な相続をサポートし、人と人の絆を守る行政書士(1/3)

相続・遺言の相談と手続きのプロ 三上隆さん

細やかなアドバイスで相続・遺言の悩みに応える

 「『たいした財産を持っていない』『遺言書を書くにはまだ早い』という理由で遺言書を書かない方もおられますが、遺言書のない相続は、争いやもめ事につながることがあります」。明るい笑顔と優しい語り口調が印象的な行政書士の三上隆さんは、相続手続きや遺言書の作成などを支援する「相続まちの相談室」を京都市伏見区で開設しています。

 業務を“相続”に特化して専門性を発揮し、個人事務所ならではの柔軟で細やかな提案を強みとしています。三上さんが目指すのは“どこよりも相談しやすく、安心して任せられる行政書士”。依頼を“業務”として機械的にこなすのではなく、依頼者と信頼関係を構築し、その要望に耳をかたむけ寄り添うことを心掛けているそうです。

 また、相続には必ずついてまわる税や登記の手続きについても、相続に強い司法書士や税理士と連携して対応。各専門家の窓口となり、相続から派生するさまざまな悩みを1つの窓口でサポートする体制を整えています。

 遺言書がない状態での相続は、遺産の分割をめぐり相続人同士で争いが起きることがあると表情を曇らせる三上さん。「遺言書が無い場合の “遺産分割協議”は、全員が合意するまで完了しないため、折り合いがつかず人間関係がこじれてしまうことも少なくありません」

 相続によって家族や親族の絆が壊れてしまうことを防ぐため、依頼者のみの利益を考えるのではなく、全ての相続人の架け橋となり円満な解決策を探ることに力を注ぎます。「例えば、家を相続する場合は、相続人全員が合意をしないと家の名義変更はできません。合意を促す書類が、もし相続人の方にいきなり送られてくると、普通は驚かれるでしょうし、それだけで人間関係が損なわれてしまう恐れもありますので、私が必ず対面でご説明しています」。依頼者(相続人の一人)だけでなく、全ての相続人に三上さんが会い、全相続人の声を踏まえた上で、遺産分割協議書の案を作成・修正する方法を提案しているそうです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 1組1時間の無料相談会で悩みや疑問にじっくりと対応

三上隆プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

無料相談会を定期的に開催し、相続・遺言に関する悩みに対応

事務所名 : 相続まちの相談室/行政書士 三上隆事務所
住所 : 京都府京都市伏見区村上町376番地 パルコート伏見桃山605号 [地図]
TEL : 0120-15-2879

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-15-2879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上隆(みかみたかし)

相続まちの相談室/行政書士 三上隆事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
優しい遺言書のつくり方 ~その2~

 皆様、こんにちは。 前回は、以前につくられた遺言書との関係、財産を「誰に、どのように引き継いでもらうの...

[ 遺言書 ]

優しい遺言書のつくり方 ~その1~

 皆様、こんにちは。 『相続まちの相談室』の行政書士・三上隆です。 今回は、遺言書のつくり方をテーマ...

[ 遺言書 ]

遺言書は本当に必要?

 皆様、初めまして。 『相続まちの相談室』の行政書士・三上隆です。 私は、相続や遺言を専門とさせていた...

[ 遺言書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ