コラム

 公開日: 2017-11-14  最終更新日: 2017-11-19

優しい遺言書のつくり方 ~その1~

 皆様、こんにちは。
 『相続まちの相談室』の行政書士・三上隆です。

 今回は、遺言書のつくり方をテーマとさせていただいております。
 まずは、遺言書の種類につきまして、簡単に触れておきます。

 よく用いられる遺言書は、下記のどちらかです。
 ▶「自筆証書遺言」 遺言者さまが自ら書かれるもの
 ▶「公正証書遺言」 遺言内容を決め、遺言書自体は公証役場で作成してもらうもの
 (他はあまり用いられておりませんので、割愛させていただきます)
 
 今回は、「自筆証書遺言」(以下、遺言書とします)についてお伝え致します。
 皆様よりお伺いする、遺言書についてのご質問は、
 ・どのように書いたらいいの?(書式がわからない)
 ・何に書いてもいいの?(どこかで用紙が買える?)
 ・自筆証書遺言でも、その有効性は大丈夫なの? 
  などという、お声です。
 
 現在では、「エンディングノート」など、遺言書に関する書籍もたくさん出版されておりますが、たくさんありすぎてどうもわからない、ということもあるのかもしれません。
 また、遺言書を書いたり、見たりする機会が多い方はあまりおられないでしょうし、きっちりとした契約書のような厳密な書式でないといけない、と思っておられる方も多いと思われます。
 
 遺言書の書き方に関して、法律の規定では下記の4つがあります。
 ①すべて自筆(印字は不可)であること
 ②署名・押印があること
 ③日付があること
 ④遺言者は15歳以上で、遺言能力があること

 ②の押印は、印鑑の種類に規定はありませんが、100円ショップの認印やシャチハタでは、後から本当に本人が書いたものか、本人性を否定される原因にもなりますので、実印かそれに近い印鑑を用いる方が無難です。
 ④の遺言能力とは、「本人が遺言書の内容を理解して書いたかどうか」ということですので、認知症になっておられた方の場合、たとえその当時はごく初期であっても、遺言書が否定される場合があります。

 ①~④以外は特に規定がありませんので、用紙も書き方も自由です。
 その為、「だから余計にわからない」ということかもしれませんので、もう少し具体的な項目を考えてみましょう。

遺言書に記載した方がよい項目とは

①過去の遺言書の有無について 
 以前に遺言書を書いたことがある方の場合、時間の経過と共に、遺言書の内容と現在の状況に違いが出てきますと、もう一度書かれる(加筆や修正も含めて)ことがあると思います。
 ご自身が亡くなられてから、内容の異なる新旧の遺言書が出てきた場合、遺されたご家族は、本当の遺言内容が何なのか、よくわからない場合があります。
 それを避けるために、旧の遺言書は確実に破棄し、新しい遺言書にもその旨を記載した方がよいと思われます。

※具体的には、「遺言者はこれまでの遺言をすべて撤回し、改めて以下の通り遺言する」などです。

②ご自身の財産の具体的内容と、誰に遺そうと考えているのか
 一般的には、預貯金や現金、ご自宅などの不動産を誰にどのように引き継いでもらうか、記載をする訳ですが、預貯金や現金以外の財産については、その評価(お金に換算した額)が異なるのが普通です。
 
 例えば、2棟の不動産を子供2人にそれぞれ1棟ずつ遺される、という場合でも、その不動産の評価や条件に違いがある場合や、評価が低くても「不動産よりも預貯金の方がいい」と思われた場合、それだけで不公平感を感じられることがあるかもしれません。
 
 また、不動産はご自宅のみという場合、ご自宅以外に財産が他にもあれば、そちらを遺すこともできますが、そうではない場合は、「誰にどのように引き継いでもらうのか」ということを、検討をする必要があると思われます。
 
 仮に遺言書が無い場合、相続人さま同士で不動産の引き継ぎ方を話し合う場合、下記の4つから選択することになります。
 ア、現物分割 実際に分筆をして、分けるやり方です。
 イ、代償分割 代表の方が相続され、その方から他の方へ金銭を支払い、相続した金銭価値を等しくするやり方です。
 ウ、換価分割 売却をして、その代金を分けるやり方です。
 エ、共有分割 複数の方で共有名義にするやり方です。

 相続人さまが複数の場合、「ア、現物分割」、「ウ、換価分割」となりますと、まだ誰かが実際にお住まいの場合や、費用・時間がかかる、ということを考えると、現実的ではない場合が多いと思われます。
 また、「エ、共有分割」で均等に共有ということもできますが、そうなると全員が合意をしないと、その不動産の売却などが出来なくなりますので、その後の相続人さま同士の関係に変化が生じた場合、揉め事の原因となることがあります。
 
 上記のような理由から、「イ、代償分割」という分け方が一番不公平感も少なく、問題が起きにくいと思われますが、代償に用いる金銭(代償金と言われます)を、相続された方が用意する必要がありますので、それが難しい場合はこちらは選択できないことになります。

 このように、相続人さま同士でその分割方法を考えた場合、あらかじめ準備が必要な場合もありますので、ご自身の亡くなられた後で、相続人さま同士が揉めてしまう原因とならないよう、ご家族の関係やこれまでの状況などを考えられて、現実的・物理的に分けられない財産は出来るだけ共有を避け、「誰に遺すのか」、「なぜそのようにしたのか」、という”ご自身の想い”を、明確に記載した内容で検討されることをお勧め致します。 
 
※不動産は配偶者、預貯金が長男とした場合の一例です。
 「妻〇〇には、下記の不動産を相続させる」として、不動産の詳細を登記簿謄本の通りに記載します。
 「長男〇〇には、下記の財産より、債務・費用を支出または控除した後、その残余財産を相続させる」として、預貯金の詳細と、債務・費用の詳細を記載します。
 この際、金融機関名・支店名・口座番号のみを記載し、残高の記載までは不要です。 
 

 次回は、「優しい遺言書のつくり方~その2~」をお伝え致します。
 よろしくお願い致します。

この記事を書いたプロ

相続まちの相談室/行政書士 三上隆事務所 [ホームページ]

行政書士 三上隆

京都府京都市伏見区村上町376番地 パルコート伏見桃山605号 [地図]
TEL:0120-15-2879

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
相続・遺言の相談と手続きのプロ 三上隆さん

円満な相続をサポートし、人と人の絆を守る行政書士(1/3)

 「『たいした財産を持っていない』『遺言書を書くにはまだ早い』という理由で遺言書を書かない方もおられますが、遺言書のない相続は、争いやもめ事につながることがあります」。明るい笑顔と優しい語り口調が印象的な行政書士の三上隆さんは、相続手続きや...

三上隆プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

無料相談会を定期的に開催し、相続・遺言に関する悩みに対応

事務所名 : 相続まちの相談室/行政書士 三上隆事務所
住所 : 京都府京都市伏見区村上町376番地 パルコート伏見桃山605号 [地図]
TEL : 0120-15-2879

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-15-2879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上隆(みかみたかし)

相続まちの相談室/行政書士 三上隆事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
優しい遺言書のつくり方 ~その2~

 皆様、こんにちは。 前回は、以前につくられた遺言書との関係、財産を「誰に、どのように引き継いでもらうの...

[ 遺言書 ]

遺言書は本当に必要?

 皆様、初めまして。 『相続まちの相談室』の行政書士・三上隆です。 私は、相続や遺言を専門とさせていた...

[ 遺言書 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ