コラム

 公開日: 2018-06-21  最終更新日: 2018-07-05

相続の現場から ~相続人の方々との出会い~

 皆様、こんにちは。
 今回は、私が相続のお手伝いをさせていただく場面におきまして、感じたことなどをお伝えしようと思います。
 
 相続手続きのご依頼をいただきますと、ご依頼者さま以外の相続人さまを訪問させていただくことになります。
 亡くなられた方の相続人がお1人でない限り、遺産分割協議書を作成し、それに基づいて相続手続きを行っていくわけですが、ご依頼いただく相続には、ご依頼者さまと他の相続人さまのお住まいが遠く離れている、あまりお付き合いがない、などという場合もあります。

 その相続人さまをご訪問して、相続についてのご説明をする訳ですが、訪問に際してはお約束をさせて頂いた上で、お伺いするばかりではありません。
 事前にお手紙などはさせて頂くのですが、特に最初のご訪問はお約束がない状態でお伺いさせていただくこともあります。

 ご依頼者さまから、訪問先の相続人さまの事をお聞かせいただく場合もありますが、出来るだけ先入観をもたないように訪問させていただくことを心がけています。
 特に、依頼者さまと相続人さまとのお付き合いがあまりない時ほど、そのように意識します。

 相続人の方々には、依頼者さまよりご依頼をいただいた事で、訪問をさせていただくことになる訳ですが、相続の協議内容は依頼者さまが決める訳でも、もちろん私が決めるものでもありません。
 求められれば、アドバイスなどはさせていただきますが、それをふまえて最終的に決定されるのは、相続人の皆様です。
 
 私は、それが円滑にすすむようにお手伝いをさせていただいているにすぎません。
 その為、依頼者さま側の代理人ということではなく、訪問させていただく相続人の方々にも、相続に対する委任をいただき、特定の誰かの為の相続ではない、ということをお伝えさせていただいております。
 

初めての訪問

 誰でも、初めて会う方に対して、「その方がどういう方なのか」という事は、すぐにはわかりません。
 ましてや、事前のお約束がない状態でお会いした場合、驚かれたり、疑念や警戒をもたれる場合もあることでしょう。
 
 相続人の方々と初めてお会いする時、私は相続の内容や自分の説明をするより、出来るだけその相続人の方の事を教えていただければ、と思っています。
 相手の方の事を少しでも教えていただくことが出来れば、自分の事も少しでも知っていただけると思いますし、それによって当初にもたれた疑念や警戒のお気持ちも、少しは違うものになると信じているからです。

 先日も、相続人さまにお会いする為、東海地方のある県まで行く機会がありました。
 その方からは、有難いことにお手紙に対してご連絡をいただき、日時をお約束してからお伺いできたのですが、もしそうでなければ、お約束なしで訪問をさせていただくところでした。
  
 初めてお会いしたその方は、初めての訪問で多少の戸惑いをみせながらも、私に気を遣って下さって、ご自分のことをいろいろとお話して下さり、短い滞在時間でしたが、最後には次回の訪問のお約束もして下さいました。
 
 相続人の方と、初めてお会いする時には、お住まいが近くても遠くても、ご年齢がいくつの方であっても、少しばかり緊張を致します。
 時には、すぐにお話をしていただけなくて、何度か足を運ばせていただき、ようやくご挨拶が出来た方もおられます。

 それでも、最終的に相続のお手伝いが完了して、ねぎらいや感謝のお言葉をいただいたりしますと、最初の緊張した気持ちが少し報われたような気持ちになります。
 「出会い」といいますと、少し大げさかもしれませんが、お住まいやご年齢の異なる方と、少しの間でも関わらせていただけるという事は、何かご縁が出来たようで、本当にうれしく思います。

 相続といいますと、「誰がどのくらい相続出来るのか?」などという事が注視されがちですが、そこに至るまでの過程として、相続人の方々との出会いがあります。
 これまであまりお付き合いがなかった相続人の方々にとっても、もちろんの事だと思われますが、私にとっても大切な時間となっています。

この記事を書いたプロ

相続まちの相談室/行政書士 三上隆事務所 [ホームページ]

行政書士 三上隆

京都府京都市伏見区村上町376番地 パルコート伏見桃山605号 [地図]
TEL:0120-15-2879

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
相続・遺言の相談と手続きのプロ 三上隆さん

円満な相続をサポートし、人と人の絆を守る行政書士(1/3)

 「『たいした財産を持っていない』『遺言書を書くにはまだ早い』という理由で遺言書を書かない方もおられますが、遺言書のない相続は、争いやもめ事につながることがあります」。明るい笑顔と優しい語り口調が印象的な行政書士の三上隆さんは、相続手続きや...

三上隆プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

相続・遺言などの悩みに、じっくりお話を伺って丁寧に対応します

事務所名 : 相続まちの相談室/行政書士 三上隆事務所
住所 : 京都府京都市伏見区村上町376番地 パルコート伏見桃山605号 [地図]
TEL : 0120-15-2879

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-15-2879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上隆(みかみたかし)

相続まちの相談室/行政書士 三上隆事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
相続の現場から ~私は相続人ではないの!?~
イメージ

 今回は、「数次相続」と「代襲相続」に関しまして、具体的な事例に沿って、お伝えさせていただきます。  ...

[ 数次相続、代襲相続 ]

「やさしい遺言書のつくり方」長岡京市立中央公民館・市民講座のお知らせ
イメージ

 皆様、こんにちは。 今日は、長岡京市立中央公民館主催の市民講座におきまして、「優しい遺言書のつくり方」...

[ 遺言書 ]

公正証書遺言書 ~公証人費用、証人、必要書類や遺言執行について~
イメージ

 今回のテーマは公正証書遺言書です。 遺言書のご相談をお伺いするなかで、「自筆証書遺言書」との違いや、...

[ 公正証書遺言書 ]

お知らせ ~京都ミニマルハウス「蛍庵-別邸」~

 私が顧問をさせていただいております、「建築設計事務所 株式会社ゆずデザイン」様プロデュースの~京都ミニマ...

[ ミニマルハウス ]

相続税について ~不動産の評価方法~
イメージ

 皆様、こんにちは。 今回は相続税における、不動産の評価方法につきまして、もう少しお伝えさせていただきま...

[ 相続税 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ