コラム

 公開日: 2017-09-27 

設計事例紹介:旧街道筋に建つ超省エネの高断熱住宅 vol.2

大阪市 N邸 温度測定


前回のコラムに登場しました大阪市のN邸ですが
7月15日から8月15日の1ヶ月間、温度測定をしましたので
その結果をご紹介したいと思います。

温度測定といっても、私たちが温度を測りに行くわけでも、お客様が温度計を確認するわけでもありません。
あらかじめ決めておいた場所に「温度データロガー」と呼ばれる機械を設置するだけです。
機械が自動的に計測・保存をするため、私たちは計測後の機械をパソコンと繋ぐだけでデータを取得する事ができます。

弊社では設計した住宅の夏と冬の最低2回は温度測定を行い
その結果を基に、お客様へ高断熱住宅の暮らし方の提案をしています。


さて、本題の温度測定の結果ですが
分かりやすくグラフにしたものが下の画像になります。



一番上の水色の線が屋外温度になります。
約26℃から36℃の間で推移しています。

その下で固まって動いている6本の線が屋内温度になります。
こちらは約24℃から28℃の間で推移しています。
各部屋ごとに見てみると、約3℃差の中で推移しています。

屋外温度の影響は多少ありますが、温度が安定していることが分かります。

高断熱住宅は、そうではない住宅に比べて温度差を少なくする事ができます。
温度差は快適性とも密接に関係しており、快適な住まいとするための重要な要素です。
これから住宅を建てられる方やリフォームをご検討の方は
デザインと同様に温熱環境(温度差)についても考えてみてください。


弊社では、デザインだけではない、機能性だけではない
そんな住宅設計をしています。

ホームページには、他の高断熱住宅の事例も載せています。
是非、アクセスしてみてください。
http://www.miyai-ap.com/

この記事を書いたプロ

有限会社 宮井建築設計事務所 [ホームページ]

一級建築士 宮井泰造

京都府京都市下京区四条大宮町21番地 新三虎ビル4階 [地図]
TEL:075-802-0321

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高断熱・高気密住宅のプロ 宮井泰造さん

消費エネルギー1/3以下で1年中快適に過ごせる「Q1.0住宅」を提案(1/3)

 「1階と2階の間に吹き抜けがあったとしても、高断熱住宅であれば各階の温度差は1~2℃程度にしかなりません。夏の暑さや冬の寒さから解放され、環境にもやさしい暮らしを実現できます」そう話すのは「有限会社 宮井建築設計事務所」代表取締役の宮井泰...

宮井泰造プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

1/2以下の消費エネルギーで快適に過ごせる高断熱住宅を提案

会社名 : 有限会社 宮井建築設計事務所
住所 : 京都府京都市下京区四条大宮町21番地 新三虎ビル4階 [地図]
TEL : 075-802-0321

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-802-0321

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮井泰造(みやいたいぞう)

有限会社 宮井建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
Qpex勉強会[新住協関西支部 設計部会]

先日、弊社にて新住協関西支部 設計部会主催のQpex勉強会を行いました。Qpexとは新住協(一般社団法人新木造...

[ 新住協 ]

設計事例紹介:自然豊かな地域に建つ高断熱住宅
イメージ

 南丹市 H邸 南丹市の自然豊かな地域に建つ高断熱住宅です。仕上げ材、構造材には京北産の杉をふんだん...

[ 設計事例紹介 ]

新住協 全国総会 in 横浜

9月21日、22日と弊社が所属しています新住協(一般社団法人新木造住宅技術研究協議会)の総会があり、横浜へ行って...

[ 新住協 ]

設計事例紹介:旧街道筋に建つ超省エネの高断熱住宅 vol.1
イメージ

 大阪市 N邸 5月に竣工した大阪市の旧街道筋に建つ超省エネの高断熱住宅です。屋根、壁、床、全てに付...

[ 設計事例紹介 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ