コラム

 公開日: 2017-02-06 

特別休暇と(法律上の)有給休暇

特別休暇とは、冠婚葬祭や災害など、特別な理由が発生した場合に取得できるよう、各会社が独自に定める休暇です。労働基準法などの法令に基づくものではありませんので、就業規則によって、さまざまな種類の特別休暇を設けることができます。有給にするか無給にするかも会社の自由です。

特別休暇を制度として設ける際は、就業規則に必ずその旨を記載しましょう。まずは就業規則の整備から着手する必要があります。

●年次有給休暇と特別休暇の法的効力と運用方法の違い●
年次有給休暇と特別休暇は、法的な効力や運用方法が大きく異なります。たとえば、以下のような違いがあります。

「自由にいつでも取得できるか?」
年次有給休暇…従業員の希望する時季に与えなければなりません(労使協定での計画休暇日数を除く)。
特別休暇…請求の時季・請求の手続など、就業規則に定めることで取得に制限を設けても可。

「取得について会社の承認が必要か?」
年次有給休暇…従業員が希望日を特定して会社に通告すれば取得できます。法律上は会社側の承認を必要としません(一般的には会社側の承認が望ましいとされています)。ただし、会社側には時季変更権といって、年休取得により事業の正常な運営が妨げられるときには、取得を拒否できる権利があります。
特別休暇…「会社側の承認によってはじめて休暇が成立する」と設定することも有効です。

年次有給休暇は付与後2年経ったら失効してしまうなど、有効期間が定められています。しかし、特別休暇については労働基準法第115条の時効が適用されません。就業規則に定めることで、会社の事情に合わせて、有効期限を自由に設定できます。

特別休暇や年次有給休暇について、ご不明な点は専門家にご相談ください。

この記事を書いたプロ

みやこ社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 松村篤

京都府京都市下京区北町183 烏丸六条ビル6階 [地図]
TEL:075-276-2989

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

 当事務所では経理面に明るい経験豊富なベテランスタッフを起用しました。そこで、新しく給与・賞与計算や社会保険、労働保険に関する業務に加えて、経理事務のアウト...

 
このプロの紹介記事
京都の社会保険労務士 松村 篤(まつむら あつし)さん

法令を遵守した管理体制を構築。労働生産性を向上させ、企業の成長を実現!(1/3)

 企業におけるコンプライアンス(法令遵守)が問われるようになって久しくありません。さらに、最近ではCSR(企業の社会的責任)にも注目が集まっています。これらのコンプライアンスやCSRといった課題は、企業の規模にかかわらず無視できない時代とな...

松村篤プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

万一の時も安心して仕事を任せられる事務所です!!

事務所名 : みやこ社会保険労務士事務所
住所 : 京都府京都市下京区北町183 烏丸六条ビル6階 [地図]
TEL : 075-276-2989

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-276-2989

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松村篤(まつむらあつし)

みやこ社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社会保険料は、正しく計算してください。

昨年暮れより、本年に入って現在に至るまで、新しくご契約をいただいたお客様(3社)に共通する問題点がありまし...

[ 給与計算 ]

有休取得が義務化!? 効率的に年休を取得させる方法とは?

平成29年9月、『働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱』にて、年次有給休暇(以下、有休)...

[ 労務管理 ]

会社のホームページに掲載 就業規則の周知義務は果たしている?

【相談内容】 当社は建設業を営んでいます。 ある工事現場で、監督者が規律違反者を注意したところ、当人は「...

[ 就業規則 ]

もし出張中に事故が起きた場合、労災となるケースとならないケースの違いは?

【相談内容】 出張中に、仕事と関係のない私的行為・恣意的行為を行っている場合、その間は業務が中断され、事故...

[ 労務管理 ]

懲戒解雇の処分を行うには労働基準監督署への申請認定が必須?

当社で、懲戒解雇を検討すべき事案が発生しました。 月半ばの懲罰委員会で処分を決定し、月末付での処分を予定し...

[ 労務管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ