コラム

 公開日: 2017-02-08 

遅刻・早退者に対し、年次有給休暇の出勤率をカットできる?

<ご質問>
年次有給休暇付与に必要な8割の出勤率について、遅刻や早退によって、出勤率を低減させることはできるのでしょうか。たとえば、所定労働時間が8時間の事業所で2時間遅刻したら出勤率も25%減としたり、それが難しければ「減給の制裁」規定に照らして、遅刻3回で1日の欠勤としたりすることは可能でしょうか?

<回答>
出勤率は「労働日単位」でみる。一部就労しての欠勤扱いは不可

出勤率は、全労働日のうち何日出勤したかで決まります(労働基準法39条)。「労働者の勤怠の状況を勘案して、特に出勤率の低いものを除外する立法趣旨」です(昭和33・2・13揮発90号)。全労働日の日数は就業規則その他によって定められた所定休日を除いた日をいい、職種により異なることもあり得るでしょう。

出勤率の計算における「出勤日」とみなされる期間について、
(1)業務上傷病にかかり療養のため休業した期間
(2)育児休業・介護休業をした期間
(3)産前産後の休業期間
は、出勤したものとして処理します(労働基準法39条8項)。これ以外について規定はありません。

「裁判員に選ばれた」といった、正当な手続きにより労働義務を免除されているときの不就業という事実は、必ずしも勤務成績不良という評価を受ける性質のものではなく、8割出勤の計算に当たり欠勤と同様に取り扱うことは妥当ではないとされています。

「遅刻3回で欠勤1日」と処理しているようなケースではどうでしょうか。
1回の遅刻についての減給の限度は、平均賃金の半日分です。そこで遅刻3回ならば、理屈としては0.5日分×3回で1.5日分の賃金カットができます。1.5日分が上限ですから、ご質問のように遅刻3回で1日の欠勤とみなしてカットすることも労働基準法上は可能ということになります。
しかし、これはあくまでも「賃金計算上」の話です。出勤率を計算する際の労働日に関しては、遅刻をしていようとも、労働日として認められます。

「遅刻早退は、1労働日の所定労働時間の一部について就労しないものであるが、『出勤率の計算上の出欠』は、労働日を単位としてみるべきものと考えられるので、これを欠勤として取り扱うことは認められない」(前掲書)という解釈があります。遅刻や早退をしても、一部の時間出勤している以上は、出勤率を低減させるようなことは認められません。

最後に、欠勤や遅刻・早退後の年次有給休暇の事後的振替と出勤率への影響について考えてみます。事後的な振替は使用者の承認が必要となり、当然に認められるものではありません。丸々1日の欠勤については、事後的に暦日の半休に振り替えることはともかく(出勤率0が100%に)、時間単位年休の事後的振替について、賃金の支給有無に関して差異はありますが、年休の出勤率の計算上は出勤扱いになります。


※基発=厚生労働省労働基準局長から各都道府県労働局長宛ての通達

現場で気になる労働法Q&A

【記事提供元】
「安全スタッフ」2017年1月15日号

この記事を書いたプロ

みやこ社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 松村篤

京都府京都市下京区北町183 烏丸六条ビル6階 [地図]
TEL:075-276-2989

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

 当事務所では経理面に明るい経験豊富なベテランスタッフを起用しました。そこで、新しく給与・賞与計算や社会保険、労働保険に関する業務に加えて、経理事務のアウト...

 
このプロの紹介記事
京都の社会保険労務士 松村 篤(まつむら あつし)さん

法令を遵守した管理体制を構築。労働生産性を向上させ、企業の成長を実現!(1/3)

 企業におけるコンプライアンス(法令遵守)が問われるようになって久しくありません。さらに、最近ではCSR(企業の社会的責任)にも注目が集まっています。これらのコンプライアンスやCSRといった課題は、企業の規模にかかわらず無視できない時代とな...

松村篤プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

万一の時も安心して仕事を任せられる事務所です!!

事務所名 : みやこ社会保険労務士事務所
住所 : 京都府京都市下京区北町183 烏丸六条ビル6階 [地図]
TEL : 075-276-2989

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-276-2989

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松村篤(まつむらあつし)

みやこ社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社会保険料は、正しく計算してください。

昨年暮れより、本年に入って現在に至るまで、新しくご契約をいただいたお客様(3社)に共通する問題点がありまし...

[ 給与計算 ]

有休取得が義務化!? 効率的に年休を取得させる方法とは?

平成29年9月、『働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱』にて、年次有給休暇(以下、有休)...

[ 労務管理 ]

会社のホームページに掲載 就業規則の周知義務は果たしている?

【相談内容】 当社は建設業を営んでいます。 ある工事現場で、監督者が規律違反者を注意したところ、当人は「...

[ 就業規則 ]

もし出張中に事故が起きた場合、労災となるケースとならないケースの違いは?

【相談内容】 出張中に、仕事と関係のない私的行為・恣意的行為を行っている場合、その間は業務が中断され、事故...

[ 労務管理 ]

懲戒解雇の処分を行うには労働基準監督署への申請認定が必須?

当社で、懲戒解雇を検討すべき事案が発生しました。 月半ばの懲罰委員会で処分を決定し、月末付での処分を予定し...

[ 労務管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ