コラム

 公開日: 2017-03-08 

従業員の入社時に就業規則を交付すべきか?

<ご質問>
ある従業員が入社するときに「労働条件を明示するときに、就業規則を交付してください」と言われました。これまで当社では事業場で閲覧できる状態にしていただけだったので、困惑しています。従業員の入社時には、就業規則を交付しないといけないのでしょうか?
【茨城・N社】

<回答>
就業規則の交付義務はありません。ただし、労働条件明示時に、労働条件通知書と就業規則を併用することはあり得ます。


就業規則は労働基準法106条で、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、または備え付けること、書面を交付すること、その他の厚生労働省令で定める方法によって、労働者に周知させなければならない、としています。
一般的には、例えば各人のパソコンからアクセスできる場所への「備え付け」等で対応していることが少なくないでしょう。

使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければなりません(労働基準法15条)。
厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならないとしています。

(1)労働契約の期間、(2)有期の場合には、期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準、(3)就業の場所および従事すべき業務、(4)始業および終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇、(5)賃金(退職手当等を除く)、(6)退職に関する事項(解雇の事由を含む)など、労働基準法施行規則5条の1~4号に関する事項については、書面の交付が求められます(労働基準法施行規則5条2、3項)。

パートについては、上記に加えて昇給、退職手当、賞与の有無、相談窓口について文書の交付等による明示が求められています(パートタイム労働法6条、パートタイム労働法施行規則2条)。

労働条件の書面の明示に関しては、通達(平成11・1・29基発45号)で、書面の形式は自由であり、労働者に適用する部分を明確にして就業規則を労働契約の締結の際に交付することとしても差し支えない、としています。
厚生労働省によるモデル労働条件通知書においても、各事項について、就業規則を示し労働者に適用される部分を明確にしたうえで就業規則を交付する方法によることとした場合、具体的に記入することを要しない、としています。両者を併用する形は考えられます。

就業規則の絶対的必要記載事項は、上記のうちおよそ(4)労働時間関係、(5)賃金関係、(6)退職関係とされています。労働基準法89条の1から3号です。
4号以下では、「定めをする場合においては」としています。例えば(1)労働契約の期間、(3)就業の場所、従事すべき業務、(4)のうち所定労働時間を超える労働の有無などは、就業規則の記載が義務付けられていません。

従業員の入社時に、必ず就業規則の交付義務があるというわけではありません。ただし、労働条件通知書と就業規則を併用するケースはあるでしょう。


※基発=厚生労働省労働基準局長から各都道府県労働局長宛ての通達


現場で気になる労働法Q&A


【記事提供元】
「安全スタッフ」2017年2月15日号

この記事を書いたプロ

みやこ社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 松村篤

京都府京都市下京区北町183 烏丸六条ビル6階 [地図]
TEL:075-276-2989

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

 当事務所では経理面に明るい経験豊富なベテランスタッフを起用しました。そこで、新しく給与・賞与計算や社会保険、労働保険に関する業務に加えて、経理事務のアウト...

 
このプロの紹介記事
京都の社会保険労務士 松村 篤(まつむら あつし)さん

法令を遵守した管理体制を構築。労働生産性を向上させ、企業の成長を実現!(1/3)

 企業におけるコンプライアンス(法令遵守)が問われるようになって久しくありません。さらに、最近ではCSR(企業の社会的責任)にも注目が集まっています。これらのコンプライアンスやCSRといった課題は、企業の規模にかかわらず無視できない時代とな...

松村篤プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

万一の時も安心して仕事を任せられる事務所です!!

事務所名 : みやこ社会保険労務士事務所
住所 : 京都府京都市下京区北町183 烏丸六条ビル6階 [地図]
TEL : 075-276-2989

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-276-2989

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松村篤(まつむらあつし)

みやこ社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社会保険料は、正しく計算してください。

昨年暮れより、本年に入って現在に至るまで、新しくご契約をいただいたお客様(3社)に共通する問題点がありまし...

[ 給与計算 ]

裁量労働制の時間外労働は??

【ご質問】裁量労働制における夜10時以降の勤務について、深夜手当を定額支給にできる?当社は専門業務型の裁量...

[ 労務管理 ]

昼休みの電話当番は休憩時間? 労働時間?

「昼休みには日替わりで数人の社員がオフィスに残り、電話当番を担当する」 こんなケースは中小企業なら珍しく...

[ 労務管理 ]

労働時間「週44時間制」の特例を適用している場合、パートタイマーの年休基準をどうする?

<ご質問> 当社は従業員10人未満につき、労働時間を1週44時間とする「週44時間制」の特例を適用しています。通...

[ 労務管理 ]

「コピペ就業規則」は労務トラブルの元凶!

従業員が10人以上になると、就業規則の作成・届出が義務付けられます。 「就業規則なんて、どこの会社でも変わ...

[ 就業規則 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ