コラム

 公開日: 2013-10-22 

年金制度は、万一の時にあなたを守ります。

 「将来は年金がもらえないから、年金の保険料(国民年金、厚生年金保険)を支払いたくない。」という労働者の方や、「保険料が高いから、厚生年金に加入したくない。」という経営者の方。皆様の近くにもいらっしゃるかもしれません。
 
 さて、この年金制度ですが、「老齢」のことばかり考えていませんか??年金制度には、「老齢」の他にも、「障害」と「遺族」の年金制度があります。
 障害年金は、生まれながら、もしくは、病気や怪我などでハンディキャップを負った場合に、支給されるものです。
 遺族年金は、残された遺族の生活の保障や、亡くなった方の保険料の掛け捨てを防止するものです。
 つまり、年金制度が想定している「事故」は「老齢」ばかりではなく、「障害」や「死亡」といった場合もきっちり保障してくれる制度なのです。

 ところで、経営者の方の中には、「従業員が自分で国民年金に加入していれば良い」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、国民年金と厚生年金では「万が一」の時に大きな違いが出てきます。
 「障害」年金であれば、厚生年金(障害の重さが3段階の評価)の方が、国民年金(障害の重さが2段階の評価)より広く保障されます。つまり、「国民年金」では保障されないものが「厚生年金」であれば、保障されるということです。
 「遺族」であれば、厚生年金は、「配偶者、子、父母、孫、祖父母」まで受給できる可能性がありますが、国民年金は、「子のある妻又は子」のみです。もらえる範囲が大分違うでしょ?
 経営者の皆様!!もし、労働者の方に万一のことがあったら、厚生年金に加入手続きをしていないことを理由に保障が受けられれず、訴えられるかも知れませんよ。
 そして、なにより「国民年金」に上乗せされるのが「厚生年金」ですから、厚生年金の手続きがなされているかどうかが、給付額にダイレクトに跳ね返ります。

 一方で、「入りたくない」という労働者の方や、滞納を続けている皆さんは、もう一度「万が一」の時の保障を見直してみてください。あなたは、一生涯収入を得ることができますか??また、「国は国民の生命財産を守る義務がある」とお思いかもしれません。それは、少し「甘い」です。国は、「国民の生命財産を守る為」に社会保障制度を整えているので、社会保険料を支払わないと言うのであれば、国民自ら、国の保護を拒絶していることにもなりかねません。

 年金保険の制度は、財政の問題等色々言われてはいますが、国民一人一人がきっちり制度を理解することが、先だと思います。

この記事を書いたプロ

みやこ社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 松村篤

京都府京都市下京区北町183 烏丸六条ビル6階 [地図]
TEL:075-276-2989

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

 当事務所では経理面に明るい経験豊富なベテランスタッフを起用しました。そこで、新しく給与・賞与計算や社会保険、労働保険に関する業務に加えて、経理事務のアウト...

 
このプロの紹介記事
京都の社会保険労務士 松村 篤(まつむら あつし)さん

法令を遵守した管理体制を構築。労働生産性を向上させ、企業の成長を実現!(1/3)

 企業におけるコンプライアンス(法令遵守)が問われるようになって久しくありません。さらに、最近ではCSR(企業の社会的責任)にも注目が集まっています。これらのコンプライアンスやCSRといった課題は、企業の規模にかかわらず無視できない時代とな...

松村篤プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

万一の時も安心して仕事を任せられる事務所です!!

事務所名 : みやこ社会保険労務士事務所
住所 : 京都府京都市下京区北町183 烏丸六条ビル6階 [地図]
TEL : 075-276-2989

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-276-2989

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松村篤(まつむらあつし)

みやこ社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社会保険料は、正しく計算してください。

昨年暮れより、本年に入って現在に至るまで、新しくご契約をいただいたお客様(3社)に共通する問題点がありまし...

[ 給与計算 ]

短期アルバイトが希望したら退職時に賃金を払うべきか?

休暇期間である数週間だけ、学生をアルバイトとして採用しました。本人は勤務期間終了後、すぐに賃金を受け取れる...

[ 労務管理 ]

ボーナスを拒否するパート達

お客様からのご相談。「旦那さんの扶養から外れるから、賞与を返上したい」とパートタイマーさんから申し出があっ...

[ 給与計算 ]

年金の繰り上げ支給

最近、年金の相談を受けることが多い事務所です。その中で、最近、気になったのが「年金の繰上げ」について。...

[ 年金 ]

労働保険の申告をお忘れなく

6月に入りました。人を雇っている方のお手元には、緑色(または青色)の封筒が届いているかと思います。こちら...

[ 労働保険手続 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ