コラム

 公開日: 2014-09-03  最終更新日: 2014-10-18

ファイナンシャルプランナー(FP)へ相談する際に注意したいこと、確認すべきこと。

 結論から書きます。
 FPに相談する際の注意点・確認事項、それはこれです。

 「収益を何で得ていますか」

 相談料でしょうか。
 講師料でしょうか。
 生命保険・損害保険の販売手数料でしょうか。
 投資信託など運用商品の販売手数料でしょうか。
 不動産売買の仲介手数料でしょうか。
 これらの組み合わせでしょうか。
 ボランティアでしょうか。

 趣味で相談を受けているFP、他の家族の収入がしっかりとあるFPであれば、確かに無料相談でも問題ないかもしれません。稼ぐ必要がないからです。

 しかしながら、そういったケースはそれほど多くないのではないでしょうか。家族を養っていたり、自分自身が生活していくために、一般的には収入(収益)を得る必要があるからです。これはFPに限らず、その他の自営業や会社員やどんな人でも社会人であれば同じであると思います。

-----

 なぜFPだけ取り上げて「収益を何で得ていますか」なんて確認しないといけないのか。
 それは相談という職業で考えると、相談の依頼者である方々に影響が大いにあり得るからです。
 FP以外の例をいくつか挙げてみます。

 弁護士は事件を解決することで報酬を得ています。
 司法書士は不動産等の登記を代行することで報酬を得ています。
 行政書士は各種届出を代行することで報酬を得ています。
 税理士は確定申告を代行することで報酬を得ています。
 (余談ですが最近は積極的に保険提案をしている税理士も
  出てきていますので注意が必要です。)

 もちろん時間当たりの相談料やその他の業務による報酬や手数料もあるでしょうから、あくまでも一例です。

-----

 FPに話を戻します。

 FPも相談を受けることで家計における問題解決を進めるわけですが、例に挙げた職種のような独占業務というものは存在していません。FPでなければ対応できない、対応してはならないという相談は存在しないわけです。

 改めて書きます。
 「収益を何で得ていますか」

 もっと踏み込むのであれば、
 「収益の柱は何ですか」
 「収益の上位3つは何ですか」
 これらの質問も有効かと思います。

 相談料がかからなかったり(無料相談)、相談時間や資料作成時間に対する相談料が非常に安価であれば、どうやって収益を上げているのかを加味して相談を受けてもらいたいのです。大きな収益源が相談料以外に存在するのであれば、収益につながる提案に偏ってしまうのは当然のことではないでしょうか。

 収益が生命保険や損害保険の販売に偏っているのであれば、問題解決のための提案は生命保険や損害保険が中心になるわけです。
 収益が投資信託の販売に偏っているのであれば、問題解決のための提案は投資信託が中心になるわけです。
 収益が不動産の売買に偏っているのであれば、問題解決のための提案は不動産の売買が中心になるわけです。

-----

 「だから注意しましょう」「偏りのある相談は受けないことをお勧めします」ということではありません。
 何かに偏る可能性があるのであれば、その視点を把握したうえで相談を受けましょう、ということを強くお伝えしたいのです。

 提案を受けた結果、その提案に納得できたのであれば、無料相談で生命保険に加入したり、投資信託を購入したり、投資用マンションを購入しても、何も問題ないでしょう。

 あくまでも強くお勧めしたいのは比較です。「ファイナンシャルプランナーへの相談」と宣伝していても、広告として掲載されている無料相談の多くは非常に偏っているように見えます。
 無料の生命保険相談の広告で最近よく目にする「複数の保険会社を比較する」のと同じで、FPも比較すべき時代になったと思うのです。


 偏りの無い提案やアドバイスはとても難しいです。誰しも偏りはあります。
 生命保険や投資用マンションを含めた金融商品の提案に偏った問題解決なのか、金融商品の提案に偏らない問題解決なのか、どちらが自分自身や家族に合っていると思われるかは相談者の方々しか判断できないでしょう。

 「収益を何で得ていますか」
 あなたの相談を受けてくれるファイナンシャルプランナー(FP)に質問してみてください。
 もちろん私にもご遠慮なく質問してください。


 最後に私のスタンス(ポジショントーク)を書きます。
 金融商品の活用は必要最低限をお勧めします。

---------------
■過去参照コラム
・ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できること。
  http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/6900/
・お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー
  http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/10180/
・生命保険の有料相談と無料相談
  http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/4288/

■過去参照blog
・「無料でサービス成り立つの?」
  http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/blog-entry-1831.html


 ご意見・お問い合わせはこちらから。
  https://mbp-kyoto.com/money-2nd/inquiry/personal/

 日々をつづった日報はブログにて。【2009年9月より毎日更新中】
  http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/

---------------
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com

この記事を書いたプロ

京極・出町FP相談 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 伊藤俊輔

京都府京都市上京区今出川通寺町東入上る一真町77 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談のポイント

■初回相談料・最大3時間まで5,000円(税込、以降同じ) ※ 京極・出町FP相談の事務所以外でお受けする場合は10,000円・相談者の現状を分析してお伝えし、該当する法...

セカンドオピニオン?

公的年金       →年金事務所生命保険       →生命保険会社・代理店住宅取得資金計画 →銀行・工務店・不動産屋・住宅展示場相続          →...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
京極・出町FP相談の伊藤俊輔さん

自分にあう選択肢を探してみませんか? 「お金にもセカンドオピニオンを」(1/3)

 将来の見通しの不透明さに危機感を抱き、ライフプランニングを検討する人も増えてきた昨今。そのプランの軸になるのはやはり「お金」。ファイナンシャルプランナー(以下FP)と年金アドバイザー2級の資格を所持する伊藤俊輔さんが重視するのは年金加入の...

伊藤俊輔プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

お金にもセカンドオピニオンを。

会社名 : 京極・出町FP相談
住所 : 京都府京都市上京区今出川通寺町東入上る一真町77 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

京極・出町FP相談

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リタイア後の生活に明るい光を見い出すことができました。65歳までの目標もできました!

先生にたくさんのアドバイスをいただき、老後の私たちの生活...

京都府長岡京市S
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できること。

  とある問い合わせをいただきました。----- まだまだわからないことだらけで、FPさんに教えてもらおう...

[ FP全般 ]

ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

 日本FP協会webによると、ファイナンシャルプランナー(FP)とは「相談者の夢をかなえるパートナー」とされていま...

[ FP全般 ]

お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー

 マネーセミナー マネースクール 女性のためのマネー講座 ファイナンシャルプランナー(FP)が講師を務め...

[ FP全般 ]

生命保険の有料相談と無料相談
イメージ

 一般的にどのような経路で生命保険に加入するか、改めて整理した表です。  チェックポイントは「収益源」...

[ 生命保険 ]

掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
イメージ

 日常生活でなかなか接する機会のない確定拠出年金(DC)。 個人型のDCは、いわゆるリタイア後の将来資金を自...

[ 確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ