コラム

 公開日: 2011-09-15  最終更新日: 2012-09-13

医療保険は本当に必要か。

 良いとか悪いとか、正しいとか間違っているとかを
 書くわけではありません。1つの考え方です。


 テレビや新聞等で盛んに宣伝され、各保険会社が販売している”医療”保険。
 私が適していると考える名称は、”入院”保険です。

 単にお医者さんにかかるだけでは、もちろん何も助けてくれません。
 入院してはじめて保険金というカタチでお金が給付されます。


 例えば、ある人が一生涯にわたって入院日額1万円の保障を得たいと
 考えたとします。
 そのために毎月支払う保険料が7000円だったとします。

 毎月7000円 = 毎年8万4000円 ・・・
 総額で250万とか300万円を支払うことになります。
 (大手の国内生命保険会社の更新型商品の場合、総額はもっと大きくなるケースが
  多いです。かつ、保障は一生涯ではなく80歳までだったりもします。
  必ず確認してください。) 

 少なく見積もって、総額250万円を払うとしましょう。
 入院日額で元を取ろうと思えば、何日入院しないといけないでしょうか。

 何か病気やケガをして、仮に1ヶ月=30日の入院をしたとします。
 この入院を人生で9回以上経験しないと、元は取れません。
 (手術給付とかその他の特約などを考えたら、実際には変わってくると思います。)

 また、多くの商品は「1入院60日型」というようになっています。
 仮に連続して1年入院しても、60日分の日額を受け取るという仕組みです。
 これはなかなか大変そうです。


 極端な比較の例を挙げるなら、自動車保険。
 人をはねて死なせてしまったとか、重い後遺障害が残ってしまったケースを
 考えてみます。
 その場合、何千万とか○億何千万とかの莫大な金額が請求されてしまうことだって
 あり得ます。これは保険で備えておかなければ、何ともしようがありません。


 でも、入院に伴う何十万のお金は、もしかすると保険商品で備える必要はなく、
 貯金があれば事足りるかもしれません。

 医療保険に払うことになる”総額”250万円を貯金することにしておいて、
 入院してしまってお金が必要になれば、そこから取り崩して使う。

 これは”じぶん保険”と呼べると思います。

 入院しなければ、将来一部を自由に使うことだってできます。
 医療保険に払ってしまっていたら、入院する以外には
 そのお金を使うすべがありません。


 今の日本では、加入するのが当たり前のような感覚になっていますが、
 医療保険(入院保険)に加入しないという選択肢があっても良いかもしれません。

 ただし、入っている”つもり”になって、何かあったときの
 備えとするべきお金をよけておくことは絶対に必要です。
 
 医療保険のおかげで助かった、という経験をお持ちの方が
 多くおられるのも1つの事実です。


 このコラムでは、”お金”の観点だけで書きました。
 実際には、高額療養費の話、ご本人や家族が不安に思っておられて
 備えておきたいと心配されている病気、今の貯金額と将来の貯金見通し、
 お住まいの地域、なども合わせて検討する必要があります。


 たいせつなお金の使い道、役立たせ方を考えてみませんか?
 いかがでしょうか?


 このコラムは2010年1月11日にアップしたブログ記事を再編集したものです。
 http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/blog-entry-141.html
----------------------------------

 このあたりをじっくり2時間お伝えするセミナーを開催します。
 
 <2012/9/13情報更新>
 社会保障の仕組みを知って、自分に適した生命保険を考えるためのセミナー
 http://kokucheese.com/event/index/52963/
 ・2012年11月4日(日)14:00~16:00
 ・会場:ウイングス京都
 ・参加費:3,000円(税込)
 
 ご参考になりましたら幸いです。
 ※毎回それなりに反響をいただきますので、今後も不定期ですが開催していきたいと考えています。
---------------------------------

 ご意見・お問い合わせはこちらから。
  https://mbp-kyoto.com/money-2nd/inquiry/personal/

 あわせて読んでいただきたいコラム
  ・病気やケガで長期間働けなくなってしまったときに ~長期就業不能所得補償保険~
   http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/4319/
    住宅ローンを組まれる人には必ず読んでいただきたいです。
  ・生命保険の有料相談と無料相談
   http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/4288/
    チェックポイントは、収益源と人です。

 日々をつづった日報はブログにて。【2009年9月より毎日更新中】
  http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/

----------------------------------
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com

この記事を書いたプロ

京極・出町FP相談 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 伊藤俊輔

京都府京都市上京区今出川通寺町東入上る一真町77 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談のポイント

■初回相談料・最大3時間まで5,000円(税込、以降同じ) ※ 京極・出町FP相談の事務所以外でお受けする場合は10,000円・相談者の現状を分析してお伝えし、該当する法...

セカンドオピニオン?

公的年金       →年金事務所生命保険       →生命保険会社・代理店住宅取得資金計画 →銀行・工務店・不動産屋・住宅展示場相続          →...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
京極・出町FP相談の伊藤俊輔さん

自分にあう選択肢を探してみませんか? 「お金にもセカンドオピニオンを」(1/3)

 将来の見通しの不透明さに危機感を抱き、ライフプランニングを検討する人も増えてきた昨今。そのプランの軸になるのはやはり「お金」。ファイナンシャルプランナー(以下FP)と年金アドバイザー2級の資格を所持する伊藤俊輔さんが重視するのは年金加入の...

伊藤俊輔プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

お金にもセカンドオピニオンを。

会社名 : 京極・出町FP相談
住所 : 京都府京都市上京区今出川通寺町東入上る一真町77 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

京極・出町FP相談

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
京都市中京区A
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できること。

  とある問い合わせをいただきました。----- まだまだわからないことだらけで、FPさんに教えてもらおう...

[ FP全般 ]

ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

 日本FP協会webによると、ファイナンシャルプランナー(FP)とは「相談者の夢をかなえるパートナー」とされていま...

[ FP全般 ]

ファイナンシャルプランナー(FP)へ相談する際に注意したいこと、確認すべきこと。

 結論から書きます。 FPに相談する際の注意点・確認事項、それはこれです。 「収益を何で得ていますか」...

[ FP全般 ]

お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー

 マネーセミナー マネースクール 女性のためのマネー講座 ファイナンシャルプランナー(FP)が講師を務め...

[ FP全般 ]

生命保険の有料相談と無料相談
イメージ

 一般的にどのような経路で生命保険に加入するか、改めて整理した表です。  チェックポイントは「収益源」...

[ 生命保険 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ