コラム

 公開日: 2011-10-28  最終更新日: 2012-08-21

「ねんきん定期便」を活用しよう!【3】備えるべきは今よりも将来!?


 前回の【2】何のための年金か ~人生は長い~
  http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/3751/
 に引き続き、「ねんきん定期便」を活用するにあたっての前段の後半です。

----------------------------------

 30歳から60歳までと、60歳から90歳までは同じ30年だと書きました。

 将来の夫婦2人の生活費はいくらかかりそうでしょうか。
 月20万円??25万円??
 いや住宅ローンの返済が終わるので15万円でも可能でしょうか??

 月20万円で考えてみましょう。
 月20万円は年240万円、30年で7200万円です。

 月25万円なら年300万円、30年でなんと9000万円です。


 最低限のリタイア後の生活をおくるだけでベースとなる金額でこれだけ必要です。
 プラスアルファを考えるとき、旅行は年に何回でしょうか??
 お孫さんへかかるお金は必要でしょうか??
 仮に住宅ローンが返済済みだとしても修繕する費用は必要ですね??


 60歳からの30年間で使うこれだけの額のお金を
 30歳から60歳までの期間に貯めておくことは、
 多くの方々にとって非常に難しい問題です。

 例えば夫婦2人+子ども2人の家族4人で生活しながら、
 住宅ローン・教育費・レジャー娯楽費・生命保険、大きな支出項目を抱えながら、
 リタイア後のためだけに毎月20万円も25万円も貯蓄し続けるなんて、
 現実的ではありません。

----------------------------------

 そこでやはりベースとなるのは”将来受け取る年金”なのです。
 仮に年金が月あたり10万円でも15万円でもあれば、
 一生涯受け取る仕組みですので、負担感は非常に大きく変わってきます。


 現在高齢でおられる方々とは異なり、将来必要となるお金のすべてを
 年金に頼る時代は(今のところ)終わりました。

 だからこそ”将来受け取る年金”を知り、不足すると思われる部分を自分で備える。
 ”自分年金”のたいせつさを知っていただきたいのです。

  (自分年金作りのためとPRされていても、長期の資産形成には明らかに不向きな
   金融商品が勧められているケースもありますのでご注意ください。
   このシリーズでは運用に関する内容までは触れられません。
   いずれコラムで取り上げられればと考えています。)


 繰り返します。
 公的年金は、長寿のための保障である”将来受け取る年金”の仕組みなのです。

 前回の15回シリーズで”将来受け取る年金”のイメージをつかんでいただけたと
 思います。

 今回の活用シリーズでは、公的年金の他の保障を知ることで、
 公的年金では不足するであろう将来に向けたお金”自分年金”を
 作るためのきっかけにしていただきたいのです。

----------------------------------

 他の保障とは、
 ・死亡したときに、遺族のための保障となる”遺族が受け取る年金”
 ・病気やケガの保障となる”障がい者になってしまったときに受け取る年金”

 そうです。
 この2つの保障を知ることで、多くの方々が生命保険の見直しが可能となります。

 私の生命保険見直し相談のキーワードにしている言葉は、
 「備えるべきは”今”よりも”将来”!?」です。


 今に備えすぎても、確かに今や近い将来に不幸があれば家族は助かるかもしれない。
 でも何も不幸が発生しなかったとき、今に備えすぎていたおかげで、手元資金が無い
 もしくは少ないといった事態は、意図して避けられるものだと信じています。

 もちろん何が起こるかわからないので備えておくものの1つが生命保険です。
 だからこそバランスがたいせつです。

 現在リタイア生活をすごしておられる、もしくはリタイア直前の方々と
 リタイアまでまだまだ数十年ある方々では、まったく異なる時代です。

 年功序列・終身雇用・定期昇給の仕組みが崩壊したといってもいい今、
 たいせつなお金の使い方は、きちんと選別・選定する必要性が高まっています。


 「ねんきん定期便」を知ることで、”将来受け取る年金”だけでなく
 遺族のための保障や障がい者になってしまったときの保障を知るきっかけに
 していただけます。

 この2つの保障を知ることが”活用シリーズ”1つめの内容です。
 
 では次回から具体的に解説を進めていきます。
---------------------------------

 ご意見・お問い合わせはこちらから。
  https://mbp-kyoto.com/money-2nd/inquiry/personal/

 日々をつづった日報はブログにて。【2009年9月より毎日更新中】
  http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/

----------------------------------
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com

この記事を書いたプロ

京極・出町FP相談 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 伊藤俊輔

京都府京都市上京区今出川通寺町東入上る一真町77 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談のポイント

■初回相談料・最大3時間まで5,000円(税込、以降同じ) ※ 京極・出町FP相談の事務所以外でお受けする場合は10,000円・相談者の現状を分析してお伝えし、該当する法...

セカンドオピニオン?

公的年金       →年金事務所生命保険       →生命保険会社・代理店住宅取得資金計画 →銀行・工務店・不動産屋・住宅展示場相続          →...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
京極・出町FP相談の伊藤俊輔さん

自分にあう選択肢を探してみませんか? 「お金にもセカンドオピニオンを」(1/3)

 将来の見通しの不透明さに危機感を抱き、ライフプランニングを検討する人も増えてきた昨今。そのプランの軸になるのはやはり「お金」。ファイナンシャルプランナー(以下FP)と年金アドバイザー2級の資格を所持する伊藤俊輔さんが重視するのは年金加入の...

伊藤俊輔プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

お金にもセカンドオピニオンを。

会社名 : 京極・出町FP相談
住所 : 京都府京都市上京区今出川通寺町東入上る一真町77 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

京極・出町FP相談

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
京都市中京区A
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できること。

  とある問い合わせをいただきました。----- まだまだわからないことだらけで、FPさんに教えてもらおう...

[ FP全般 ]

ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

 日本FP協会webによると、ファイナンシャルプランナー(FP)とは「相談者の夢をかなえるパートナー」とされていま...

[ FP全般 ]

ファイナンシャルプランナー(FP)へ相談する際に注意したいこと、確認すべきこと。

 結論から書きます。 FPに相談する際の注意点・確認事項、それはこれです。 「収益を何で得ていますか」...

[ FP全般 ]

お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー

 マネーセミナー マネースクール 女性のためのマネー講座 ファイナンシャルプランナー(FP)が講師を務め...

[ FP全般 ]

生命保険の有料相談と無料相談
イメージ

 一般的にどのような経路で生命保険に加入するか、改めて整理した表です。  チェックポイントは「収益源」...

[ 生命保険 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ