コラム

 公開日: 2013-01-06  最終更新日: 2014-06-28

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できること。

 
 とある問い合わせをいただきました。
-----
 まだまだわからないことだらけで、FPさんに教えてもらおうっと思ったのですが、そもそも何から聞けばいいのかもわかりません。落ち着いたら整理して、それから伺いたいと思います。
-----
 私は「伝わりました。整理からお手伝いできますし、お気軽にお越しください」と返信しました。


 実数としてはわかりませんが、この問い合わせのように頭の片隅には何か漠然とした不安があるという状況の方々は意外とたくさんおられるのではないかと思っています。

 ファイナンシャルプランナー(FP)の存在は何となく理解した。
 でも、FPに「何を聞いたらいいのか」「何を相談したらいいのか」。 
 整理してからとはいうものの、何をどのように整理したらいいのか…。


 家を買うから住宅ローンや資金計画のアドバイスが欲しい。
 結婚して子どもが生まれたので生命保険を見直したいので見て欲しい。
 そろそろ年金を受け取る時期が見えてきたので、将来の資金計画を考えたい。

 私に相談くださるきっかけはこの3つが多いです。


 この3つのケースとは違い、これといって何を聞いていいのかもわからないのだけれど、、、ということでも相談や問い合わせをいただくケースも多くはありませんがもちろんあります。

 そんな際には、大風呂敷の大上段で構えていただき、「お金のことを一度考えてみたいんだけれど、何から考えていいのかわからない」ということで連絡くださって大丈夫です。まったく問題ありません。この状況で連絡いただけるということは、実はとても嬉しいことなのです。

 それは問題や課題が顕著に出てきていないということだからです。早め早めに知ることのできる情報や知恵を使って、少しでも早くよりよい選択肢をつかむことのできる可能性が高くなります。

-----

 漠然とした不安って相談する先が無い(検討がつかない)です。
 これは私も8年間、FP知識のない普通の会社員をしていた経験があるのでよくわかるつもりです。

 住宅ローンは銀行、生命保険は保険会社、自動車保険はディーラー。
 それぞれ個別にまわって聞く必要があります。
 じゃあ、支出全般のことは?教育資金は?確定拠出年金は?将来のお金のことは?


 まずは大きな項目から一緒に考えます。
 いま優先していること、今のお金のこと、将来たいせつにしたいと思っていること、将来のお金のこと、年金のこと。
 どこに興味を持ってどこを重視したいかはお話してみないとわかりません。

 銀行口座の管理方法や、年金の手続きがよくわからないといったこと、情報をお持ちでないからこそ相続のことを深く悩みすぎておられるケースもあります。


 繰り返しとなりますが、結婚したら、子どもが生まれるから、家を買うことになったからというきっかけで、20代・30代・40代の方々から相談の依頼をいただくケースが多いのも1つの事実です。

 女性がほとんどですが独身の方々からの相談もありますし、少ないながらもあえて下の世代に頼みたいというお考えをお持ちの60代以上の方々から依頼をいただくこともあります。

-----

 参考までにキーワードを並べてみます。

 ・国民年金・厚生年金・障害年金・遺族年金・ねんきん定期便
 ・国民健康保険・健康保険(高額療養費・傷病手当金)・介護保険
 ・雇用保険(失業給付)
 ・企業保障(福利厚生)・企業年金(厚生年金基金・確定拠出年金)

 ・住宅ローン(新規購入・借り換え・繰り上げ返済・固定/変動金利)
 ・教育資金(子どもにかかるお金・学資保険)
 ・家計管理・家計簿チェック・支出をすっきり整理
 ・ライフプラン・ライフイベント・キャッシュフロー

 ・生命保険・医療(入院)保険・がん保険・長期就業不能所得補償保険
 ・保険の見直し・緊急予備資金・じぶん保険
 ・自動車保険・火災保険・傷害保険

 ・資産運用(株式・投資信託・外貨)・つみたて投資
 ・所得税・住民税・確定申告・年末調整・所得控除・医療費控除
 ・相続・遺言・成年後見・相続税・贈与税

-----

 情報整理からお手伝いします。何も取って食ったりするわけではありません。
 京極・出町FP相談では、ご希望やご依頼をいただかない限り、金融商品の提案も行っていません。
 気軽に聞いていただける町のファイナンシャルプランナーをめざしていきたいです。

 なお、ファイナンシャルプランナー(FP)にもさまざまな立場があります。普段の買い物や家電製品を比較するように、最近では生命保険も比較するように、ぜひ複数のFPや専門家の意見やアドバイスを比較されることをお勧めしたいです。
 仮に私からのアドバイスが唯一であるなら、他の専門家の意見も聞いてみていただくことで、情報の妥当性や自分や家族に合うよりよい選択肢を見つけられるはずです。

---------------------------------

 参照コラム
 ・お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー
   http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/10180/
 ・生命保険の有料相談と無料相談
   http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/4288/

 ご意見・お問い合わせはこちらから。
  https://mbp-kyoto.com/money-2nd/inquiry/personal/

 日々をつづった日報はブログにて。【2009年9月より毎日更新中】
  http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/

----------------------------------
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com

この記事を書いたプロ

京極・出町FP相談 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 伊藤俊輔

京都府京都市上京区今出川通寺町東入上る一真町77 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談のポイント

■初回相談料・最大3時間まで5,000円(税込、以降同じ) ※ 京極・出町FP相談の事務所以外でお受けする場合は10,000円・相談者の現状を分析してお伝えし、該当する法...

セカンドオピニオン?

公的年金       →年金事務所生命保険       →生命保険会社・代理店住宅取得資金計画 →銀行・工務店・不動産屋・住宅展示場相続          →...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
京極・出町FP相談の伊藤俊輔さん

自分にあう選択肢を探してみませんか? 「お金にもセカンドオピニオンを」(1/3)

 将来の見通しの不透明さに危機感を抱き、ライフプランニングを検討する人も増えてきた昨今。そのプランの軸になるのはやはり「お金」。ファイナンシャルプランナー(以下FP)と年金アドバイザー2級の資格を所持する伊藤俊輔さんが重視するのは年金加入の...

伊藤俊輔プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

お金にもセカンドオピニオンを。

会社名 : 京極・出町FP相談
住所 : 京都府京都市上京区今出川通寺町東入上る一真町77 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

京極・出町FP相談

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
京都市中京区A
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

 日本FP協会webによると、ファイナンシャルプランナー(FP)とは「相談者の夢をかなえるパートナー」とされていま...

[ FP全般 ]

ファイナンシャルプランナー(FP)へ相談する際に注意したいこと、確認すべきこと。

 結論から書きます。 FPに相談する際の注意点・確認事項、それはこれです。 「収益を何で得ていますか」...

[ FP全般 ]

お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー

 マネーセミナー マネースクール 女性のためのマネー講座 ファイナンシャルプランナー(FP)が講師を務め...

[ FP全般 ]

生命保険の有料相談と無料相談
イメージ

 一般的にどのような経路で生命保険に加入するか、改めて整理した表です。  チェックポイントは「収益源」...

[ 生命保険 ]

掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
イメージ

 日常生活でなかなか接する機会のない確定拠出年金(DC)。 個人型のDCは、いわゆるリタイア後の将来資金を自...

[ 確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ