コラム

 公開日: 2012-01-21  最終更新日: 2014-07-03

第2回 白内障手術の歴史

第2回は白内障手術の歴史ついて述べさせていただきます。白内障は人類の歴史とともにあった古い病気で、紀元前800年頃、インドのスシュルタという偉い先生が、外科手術の本を書かれ、そこに白内障手術の方法も述べられています。
 日本に白内障手術が伝わったのは、1360年前後で、インドから中国を経て伝わってきました。手術方法は、鍼で眼球を突き、水晶体を硝子体内に脱臼させていたそうです。勿論、麻酔などない時代でしたから、凄い痛みだったでしょう。また、抗生物質もないので感染症もかなりの確率でおこったと予想されます。世界中で、この「墜下法」という手術が1800年頃まで行われていたようです。当時の成功率は30%前後。その後、角膜を切って、水晶体を取り出す「摘出術」が行われるようになりました。20世紀も半ばにさしかかった頃、第一の革命が起こりました。1949年、イギリスのリドレー医師が人工水晶体(眼内レンズ)を発明。更に、アメリカのケルマン医師が超音波乳化吸引装置を発明。これが、第二の革命です。この二つが合わさって、ここ20年程の間に、爆発的に術式が洗練されてきました。
 私が眼科医になった頃は6mm切開が主流で、白内障の強い方は10mm切開するというのが当たり前でした。現在は折畳式の眼内レンズが普及し、2mm台の切開創で手術を施行する事が可能です。
先人達の努力、血の滲むような試行錯誤の甲斐あって、現在のような、患者さんに負担のかけない手術法が発展してきました。現在でも、世界で一番多い失明原因は白内障です。幸い、私たちは豊かな日本に住んでいるお陰で、この文明の利器に供することができます。今後も我々眼科医は、少しでも、患者さんに負担を掛けず、より良い術後視機能を提供できるように日夜努力を重ねていきたいと思っております。

この記事を書いたプロ

森井眼科医院 [ホームページ]

眼科医 森井勇介

滋賀県大津市中央1丁目6-18 [地図]
TEL:0775-22-2153

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
白内障手術のプロ 森井勇介(もりいゆうすけ)さん

安心して受けられる白内障手術を全身全霊で提供するボリュームサージャン(1/3)

 加齢などによって起こる白内障は、物がかすんだりぼやけて見えたりする病気と言われています。患者数は年々増えており森井勇介さんが院長を務める滋賀県大津市の森井眼科医院では、昨年だけでも649件の白内障の手術を行っています。最近では入院を伴わな...

森井勇介プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

年間600件以上を執刀するプロによる質の高い白内障手術の提供

医院名 : 森井眼科医院
住所 : 滋賀県大津市中央1丁目6-18 [地図]
TEL : 0775-22-2153

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0775-22-2153

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森井勇介(もりいゆうすけ)

森井眼科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
昨年度手術実績公開、昨年の報告と今年の展望について
イメージ

新年明けましておめでとうございます!本年も何卒宜しくお願い申し上げます。前回コラム更新が夏ですので、かなり...

第6回 白内障手術医の気持ち
イメージ

白内障手術の技術革新はドンドン進化を続けております。現在当院では、2.2mmでの創口から手術を行っております。...

第5回 白内障手術とテクノロジー
イメージ

今回は、やや抽象的な題でございます。言うまでもなく、人類は自然界にあるものを「道具」として利用することに...

第4回 白内障の手術時期について
イメージ

第4回は「白内障の手術時期」について書かせて頂きます。白内障は、これまでも述べてきたように、「病気というよ...

第3回 白内障と点眼薬
イメージ

第3回は「白内障は点眼薬(目薬)で治るか?」について書かせて頂きます。まず、ほとんどの白内障はいわゆる病気...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ