コラム

 公開日: 2012-02-08  最終更新日: 2014-07-03

第3回 白内障と点眼薬

第3回は「白内障は点眼薬(目薬)で治るか?」について書かせて頂きます。

まず、ほとんどの白内障はいわゆる病気ではなく、老化現象の一種です。60歳代で70%、80歳代になるとほぼ100%が白内障になると言われております。

私が、「最近、見にくくなった」と言って来られた患者さんを診察し、「白内障の変化が出てますね~。」と説明すると、「え~っ!!本当ですかっ!!信じられない!!」と仰られる患者さんもおられます。

しかし、白内障を顔のしわや、白髪みたいなものと考えれば如何でしょうか?60歳代で顔のしわや白髪がない人がおられるでしょうか?

また、早ければ40歳代で白内障による視力低下の症状が出てくるかたもおられます。(10歳代~30歳代で白内障手術を受けられる方もおられますが、その場合は外傷やアトピー性皮膚炎などの合併症として白内障になられる方がほとんどです。)これも同じく老化現象である「禿げ」に例えることもあります。つまり、「禿げがど真ん中から進行すれば目立ちやすいし、周辺から進行すれば目立つようになるのは70歳代になってからです。○○さんは、たまたま水晶体の濁りが真ん中に近い所から始まったので、若いうちから、視力低下の症状が出られたのですよ。」と説明すれば納得されます。

「老化現象を薬で克服する」ということは、古くは秦の始皇帝の時代から試みられてきました。しかし、残念ながら、人類はまだそれを克服することが出来ないでいます。勿論、「白内障進行を抑制する点眼薬」というものは、現在存在しておりますが、平成15年6月24日の読売新聞で、「白内障治療において日本で一般的に使われている点眼薬投与は科学的根拠がない」との厚生労働省指針が発表されました。そして、欧米諸国では、白内障の薬物療法自体が存在しておりません。
という訳で、現時点においては、「白内障が治る点眼薬は存在せず、進行を遅らせるかもしれない点眼薬は存在する」ということになります。

「老化現象を、お薬で若返らせる」という事は、人類の見果てぬ夢であります。将来的にはそのようなお薬が出てくれば良いですね。勿論、眼科医でそのような研究をし続けておられる先生方もおられます。将来に期待しましょう!

この記事を書いたプロ

森井眼科医院 [ホームページ]

眼科医 森井勇介

滋賀県大津市中央1丁目6-18 [地図]
TEL:0775-22-2153

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
白内障手術のプロ 森井勇介(もりいゆうすけ)さん

安心して受けられる白内障手術を全身全霊で提供するボリュームサージャン(1/3)

 加齢などによって起こる白内障は、物がかすんだりぼやけて見えたりする病気と言われています。患者数は年々増えており森井勇介さんが院長を務める滋賀県大津市の森井眼科医院では、昨年だけでも649件の白内障の手術を行っています。最近では入院を伴わな...

森井勇介プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

年間600件以上を執刀するプロによる質の高い白内障手術の提供

医院名 : 森井眼科医院
住所 : 滋賀県大津市中央1丁目6-18 [地図]
TEL : 0775-22-2153

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0775-22-2153

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森井勇介(もりいゆうすけ)

森井眼科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
昨年度手術実績公開、昨年の報告と今年の展望について
イメージ

新年明けましておめでとうございます!本年も何卒宜しくお願い申し上げます。前回コラム更新が夏ですので、かなり...

第6回 白内障手術医の気持ち
イメージ

白内障手術の技術革新はドンドン進化を続けております。現在当院では、2.2mmでの創口から手術を行っております。...

第5回 白内障手術とテクノロジー
イメージ

今回は、やや抽象的な題でございます。言うまでもなく、人類は自然界にあるものを「道具」として利用することに...

第4回 白内障の手術時期について
イメージ

第4回は「白内障の手術時期」について書かせて頂きます。白内障は、これまでも述べてきたように、「病気というよ...

第2回 白内障手術の歴史
イメージ

第2回は白内障手術の歴史ついて述べさせていただきます。白内障は人類の歴史とともにあった古い病気で、紀元前800...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ