コラム一覧

1件~15件(1,958件)

過去の15件

帽子かぶってしまったワン

イメージ

 暴れている間に帽子をすっぽりとかぶった二代目小次郎である。 帽子が嫌いなので、この後直ぐに頭を振って脱いだのであるが、うまく撮れたのである。 今週も頑張っていきましょう。 続きを読む

2018-04-23

パソコンの入れ替え

 事務所で使うパソコンを入れ替えるのだが、入れ替えると、ウィルスソフトのインストール、一太郎のインストール、その他使用していたソフトのインストール、設定等、自分でしないといけないことも多々あり、正直できるだけやりたくない。 しかし、調べたところ7年が経過しており、最近はソフ... 続きを読む

2018-04-20

読書日記「未来の年表」

 講談社現代新書。落合雅司。 現在の人口統計から、未来の日本像を検討した新書である。 正直なところ、驚愕の内容であった。 現在のシミュレーションに基づいた日本全体の人口、高齢者、超・高齢者が占める割合から、自治体の機能や自衛隊なども機能しなくなり、数百年後には500... 続きを読む

2018-04-19

読書日記「シベリア出兵」

 中公新書。麻田雅文。 ロシア革命が起こった時期に、日本は反革命軍救出を名目にシベリアに出兵し、シベリアを実効支配しようとした。 諸外国からの抗議にもかかわらず、7年間に渡る戦争を継続した原因は何であり、また、そりによって日本が得たものはなんであったのか。 その中で日本... 続きを読む

2018-04-18

既にかなり日焼けをしたの巻

 4月14日は関西カップ(京都、大阪、神戸がそれぞれ2チームずつ出して戦うカップ戦。創設者は私。)が堺トレセンで終日開催された。 私は日焼け止めを塗るのが嫌いなので、既に皮がめくれるのではないかというくらい日焼けした。 メラニン色素の多さが半端ないせいであろう。 関西カ... 続きを読む

2018-04-17

両手で頬を挟んでるワン

イメージ

 両手を前に出して頬を挟むようにしている二代目小次郎である。 意図はしていないのであろうが、こういう一つ一つの仕草が可愛いと思うのは親(飼い主)バカであろう。 4月も半ばが過ぎましたが、頑張っていきましょう。 続きを読む

2018-04-16

読書日記「地図のない場所で眠りたい」

 講談社文庫。高野秀行、角幡唯介。 冒険家の2人による対談。2人とも、早稲田大学の探検部出身の作家である。 それぞれの探検の中身や考え方は違うが、それぞれの個性でそれぞれの探検をしており、うらやましい(が、苦労も相当あるようである)。 私は二人の文章を読んでいて、「ラ... 続きを読む

2018-04-13

和解速報、後遺障害なしの事案で保険会社の主張を相当程度排斥した事例

横断歩道步行中に原動機付自転車に衝突されて転倒し,側副靱帯損傷等の診断を受けた被害者について,相手方から,側副靱帯の損傷の程度が軽微であるため,タクシー利用の必要性や休業損害を否定し,軽微な神経症状であるとして低い基準によって通院慰謝料を算定すべきであるとの反論がなされた。そ... 続きを読む

2018-04-13

和解速報、売掛金について注文者が責任を負わないという主張を排斥した事例

 会社が取引先からの注文を受けて商品を継続的に売却していたところ,取引先から,当該注文者の注文をストップするように連絡を受け,当該注文者が注文した商品の売掛金の支払がなされなくなったため,その支払を求めて提訴した事案。 相手方は,当該注文者は従業員ではないことなどを主張して... 続きを読む

2018-04-12

コート考察

 25度を越す陽気だったかと思うと、最低気温が一桁台となる気候である。 私は毎年、こんなこともあるだろうと思い、連休明けまではコートをクリーニングに出さない。 今週の月曜日は、ダウンコートを着ていたが、帰り道はそれでちょうどよかったのである。 既にクリーニング代が安かっ... 続きを読む

2018-04-11

和解速報、14級の事例で裁判所和解案よりも若干増額出来た事例

 停車中に後方から追突され,腰痛及び頚部痛が残存して併合14級の認定がなされた女性の逸失利益について,訴訟において5年間5%の喪失率をもとにした和解案(既払金を除き200万円台)が提案されたが,併合14級であること等を理由に対案を提示し,30万円の増額により和解が成立した事例... 続きを読む

2018-04-11

読書日記「下天は夢か」

 日本経済新聞社。全4巻。津本陽。 久しぶりに津本陽の下天は夢か(主人公は信長)を読みたくなり、寝る前に少しずつ読んでいた。 信長が本能寺の火の中に突入するところで、下天は夢かは終わる。 成功の絶頂期にいた信長の死に方は、その後の家康の天下取りに影響を与えたであろう。... 続きを読む

2018-04-10

和解速報、高次脳機能障害、将来介護費等が問題となった事例

 高次脳機能障害などで5級認定の男性について,相手方は将来介護費が不要であるとの反論がなされ,医療記録や生活状況等から将来介護の必要性を主張・立証したところ,裁判所から将来介護費が日額500円の和解案が提案された。 追加の医療記録や家族の尋問手続等により被害者の生活状況を主... 続きを読む

2018-04-10

吠えるワーン

イメージ

 吠えているように見える二代目小次郎である。 実はあくびをしているだけであるが、野性味ある小次郎である。 今週も頑張っていきましょう。 続きを読む

2018-04-09

和解速報、離婚、財産分与を認めない相手方から主張立証を尽くして相応の財産分与額を確保した事例

 比較的高齢の夫婦で、婚姻期間中、相手方は自分の収入や資産について一切依頼者に教えず、厳格に家計を管理していた。 夫は突然、生活費も渡さないことを一方的に宣告し、以降、生活費を渡さなくなり、依頼者は自宅を出て、別居することとなった。 相手方から離婚調停が申し立てられたが、... 続きを読む

2018-04-06

1件~15件(1,958件)

過去の15件

RSS
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

前の弁護士さんを断って、本当によかったです。

 前に依頼していた弁護士さんが、全然仕事をしてくれず、依...

S
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
帽子かぶってしまったワン
イメージ

 暴れている間に帽子をすっぽりとかぶった二代目小次郎である。 帽子が嫌いなので、この後直ぐに頭を振って...

パソコンの入れ替え

 事務所で使うパソコンを入れ替えるのだが、入れ替えると、ウィルスソフトのインストール、一太郎のインストール...

読書日記「未来の年表」

 講談社現代新書。落合雅司。 現在の人口統計から、未来の日本像を検討した新書である。 正直なところ、...

読書日記「シベリア出兵」

 中公新書。麻田雅文。 ロシア革命が起こった時期に、日本は反革命軍救出を名目にシベリアに出兵し、シベリア...

既にかなり日焼けをしたの巻

 4月14日は関西カップ(京都、大阪、神戸がそれぞれ2チームずつ出して戦うカップ戦。創設者は私。)が堺トレ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ