コラム

 公開日: 2014-02-07 

複数の弁護士がいるという意味

 私の事務所も複数の弁護士が所属している。
 事務所の形態によって、複数の弁護士がいる意味はいろいろだろう。

1、全員がバラバラに事件をやっていて、それぞれの依頼者がいて、必要な時だけ共同で事件をするタイプ。同期などで事務所をいっしょに構えるときなどはこうしたパターンで始まるだろうか。一人では借りられない大きい事務所を複数の弁護士で借りるので、一人の負担は減る。また、コピー機の事務機器や、書籍等も共有出来るというメリットがある。事務員も、一人では何人も雇用するのが苦しくとも、複数で雇用することで、複数の事務員を雇用できる。
 デメリットは、各人がバラバラなので、事務所としての特性が出しにくいということだろうか。

2、1のパターンで、各経営弁護士が、それぞれ勤務弁護士を採用するタイプ。こうした事務所の特性は、1に加えて、各経営弁護士が自分だけでは処理出来なくなった事件を引き受けることが出来るということにあるだろうか。

3、1人の経営弁護士がいて、そこに勤務弁護士が入り、パートナーとなっていくタイプ。

 他にもあるかもしれないが、まあこの三つくらいかなと京都の規模だと考えていいのではないだろうか。事務所同士が合併したり、別れたりすることもある。

 私の事務所は3である。3の事務所の特質は、基本的には依頼者は経営弁護士に事件を依頼しに来ているということろである。これは、勤務弁護士からすると、経営弁護士に頼みに来た依頼者の事件をするわけで、依頼者からの信頼を勝ち取るのがまずもって大事なこととなる。
 勤務弁護士が事件をしていると、「経営弁護士に依頼したのに」と苦情を言われることもあるだろう。
 そういう時に、勤務弁護士の取る態度も難しいが、私が勤務弁護士であった頃は、ボスが私に事件を任せた以上、ボスに依頼者からの苦情がいくということは恥であると考えて、必死で事件に取り組んだものである(自慢ですいません)。
 そのため、事件が終わる頃には、ボスが電話に出ても、「中先生お願いします」といわれて、「僕には用事がないらしいんや。」とボスが苦笑していたケースもあった。
 逆に、それほどにならなければ、ボスが勤務弁護士を採用している意味がないと私は考えていた。
 依頼者はボスに依頼をしに来ているが、しかし、ボスも手一杯で仕事が処理しきれないので、勤務弁護士に事件を主任で遂行させる訳である。そのときに、ボスに頼みにきた依頼者は皆ボスにやって欲しいと思うであろうから、勤務弁護士が主任になった時には、ボスに依頼をしにきた方に対して、こっちの若い先生にやってもらってよかったと思わせるほど頑張らないとダメなのである。
 逆にいうと、3の事務所の形態だと、勤務弁護士は、そのようにならないと、複数で経営弁護士が事務所をやっている意味がないのである。2でも同じことがいえる。

 勤務弁護士についていえば、事務所には勉強をしにきている訳でも、勉強を教えてもらってお金をもらっている訳でもない。勤務弁護士は、プロとして働いて、給与を得るのである。
 プロ意識のない弁護士は、事務所にいる意味がないのである。
 若いみなさん、気をつけましょう。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

暗闇に光を見いだした気持ちでした。中事務所に依頼して本当によかったです。

 高次脳機能障害を負い、これからどうしていこうか途方にく...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

真田紐

 真田幸村が考案したという伝承がある真田紐であるが、現在は実用に使われることが少なくなってしまったため、作...

鞄の取り違え予防対策

 鞄の取り違えを一度されたこともあるし、人と同じものを持つのは嫌いなので、まず取り違え予防対策として、人と...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ