コラム

 公開日: 2014-06-16 

物事がうまくいっているとき

 物事がうまくいっているときはよほど気をつけていないと足下をすくわれるというのが歴史の教訓である。
 気をつけているつもりでも、気がゆるんでいたり、慢心していたりするものなのである。
 織田信長は得意の絶頂期に光秀に討たれたし、秀吉は自らは生を全うしたが、朝鮮出兵により人心が秀吉から離れ、大阪の陣で豊臣家は滅亡した。
 家康は、その意味では若い頃の失敗を教訓にして、晩節を汚すことなく、物事がうまくいっていても注意に注意を払って徳川幕府を安泰なものとした。何回も書いたが、おもしろみはないが、見習うべきは家康である。
 もちろん、家康もここ一番では乾坤一擲の勝負に出ているが、時代が戦国であったから、今とは比較にならないであろう。

 失敗したことのない人がたまにいて、そういう人は自分の哲学でもって話をされるのだが、失敗をしたことがないだけに話がうすっぺらいことが多い。また、そういう人は、自分以上に様々な経験をしている人がいるという認識も薄いことも多い。
 ただ、失敗をしたことがないだけに、そういう人は厚みが出ないまま過ごして、気がついた時には滅亡の淵に立たされていることもあるであろう。
 その人の経験で、人生とはこういうものだとか、成功はこういうものだということを言っていても、それは皮相的なものにしか過ぎない。私などは人生を語ることなと怖くて出来ない。もし語るとすれば、今の考えという保留しかつけられない。このブログで書いていることもしかりであって、こう書いていることがしばらくしたら考えが変わることもあるだろうし、自省の意味を込めて書いていることがあり、自分が完璧だとか、自分がすべて出来ているとは思って書いていない。自らもこうありたい、あるべきということで書いていて、このブログの読者は現実の私に会うと、「出来てないやん」とつっこみを入れてしまうと思う。
 成功を継続した人がそれを続けるなら、相当の謙虚さが必要と(今は)思うのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

内縁の妻では、相続権はないから、損害賠償は出来ないという弁護士さんもいたのに・・・

 内縁の夫が交通事故で死亡し、損害賠償は出来ないのかとあ...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

真田紐

 真田幸村が考案したという伝承がある真田紐であるが、現在は実用に使われることが少なくなってしまったため、作...

鞄の取り違え予防対策

 鞄の取り違えを一度されたこともあるし、人と同じものを持つのは嫌いなので、まず取り違え予防対策として、人と...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ