コラム

 公開日: 2014-06-25 

バーのある人生

中公新書の「バーのある人生」という本を読んだ。筆者は枝川公一という方で、アマゾンで検索してみると、たくさんバーに関する本を書いておられる。
 

 私はバーが好きで、京都ではいきつけのバーは3、4軒ある。ホテルのバーに行くときもある。もっとも、大半はある一つのバーに入り浸っているようなものであるが。もちろんバー以外で飲んでいることもあるが(これも一つの店にしかほぼいかないけど)。

 この本の中でバーの由来が書いてあるが、これも諸説あるらしい。まあ、それはこの際どうでもいいが、バーというところは、くつろげる空間でもあるとともに、一定の緊張感を持って飲みに行かないといけないところだと思っていて、この本でもやはりそう書いてある。
 グダグダのなって飲みたい時に行くべきところではなかろうし、ギャーギャー騒ぎたいなら、バーのカウンターに座るものではないだろう。
 自分の家で飲む訳ではないし、バーテンダーとの一定の緊張感を持って飲むところだと思うし、他の客との距離感も大事だと思うので、他の客の迷惑になるような行為はしてはいけないと思うし、店の迷惑になるようなこともしてはいけないし、あまり我が物顔に振る舞ってもいけないと思っているのだが、この本でもそのようなことが書いてあった。
 実際、バーで飲んでいると、私から見てダメな客がけっこういるが、過去には私もそうではなかったかと、今になって冷や汗をかいている。

 まだまだ酒飲みとしては私は修行中で、バーで勉強させてもらうこともしばしばであるが、この筆者クラスになると、逆にダメなバーもつらつらと書いてあり、これはこれで勉強になった。
 

 私自身は、東京の帝国ホテルのバーでギムレットを飲みたいと思っているのだが、中々その機会に恵まれていなかったのだが、一度しっかりとバーについて勉強したいと思っていたので、参考になった。これからもいいバーのある人生を過ごせそうである。
 

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
町中にて

 人のポーズというか、仕草は大事であり、スマホや携帯電話を耳にあてて話をしていると、「電話で話しをしている...

読書日記「ニホンオオカミは消えたか?」

 旬報社。宗像充。 ニホンオオカミは絶滅したというのが一般的認識であるが、生き残っているという目撃談や...

身体もフワフワだワン
イメージ

 普段は服を着ているので分からないのだが、服を脱ぐと身体もけっこうフワフワな小次郎(二代目)である。 ...

お盆休みについて

 毎年、お盆は休まれるのですよね、と依頼者から聞かれるが、独立してから事務所はお盆の間もずっと空いている。...

読書日記「イブの迷宮(上)(下)」

 竹書房。ジェームズ・ロリンズ。 Σフォースというアメリカの秘密機関の活躍を描くシリーズの最新作であるが、...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ