コラム

 公開日: 2010-10-18 

化石が出来るまでの年月


最近オーストラリアの海底に沈んでいたタイヤであったか針金であったかは忘れたが、化石化していたという話を読んだ。化石が出来るまでには極めて長い年月を要するとされてきたのだが、その前提が崩れ去る可能性がある。

 実は恐竜などの化石が出てきている年代の特定法も、詳しい話は忘れたが限界があって、それほど信頼性があるものでもないとも書かれていたように思う。

 恐竜も、私が小学生時代に読んだ本ではは虫類などのように恒温動物ではないとされていたが、最近では恒温動物であったとする説が有力だとのことである。
 一方、恐竜があれだけの体格を維持し、陸上で活動しようとすれば、自らの重みで活動出来なかったはずであるとの説も有力に展開されていて、それがために、当時の地球の重力は今の重力よりも相当弱いものだったという説も展開されている。

 時代が進めば、いろいろなことがわかってくるものである。織田信長が今川義元を打ち破って首級をあげた桶狭間の戦いも、奇襲戦ではなく、信長が正面から討ちかかったところ、今川の旗本が崩れて本陣まで信長が切り込めたとの説も有力である(これがそんなにあり得ない話ではないことは、真田幸村が大阪夏の陣で家康の本陣に切り込んだことでもわかるし、龍造寺隆信という武将も乱戦の中で総大将であるにもかかわらず討ち取られている)。

 先入観や過去の考えにとらわれることは危険なことの表れでもあろう。日々の事件を解決していく中でも、「とらわれる」ことなくやっていかなければならないと教訓にしているつもりである。
 ただ、こうした話を酒の席でしても、たいてい冗談として真面目に聞いてもらえないが、全てそれなりの書物で裏付けを取った(読んだ)上での話なのである。
しくしく。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
あごを乗せるのにちょうどいいワン
イメージ

 寒くなってきたのでくっくついてくる率が高まってきた小次郎(二代目)であるが、足の間にこっぽりとはまり、...

本日は東京に出張です

 日弁連の法律相談センターの会議に出るため、木曜日の午後から東京である。 今これを書いている時点で「東京...

読書日記「日本海 その深層で起こっていること」

 講談社ブルーバックス。蒲生俊敬。 日本海は他の海と海峡でつながっているが、海峡が浅いため、水の流入が...

犯罪被害者と弁護士による二次被害

 私は犯罪被害者支援に関わってかれこれ20年になるのだが、時々、被害者あるいは被害者のご遺族から、「今依頼...

読書日記「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」

 講談社現代新書。矢部宏治。 表題からするとトンデモ本のように見えるかもしれないが、内容を読むと驚愕の事...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ