コラム

 公開日: 2010-10-19 

渓流釣り


小学校の頃「釣り吉三平」を読んでいると、三平は渓流でイワナを次々と釣り上げて塩焼きで食べている場面がよく出てきた。
 しかし、現実の世界ではイワナやヤマメ、アマゴという渓流魚は乱獲によって一時絶滅の危機に瀕していたので、「幻の魚」となっていた。
 小学生の頃、いつの日か渓流釣りに行ってみたいと思ったものであるが、幻の魚を釣りにいける訳もなく、大阪城や父の故郷である和歌山県の日高川での釣りが私の釣りのメインであった。
 しかし、その後養殖技術が発達して、イワナもヤマメもアマゴも養殖できるようになり、全国の渓流の漁協で鮎と同様に放流が盛んになりたいていの渓流で渓流釣りが出来るようになった。

 大学生の頃は自動車も持っていなかったので、バスで渓流釣りに出かけた。お金もなかったので、渓流の中に立ち込むための「ウェーダー」というものも買えず、長い長靴で行っていた。しかし、長靴では中々渓流の中に立ちこめず、釣れるのはハヤばかりであり、小さい幼魚(10センチくらい)は釣れたが、まともな型は釣れなかった。関西ではアマゴであり、体に赤い斑点があり、ヤマメは斑点がなく、一般的にはヤマメの方が釣りにくいといわれている。
 修習時代に「リバーランズスルーイット」という映画を見てから、余計に渓流に対する思いは強くなった。ちなみに、この映画の原作は、「マクリーンの川」という題名の小説であるが、この小説もまた秀作であるので一読の価値あり、である。

 結局、最初に釣ったまともな型のアマゴは道具をそろえられてからであり、弁護士に成り立ての頃、十津川でのことであった。前に少し書いたが、天川で自動車を転落させ、ブラインドカーブで先を見ていない恐ろしい男N田という高校時代の友達と出かけたのである。
 十津川は成魚を放流するのではなく、卵と幼魚を放流しているということで「ネィティブ」に近いといわれていた。どうせなら、成魚放流(養殖されていたので簡単に釣れる。いわば川が大きい釣り堀となる)よりは、天然に近いものを釣り上げたいと思うのは釣り人であれば誰しも思うであろう。
 現実に十津川に行ってみると、魚影は濃く、魚は見えていてそろそろと近づくのであるが全く釣れない。渓流魚は一般に警戒心が強いのである。
 そうこうしているうちに、N田が釣り上げ、私も釣り上げた。20センチメートル弱の魚体で、その美しさは本当に一見の価値はある。「渓流の女王」といわれるだけのことはある。イワナが蛇のようなぬめぬめした感じに対して(ただし、味はイワナは本当にうまい。塩焼きで日本酒なんか飲めば人生の楽しみこれにきわまるという感じである)、アマゴは本当にほれぼれとする魚体なのである。

 この十津川に行った時は4月くらいであったかと思うが、十津川は標高が高いので寒く、川沿いにある温泉に入って途中体を温めたこともまた想い出である。渓流に沿って、500円程度で入ることが出来る露天風呂があり、冷えた体を温めながら、渓流の流れの音を聞くというのは、日本人ならではの喜びであろう。

 その後はあまり渓流に行く機会はあまりなく、数回釣り上げた程度であるが(ちなみにルアーで30センチほどのアマゴを釣ったこともある)、渓流の景勝の良さといい、温泉が近くにあったりすることといい、アマゴの魚体の美しさといい、釣りをするなら一度は渓流釣りはトライすべきだと思うのである。
 私は源流までは行かないので、イワナは釣り上げたことがなく、是非ともそのうちにイワナを釣りに行きたいと思う今日このごろであるが、日々の仕事と持病に追われ、土日に体力回復しなければならない日々であるので、仕事に余裕を持ち、持病も押さえ込んで念願のイワナを釣り上げる日が早く来て欲しいなあと思うのである。



この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分一人では、離婚出来なかったと思います

 妻との離婚の協議が全く前に進まないため、知人に紹介され...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ