コラム

 公開日: 2010-10-21 

借金苦による自殺・無理心中


24時間営業のマンガ喫茶やマグドナルドを寝床にし、家がない人が増えているようである。病気や失職などで住むところを追い出されて、その後は日々のアルバイトなどで日を暮らすのに精一杯で自宅を借りるというところまでお金が残らないのだという。なんともやりきれない話であり、最近報道でも取り上げられている。

 一方、借金を苦にした自殺や無理心中も時々新聞などで報道されている。また、借金があるがために凶悪な犯行に及んだという事件も聞かれるところである。

 我々弁護士からすると、破産や個人再生、債務整理などの法的な手続があり、たいていの債務者はこれらの手続で借金を整理出来ているという現状の中で、どうしてこのような自殺や事件が起こるのだろうかと思う。弁護士費用は分割でも応じているし、司法支援センターによる弁護士費用の立替払制度もある。こうした多重債務事件の解決に慣れている弁護士のところにだとりついていれば、こうした自殺や事件は発生しなかったのではないかと思うとやりきれない。

 今はたいてい最寄りの弁護士会で多重債務の専門相談をしている。また、多重債務相談は紹介なしでも聞いてくれる弁護士も多くなってきていると思う。私も特段紹介がなくとも聞いている。相談料が払えないという人のためには、相談料が無料になる司法支援センターの法律相談援助制度を各法律事務所で利用すればよい。

 とにかく相談をして欲しい。弁護士のところに行く前に、今どこからどれだけ借りていて、いつから最初借り始めたかという程度のメモがあると、ぐっと相談はやりやすくなる。

 司法書士もこうした事件をやっているが、認定を受けた司法書士は簡易裁判所でしか代理権がないが、弁護士は何らの制限もなく、全ての事件で代理権がある。また、費用についても、司法書士と弁護士とで格差はあまりなく、時に私が聞く話では、司法書士の方が多く取っていたりするのであるから、何よりも弁護士のところに行って欲しい。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」

 講談社現代新書。矢部宏治。 表題からするとトンデモ本のように見えるかもしれないが、内容を読むと驚愕の事...

じっと見つめるワン
イメージ

 何を見つめているのか分からないが、小次郎(二代目)である。 虫が飛んでいると捕まえようとするので、狙...

読書日記「日航123便墜落の新事実」

 河出書房新社。青山透子。 少し前に読んだ、「WOLF」という文庫本の中に、日航123便の墜落に関して...

落花生
イメージ

 落花生を収穫したが、思ったよりは実がついていなかった。 まあ、ある程度は取れたし、よしとしようか。...

犯罪被害者の上訴権

 日本の刑事訴訟法においては、犯罪被害者の上訴権は認められていない。 検察庁に対し、上訴することを申し入...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ