コラム

 公開日: 2010-11-05 

腹の立つこと


弁護士稼業をしているといろいろ腹が立つことがあるが、日常的に腹の立つこともある。

 司馬遼太郎の「国盗り物語」であったか「覇王の家」で記載されていたエピソードであったか忘れたが、織田信長は小姓を呼んで「何もない」として返すことを繰り返していたところ、3度目に呼ばれた小姓が畳の上に落ちている塵を拾い上げ袂に入れて退出した後機嫌を直し、「あれが武士というものだ」といったというが、信長のみならず日常的に気を配るというのは大事である。
 もちろん人間は自分勝手な部分があってこそ生きてもいけるのであろうが、自分勝手ばかりで他人への配慮が全くない人はこれもまただめである。フィリップ・マーロウの有名な台詞で、ある女性から「あなたのようなタフな人がどうしてそんなに優しくなれるの?」と聞かれた時に、「タフでなければ生きられない。優しくなければ生きている資格がない」というものがある(現実にこんなこと言ったらお寒いであろうが、マーロウならかっこいいのである)が、日常でもむかっとすることが多い。

 私は電車通勤なのだが、突然改札の入口で立ち止まり、カバンをごそごそやり出して、定期が見つからないのか入口を塞いでしまう人がいる。こうした人は後ろから人が来ていることに気が配れないのである。

 歩いていると突然立ち止まるおばさんもいる。本当に急に止まるのである。そして自分の行きたい方向に歩き出す。周りのことを考えない典型である。

 道いっぱいに広がって歩くおばさん。こちらの方が歩く速度が速いと本当にじゃまである。せめて2列縦隊にしてくれ。

 わざわざ狭いところを通過していき、私が肩からかけているカバンに激突して私に衝撃を与えていく輩もいる。絶対謝らない。広いところを通らないのである。私のカバンは先に存在しており、出来るだけじゃまにならなよう身体に寄せていてもわざわざ狭いところをすり抜けようとしてカバンにあたるのである。

 昨日大阪で相手方と面談する予定があり、少し早く着いたのでお茶を飲んで休憩していたら、オバサン2人が自分の性体験を大声で話しをしてげらげらしていた。あの先生はすてきだとか医者の話題をしながら。そういうことは秘め事であり、赤裸々に語るべきものではなかろう。あんたら2人で店にいるのと違うんやでと思っていた。

 大きく腹が立つこともあり、そうしたものは電話リース弁護団をやってみたり行動を起こすが、こういう日常の小さい出来事はどうしようもない。
ただ私は悟りが開けるようなタイプでもないので腹が立つし、怒りは仕事をするエネルギーにも転化することも可能である(ただし冷静に)。

 仕事上腹が立つことは多々あるが、さすがにブログでは書けない。

 やれやれである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お金もうけではなく、依頼者のための弁護士だと思いました。

 一審判決が出たときに、丁寧な説明をしていただいて、控訴...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「未来の年表2」

 講談社現代新書。落合雅司。 未来の年表を読んで衝撃を受けたのだが、その続編ということで購入。 これを...

意識しないで予定を入れた結果

 意識しないで予定を入れた結果、先週の金曜日は名古屋に泊まりで会議、19日は東京で訴訟、22日は泊まりで仙...

読書日記「サハラに死す」

 ヤマケイ文庫。上温湯隆。 サハラ砂漠をラクダで横断しようとして、サハラ砂漠で亡くなった著者の物語である...

リラックスしてるワン
イメージ

 口を少し開けて舌を出している表情は、犬がリラックスしている表情だそうである。 ある日の二代目小次郎で...

ジュリーになった私

 先日、サッカーでボールを持っている敵の内を切った。普通は内を切ると、縦に蹴るか、後ろに戻すしかないのであ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ