コラム

 公開日: 2010-11-12 

弁護士業務妨害


弁護士をやっていると、紛争のただ中に入っていくため、様々な形で業務妨害をされることもある。まあ妨害されても弁護士は屈しない職業の最たるものであるし、妨害なんかしたら余計に弁護士は燃えるので逆効果となることが多いが、慣れないうちは嫌なものであろう。

 京都の地元のやくざ崩れのヤミ金が事務所まで私が不在の間に押しかけてきたこともあるし、精神疾患を抱えた相手方が事務所の待合いいすでじとっと座って中々帰らなかったこともある。

 破産事件で、債権者の1人から毎日電話がかかってきて、1ヶ月毎日30分~1時間くらい電話でおつきあいしたこともある(私は気が短いと一般には思われているが、仕事上は割合話を聞く方なのである)。相手方でも話を聞いて説明することである程度納得してくれることもある。中には怒鳴って電話を切る弁護士もいるようであるが、私は可能な限り聞いて説明するようにはしている。あくまで「可能な限り」ではあるが。

 DV事件の相手方で危険な男であるというので、ナイフの刃を通さないという防刃チョッキを通信販売で買ったこともあるが、あまりにチョッキが分厚くて、それを着て上にスーツを着るとまるでアメフト選手のような弁護士になってしまうので、あまりにも不自然であり、買ったはいいが一度も着なかったという例もある。
 刃物を持ち出したら警察を呼べばいいやと会ってみると別段危険性のある男でもなかったりする(その代わり気持ち悪い男ではあったが)。これは今では笑い話である。
 いつまでもチャーミングさを失わないある女性の先生が、「家庭裁判所には、そういった夫に備えて、さすまたが置いてあるのよ~。」といっていた。誰がさすまたを使うのか、はたまた普段裁判所で練習とかしているのか、太った男だとさすまたでは止められないのではないかなどと白熱した議論になったのである。

 私は相当ヤミ金事件をやっているのになぜか言われたことがないが、ヤミ金から「殺しちゃうよ~」といわれた弁護士も多々いる。「えらいことになる」とは何回かいわれたが、「えらいこと」の内容を具体的に言葉で教えてくれとせがんだが説明はしてくれなかった。

 こうしたややこしい相手方などに対決するためには元気が必要である。健康でないとやっていられないのである。昨年は体調を壊しながらややこしい人たちとも相手をしていたので、余計に治りが悪かったように思う。

 もちろんどれだけ一所懸命やっても依頼者から罵られることもある。

 こうしたつらいつらい経験を経て弁護士は一人前になるのである。そのうち妨害行為をされても「ああまたか」とあまり苦にならなくなる。いい気はしないが、経験とは恐ろしいものである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ