コラム

 公開日: 2015-05-18 

読書日記5月18日

「天下 家康伝」(上)(下)日本経済出版社。火坂雅志。
 歴史作家の著者が「新しい家康像を描いた」という自負でもって描いた作品。
 残念なことに、非常に限られた枚数で家康の生涯を書こうとした為に、非常に薄い内容となってしまっている。最初の方と後ろの方の月日の立ち方がえらくアンバランスである(後ろに行けばいくほど端折られている)。体調を壊して亡くなられたので、健康上の問題があったのかもしれないし、元々の連載予定が短くなってしまったのかもしれないと思っている。
 その意味で、読むのを進められる作品とはなっていない点が残念である。
 家康を描いた作品としては、津本陽の「乾坤の夢」司馬遼太郎「覇王の家」「関ヶ原」「城塞」にまさるものはないと痛感した次第である。

「池澤夏樹個人編集 日本文学全集13 樋口一葉 夏目漱石 森鴎外」
 池澤夏樹氏は世界文学全集を刊行した後、日本文学全集を刊行しているが(世界文学全集もある程度買い込んだが、中々読めていないが)、その中の一冊。
 明治時代ということで3名の代表的な作家の作品が一つずつおさめられている。
 まずは樋口一葉のたけくらべであるが、これは作家の川上未映子氏が現代語訳している。恥ずかしながら、樋口一葉のたけくらべは読んだことがなく、今回現代語訳で読ませてもらった。
 夏目漱石の三四郎は大学時代に読んだ為、20年以上を経て読んだら筋を綺麗に忘れてしまっていた。記憶力のなさに愕然としたが、かえってそのために初めて読む感動とともに漱石を読めた。
 現代の我々がそれなりに日本語で文章をかけるのは漱石の功績であり(司馬遼太郎のエッセイで書かれている)、漱石を読まずして日本語は語れないと思うのである。
 三四郎の恋はどうなるのか。明治という時代を感じられる作品で、是非読んで欲しい。
 40を過ぎてから文学を読むということは素晴らしいと痛感した。
 森鴎外の青年は夏目漱石の三四郎に対抗あるいは刺激を受けて書かれた作品で、設定などが極めて似ているが、主人公は三四郎とは全く違う行動を取っていて、対照しながら読むのは楽しい。
 是非読んで欲しい一冊である。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

高次脳機能障害の父を優しく見守ってくださりました。

 信号のない交差点で自転車で横断しようとした父が自動車に...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「水底の女」

 早川書房。レイモンド・チャンドラー。 村上春樹の新訳によるチャンドラーのマーロウものの長編の最後である...

読書日記「外連の島・沖縄-基地と補助金のタブー」

 飛鳥新社。篠原章。  沖縄に補助金がどれだけ支払われているか、基地に関してどのような歴史的・政治的背...

舌をペロリと出すワン
イメージ

 舌をぺろりと出している小次郎(二代目)である。 12月も少しずつ押し詰まってきましたが、頑張っていきま...

読書日記「羽柴家崩壊」

 平凡社。黒田基樹。 真田丸の時代考証を担当した著者による史料から見えてくる羽柴家崩壊の経緯。 真田丸...

読書日記「せつない動物図鑑」

 ダイヤモンド社。ブルック・パーカー。 せつない動物の生態がかわいらしい絵とともに書かれている図鑑で、本...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ